放射能ホルミシス効果の嘘

相当頑張って勉強してる人間も騙されてるホルミシス効果の嘘について。
ま、グーミンにわかるわけないけど♪
放射能が危険だと煽る人がいます。その逆もまた存在します。しかし冷静に対処できている人は少ないと思います。福島が不手際か爆発させられたかは横に置いときますが、中川恵一氏はいわゆる安全派であり、陰謀問題などで有名な副島隆彦氏は中川氏を応援してます。私は別に副島氏をスパイだとは思っていませんが、彼自身が医学的の「裏」知識があまりにもないようなので、放射能問題に関しては一切評価していません。たとえば副島氏は放射能安全論について、有名な小出氏などがもともと放射能防御専門ではなく、中川氏は確かに大学でそれをやっていた人間だから信用できるという論調です。これは著書などでもしっかりと書いています。そしてそれを資金をもらってやっていたことが利権とつながっていたという話になり、誰も何も中川氏や御用学者といわれる人の話を聞かなくなりました。その流れは多くの方がご存知かと思います。

部分的には中川氏がいっているのは正しいです。たとえば医療で大量の放射線を浴びても即座には死にません。ただ例えば医療用CTであの線量が安全だから安全ってのがそもそも嘘です。検診に代表される放射線被ばくが、多くの病気をのちに作り出したことは医学の裏側では基本の話です。胃のバリウムやCTは日本において多数の病気を作ってきたのです。にもかかわらず、そういう医学の裏歴史や情報は無視したままに、CT被ばく量レベルは安全という論理などを基本として、中川氏は安全論を述べている。これは医学の裏側を実際には彼が知らないか、あえて無視しているということです。

放射能の危険性は基本的にタバコと同じくらい(正確に比べるのは難しい)だと私は思っています。ここでのタバコはもちろん現代タバコです。だから必要以上に放射能を恐れる必要はありません。違う言い方をすれば精神薬や農薬の大量被ばくや抗がん剤などは、放射能より恐ろしいのです。ただタバコは自己選択でまだ選べますが、放射能は自己選択できません。またご存じのように子供のほうが影響を受けやすいです。ゲンシリョクムラ利権も強い。だから結局は非難されてしかるべきと考えていますし、放射能を大地や人体から取り除かねばなりません。

また、放射能はがんだけの問題ではなく、むしろその手前で多くの症状や不調をもたらします。感染症やアレルギーや免疫問題、また精神問題などです。これらは高線量でなくても起こりうります。ただそれにも出方に差が生じます。放射能自体はごく簡単にいえば元素であり重金属の親戚であり、であるからこそ人間は排出する力を持っています。場所や元素によっては排出しにくいものもありますが、それでも手をかければ排出可能です。差がある理由やその方法は書かないので自分でお調べください。

温泉に放射能物質が入っているから安全だとする論調がありますが、これは全く無知であるに等しいです。これを説明するには二つ三つ医学の裏側を語る必要があります。一つは一時的にはそのような自然放射線で調子が良くなることはありえますが、実際浴び続けるとやはり癌の発生率は高くなります。古い時代、アメリカで自然放射線による治療を試みたことがありましたが、それをやった人は皆亡くなり、そのオーナーもがんで最終的に亡くなったという話もあります(この話はラジウムです)。またこのような自然放射能は人類が何万年もかけて排出しやすく体を作り変えてきたという点があります。この辺りは山田豊文氏などの細胞デザイン学が分かりやすいと思います。

放射線ホルミシス効果という言葉がありますが、これには多くの人が騙されています。有名なのが三朝地区の話ですが、どうぞそれが嘘という前提で調べてみてください。そして、では温泉で人が良くなることがあるという真の理由についても考えてみてください。

そして最も重要なのは現代人の栄養や免疫はほかの毒性物質により下げられているということです。つまり逆説的に言うとこれは放射能防御にもつながり、放射能の影響を受ける人と受けない人では、その努力の具合により結果が大きく異なるということです。この辺りは原爆症の話と一致してきます。さらにいえば人口放射能は福島原発爆発前から日本に普通にありました。放射能問題隠蔽から世界的な原爆実験、チェルノブイリなどの影響により、そのような人口放射能は存在していました。それらを加味することなくただ福島の放射能を過剰に恐れるだけでは問題は解決しません。

また、仮にこの原発問題が爆破による陰謀だとしても(私は見てないので完全には信じません)、この世界をそうしたのもそのような人間たちの跳梁跋扈を許したのも、基本は人民であり市民です。だから私はこの黄昏て汚れた世界で生きていき、その世界の中でやるべきことをします。それもあって個人的には避難するという考え方には反対であり、東京に住んでいます。またすべての避難支援者がワルとは言いませんが、それをビジネス化して煽っている人間たちがいることも知っておいてください。そういうことをするから我々市民は「彼ら」に獣扱いされるのでしょう。まあ、悪魔に言われたくないのですが。

今、放射能の危険性を煽る側もスパイが入っています。また逆に服部氏とその論を広めている人の中にも、思いっきりスパイが入り込んでいます(どちらかといえばこっちが多いです)。たとえば、以前、Mcマイラという人間がこのウォールにも入り込んでいましたが、褒め殺しした後放射能安全論を語りだします。しかも服部氏などの浅はかな理論、まさに精神医学の電磁治療が効きますよというのと大差ないレベルで(目先の理屈だけなら効きます)、放射能問題擁護と最終的には原発擁護論に結び付けてきます。ほかのウォールでは女性のふりしながら最後は男丸出しの書き方になっており、つまりこれはネット上において、意見を誘導しようとする専門スパイたちがいるということの表れなのです。

結論的に放射能だけを必要以上に恐れている人は、添加物や農薬や医学薬や精神医学や、その他多くの毒性物質への理解がないというに等しいです。ただ、だからといって安全だという論調はそのまま嘘でありごまかしであり、利権誘導にしかすぎません。人は失敗したことに対しては、変化して改善していく力を持っていますしそうしなけばなりません。原発が爆発してしまった以上、我々グーミンはそのことを反省し、このような危険物質による経済や金融の安定など捨てて、真に人間として生存的で効果的な方法を模索せねばなりません。そうでなければ地球はより一層汚れるのみであり、そこに微塵たりと自己正当化を交えることは、もはや地球のがん細胞である人間には許されないことです。そのような考え方を完全に除去し、この地球に広がる毒をあらゆる意味で除去しなければ、地球は我々を抹殺しようとするでしょう。イヤ、すでにそうされているのかもしれません。

私は最後まで抗い自分だけでなく多くの人に声をかけるでしょう。それは怒りであったり皮肉であったりそのままの言葉であったりするでしょう。なぜならきれいな言葉ではだれも反応しないし考えないし動きはしないからです。そしてあなた方が動かないとしても、私はそれをやり続けるでしょう。あなた方にも善処と行動を期待します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

モンサント保護法を廃止させる動きがアメリカで起きはじめてるそうです。アメリカの人達も立ち上がってますね。人類支配の大黒柱の一つが潰れてくれるだろうか?

No title

http://www.youtube.com/watch?v=sZDChg4U7lA
5分で小難しい理屈いらずに十分。

No title

消そうと思ったけどグーミンが気付くにはちょうどいいので載せてあげます。バカほどすぐにこういう動画や服部に引っかかるのは、裏世界なら常識です。ガスライティングとかホザイテるバカに一生たどり着ける領域ではありません★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>19:33さんへ
いちいち「精神医療の不真実」みたいな、フロントグループ丸出しのサイトにかかわらなくていいです。もはや多くのサバイバーたちはあのサイトを見捨ててます。といって私に集う気もなければ集わせる気もありません。発達障害の嘘や「早期介入の会」に関する裏の真意に気付いてあなたのようになる人が増えていますから。ほっときゃそのうち衰退していくだけの、時代錯誤も甚だしいグループです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ワクチン

東洋医さんの記事も入っているので御存知のブログかも知れませんが、見つけました。

http://murdervaccine.blog.fc2.com/?page=1

http://murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-201.html

凄い情報量です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして。

遠赤外線の健康器具は放射線ホルミシスのようなものでしょうか?
危険でしょうか?買わないほうがいいでしょうか?

質問ばかりですみません。教えてください。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR