本当の支配者たち?

精神医学や優性学を含めて、本当の支配者たちは常に別に存在する。
以前もロスチャイルドやロックフェラーの表面的な話は書いたが、なぜ人々はあんなものに踊らされるのだろう?
デーヴィド・アイクはロスチャイルドは門番だと書いているが、この感覚は正しいと思う。一説にはアイクは彼ら側のスパイもしくはエージェントであるといわれているが、それはそうかもしれないし、違うかもしれない。まあ、私にとってはどっちでもいいが、重要なのは一市民としてどこまで情報を読み取って洞察しようとするかだ

ロスチャイルドを奴隷として扱う一族に、たとえばシェルバーン一族、タクシス一族、サヴォイ一族などがあげられる話は以前書いた。悪魔公爵の上に悪魔王7人衆がいるというノリだろうか。とにかく単純に考えてもロスチャイルドがこの世界を策謀的に支配しているなんて、どう考えても浅はかすぎるというものだ。

150年前にロスチャイルドと対立し、事業を拡大していたベートマン一族、投機師エミール・ベレールとイサク・ベレールのベレール兄弟が、ロスチャイルドに対抗するために銀行クレディ・モビリエを1852年に創立し、金融の世界で激しくロスチャイルドと抗争していたとされる。通常この流れを考えた時、どちらかに采配を下す存在が必要ではないか?そう考える私はもう頭がおかしいのか?

ロスチャイルドと争うクレディ・モビリエの創立には、ドイツ・ケルンの富豪メヴィッセン家と、南アフリカで黒人を奴隷とし、ダイヤモンド・金の鉱山を経営し、またドイツワインの名門製造元でもあるオッペンハイマー一族が参加していたとされるが、ここでもまた黒人奴隷と金だ。この蛮族と相反する有色人種、そして金という構図はどのシーン、どの時代を見ても外すことができない。ちなみにイタリアの銀行業者でもあるオッペンハイマーの下には、若き日のヘンリー・キッシンジャーが「修行」に弟子入りしたらしい。アレン・ダレス(後のCIA長官)もそうらしい。

さて、ロスチャイルドが門番だとすれば、違ういい方をすると部長クラスだということだ。部長クラスは取締役や社長の命令を受けて資金をいろんなところに流し実務を担当する。こう考えてみるとあたりまえのことだが、このピラミッドは相当に根深い。当然一般人のだれであろうとこの正体のすべてをつかむのは難しい。

歴史の古いところでエッシェンバッハ一族、レーゲンスベルク一族、サヴォイ一族(ダイアナ元皇太子妃の暗殺犯)、キーブルク一族、フローブルク一族、ラッパースヴィル一族、トッゲンブルク一族と言った貴族達が、ロスチャイルドに資金を貸し、ロスチャイルドがその資金を皇帝に貸し付けていたのは、歴史学的にいってもまちがってはいなそうだ。私はそれを調べてはいないが、もうこれは直観として理解できるようなものだ。もう私は本気であっちの世界にトンデ行ってしまってるのかもしれない♪

ダイアナ妃が殺されたというのは有名な話だが、その彼女はよき血族の生まれ変わりだとするオカルト情報は結構ある。これは本能的には理解できる。そしてそうであるからこそ彼女は子供殺しの映画をいつも見せられ、実際にそのシーンを見せられていたのだとすれば、これもまた全てがつながってくる。逆にいえば、そう考えるとこの世に光の勢力とやらは、こっちの世界も、あるかどうかシランあっちの世界も相当弱そうで困ってしまう♪

そもそもスイスについてはよく検討する必要がある。ここは永世中立国とは名ばかりで、実はワクチン問題でも基軸となっているような印象がある。スイスの銀行へは世界中の大富豪がお金を預けているのは有名な話だが、ラスボスはどこにいるのか探す時に重要な視点となるだろう。しかしそれさえ人間のラスボスかもしれないが♪

バチカンのマネロン話はネットでもすぐ出てくるくらい有名な話だが、そのようなマネロンを実際行っているのはスイスであるのは実に興味深い。サイエントロジーは精神医学を批判する中で、有史以前よりこの戦いは続いていることを述べているが、このあたりは符号点が見つけやすい。結局立場や歴史観が違う中で同じものを見ているにすぎないのかもしれぬ。

オフショアという地域が存在するらしい。英国スコットランド沖に浮かぶマン島、そしてイタリアのベネチア。オフショアと呼ばれるこの地域は、どこの国にも属さない「公国」、あるいは独自の法律、税法が許される「自治領」という無税地帯となっているそうだ。世界のマネーの70%はこのオフショアにあるといわれるとホントかとおもってしまうが、これまでの流れを考えるとあながち否定もできない。富(マネー)が権力を生み出し、マネーが世界を支配する。

セシル・ローズは南アフリカで黒人を奴隷とし、金GOLDとダイヤモンド鉱山を開発し世界の金塊とダイヤモンドを独占してきたデビアス=アングロ・アメリカン社AAの創立者であるが、どこの銀行話でも必ず出てくる有名人だ。彼の記載は実はロンハバードの書物にも結構出てくる。ロンハバードがそのような世界を見つめていたであろうことが推測できるが、違ういい方をすればそのような人々と接点があったのではないかとも言える。ま、彼はチベットなど違う方向に走って行ったので、通常はその秘教の一部だけ手渡されたと思ったほうがやはり早いが・・・

オプショアの一部、ベネチアの金融界を過去800年間支配してきたのがデル・バンコ一族だそうだ。そんな名前聞いたこともないが、実際銀行業をしているのに彼らの名前は出てこないようだ(銀行名が違う)。それからしてロスチャイルドよりよほど胡散くさい。きっとこのような一族が陰に隠れてスケープゴート(ロスチャイルドやロックフェラー)を囮にしながら、世を牛耳ってるのかもしれない。

EUの本部はランベール銀行ブリュッセル支店の重役室の中にある。EUと米国を動かしているのがイスラエル、ランベール(地下経済)とデル・バンコのオフショアであるという実像についてネットでは記載があるが、これもすべてはつながっていく。

デル・バンコがナチス、ヒトラーを全面的に支持、資金援助し人種差別を促進していたという記事も興味深い。ナチスの虐殺については誇張論があるようだが、これには私は賛同している。しかし虐殺がなかったわけではなく、故意にゆがめられたと考えるべきだろう。それにまったく知りもしない裏の一族が関係しているとは・・・ヒトラー支援に見られるデル・バンコ一族の人種主義は、他民族、有色人種との結婚を厳禁し、一族の純血を守り、欧州全体に広がる親族間との結婚しか認めない。これはいわゆる血族とか「ビッグブラザー」と呼ばれる人々の考え方に完全に合致する。

最近、リンゴという食べ物はとても恐ろしいのではないかと考えている。もとをただせばアダムとイヴが食べる禁断の木の実という隠喩から考えるわけだが、シュメールの文献にも非常に重要なシンボルとして記載されているそうだ。日本人は奇跡のリンゴで持ちきりだが、もうこの段階で人類の復権は不可能かもしれない?



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

何故(支配層じゃない)日本の不幸ばかり願うのでしょう?

りんご

聖書には”りんご”とは書かれておりません。のちの世の人がこのシーンを描いた時に”りんごのような”絵を描いたためにそうなったのだと思います。

>シンクレア
キチガイ医さんは日本の不幸を願っているわけではないと思う。
不幸を願っていたら医者にはなってないし、既に医者は辞めているはずで、日本人を思っているからこそ少し過激な言い回しになっているだけだと思うけどな。俺は。
更に、なんの疑問も持たない日本人に呆れているんだと思う。
それはキチガイ医さんが今まで言っている事で分かるはず。
否定的な論や自分が信じられない事があるとすぐに癇癪を起こす日本人に呆れているんだよ。

>ringoringo
キチガイ医さんは

もとをただせばアダムとイヴが食べる禁断の木の実という隠喩から考えるわけだが、シュメールの文献にも非常に重要なシンボルとして記載されているそうだ。

と言っている。
聖書のせの字も聖書に書かれているとも書いていない。
それにシュメールの方が聖書より古い。
何をどう解釈したのか知らないが、ここまでデル・バンコの事や色々な王族、貴族の事を推測、推察しているのは凄いし、あなたが信じられない事と陰謀や謀略がない事は別だ。
陰謀論だからと言って頭から否定する日本人の多さにも辟易してるんだと思う。

記事をブログに転載しました

この頁のリンクを貼り付けて、私のブログに記事を転載しました。
無断転載禁止でしょうか?
私のブログ
ameblo.jp/masaya.dragon.kuro.love/


No title

どうぞご自由に。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR