講演情報8月9月

さらに続きを書いときます。
製薬業界の方との議論会(仮題)
2013年7月28日(日)
私の講演の後、製薬業界で働いている方々と意見交換します。比較的意識は高い方々だそうです。場所は文京区シビックセンター。
申し込みは以下、詳細は後日かメールで伝えられます。
定員64名ですが、すでに何人か入っています。この会については野次馬や情報を得たいという方は基本的にお断りします。医原病や薬害の当事者、もしくはその家族などを中心として応募します。下手なスパイが入り込んだ場合、私は速攻退室させるつもりなので、そのつもりで申し込みください。
sun.set.green.manabu@gmail.com
主催は高ミネラル栽培研究所の松尾学さんです。

幸塾 神戸講演
2013年8月4日(日)
<1部> 13:20~15:20
<2部> 15:30~16:30
参加費 3,000円(当日3,500円)
会場 サラ・シャンテ ィ
ご予約・お問合せ
TEL&FAX 078-802-5120
メール sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

玄米菜食応援プロジェクト特別セミナー
サブタイトル「笑うに笑えない、自分たちが撒いた種のはなし」

日時 平成25年8月11日(日)10時から13時(予定)
   10時から 内海聡先生(60分程度)
   11時から ビデオ映像
   11時15分 休憩
   11時30分 石井吉彦先生(60分程度)
   12時30分 質疑応答
   12時45分 詩の朗読「ある無名戦士の詩」
        沈黙の時間
   13時    閉会予定
        著書の販売、野菜の販売、種の販売
        個別質問や養成講座、診療申込等の受付
   14時    会場撤収

場所 東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 9階 クロスコープ 電話 03-5785-6818


緊急企画。グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会

日々 の講演会では医原病、薬害、食の問題、児童問題などを取り上げていますが、実は質疑応答でこのような質問が出ること、結構あるんです。そこで今回は急きょ企画として、グーミンって概念として一体何なのか?毒親って概念として一体何なのか?そしてそこから抜け出すためにはいったいどのように考え、どのように 行動すればいいのかを話してみたいと思います。講演内容としては医学問題の根幹にも触れますが、今回は初の企画としてかなり哲学的、思想学的な要素を含めます。グーミンを脱出し世の中に騙されずに強く生きていく考え方を、質疑応答も交えながら勉強していきます。

8月14日 講演会 
講演会参加費 1500円 
定員 48名
タイムスケジュール
9:00開場
9:15開始
9:15~10:30スライド講演
休憩
10:40~11:40質疑応答
11:45終了予定

伊豆山研修センター
所在地: 静岡県熱海市伊豆山1065-1
最寄り駅: JR東海道線・JR新幹線「熱海駅」下車 タクシーで約10分(熱海駅より)

申し込みメールアドレス:yu.22jp@gmail.com

主催 市民団体健やかに生きるために頑張ろ会 


ひたちなか講演会
日時:8月18日
場所:ひたちなか文化会館 1F大会議室 100名
 
時間:10時開場
1部) 10時30分開始 12時30分まで 講演
    30分ほど休憩(書籍販売など)
2部) 13時~15時 弁当を食べながら質疑応答的な懇親会
主催者 ミンクス・ネットワーク
茨城県ひたちなか市表町14-14
029-274-3758

「言霊気づきの会」第10回
日時 : 8月25日(日)
場所 : つながれっとNAGOYA セミナールームA
http://www.tsunagalet.city.nagoya.jp/access/index.html
13:00 開場
13:30〜15:30 内海先生 ご講演
〜16:00 質疑応答
16:00〜16:30 大下先生 言霊ワーク
17:00 閉場

9月1日のシンポジウムはほぼ満員となりました。

いままでの、そして、これからの 10年後の栄養療法を語ろう 
~ We are what we eat ~
日時 : 2013年9月8日(日) 10:30~16:00 (10:00開場)
場所 : 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階)
定員 : 750名
参加費: 無料
申込み: FAXまたはWebフォームより[定員となり次第〆切]
URL  : http://www.orthomolecular.jp/seminar/2013-0908/
プログラム

10:30~11:30 対談『薬は本当に必要か?』講師:内海聡先生、溝口徹 先生
11:45~13:00 休憩(※昼食は各自)
13:00~14:30 第一部
・『栄養療法のこれからの10年「栄養療法を実践する医師によるパネルディスカッション」』
・パネリスト医師(下記 参照)
14:30~14:45 休憩
14:45~15:30 第二部
・10年後の栄養療法を語ろう 司会進行:溝口 徹

9月15日講演
詳細は以下がまとまっているのでご覧ください。
http://kyorin-yobou.net/JMFA-convention-2013.pdf

9月22日、23日、29日もありますが、まだ告知できる状況ではありません。22日東京、23日甲府、29日九州になります。興味ある方は今後もチェックしてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

9月1日は、もう一杯なんですね・・・
それより、7月から「とらのこ提携クリニック」になっているとかで、
ちょっと驚いてます。
ホメオパシー治療を取り入れているのですか?
それとも、これは、ワクチン拒否の家庭のためのものかな? と思いましたが、どうでしょう。

No title

ホメオパシーは用いておりませんし教育を受けてないので用いられませんが、応援はしたいと思っていますので名前を入れることにしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR