ジャンキー

ジャンキーというのが薬を飲んでいる人のことだけさすと思ったら大間違い。
そもそも薬を飲まなくなってもその薬は体に残ってるし♪
私が最も嫌いなのは優生学者でもない、「彼ら」でもない。精神科医でさえなく医者でもなく医療関係者でも政治家でもない。もちろんそれらはすべて嫌いだが、それよりも嫌いなものがある。それがジャンキーと毒親である。多くの人はこういう配信をしたり本を書いたり講演していることで、まるで本当は善人である(偽悪ぶっている)と勘違いすることがある。しかし残念ながらそうではない。私はジャンキーが心の底から嫌いであり、その人間を0.01%でも信じることはありえない。実際彼らは様々なパターンがあり、様々な正当化をして、様々な嘘をつく。そしてそのことを決して自覚することはない。

ジャンキーはすべて自分がジャンキーであることに気付かないし認めようとはしない。彼らにとって嘘は常用される手段でありごまかしも常用される手段である。彼らは常に勉強する気もなければ、常に目先の利益に走り、常に他人に何とかしてもらおうとする。

ジャンキーは多くが精神薬を欲する。多くは減らしてくれることを望むが半数近くはゼロにすることを望まない。精神薬も使い方次第とか、精神薬を必要とする人もいるとか、安定する人もいるとか、どうでもいい理屈を並べ、それでいて治りたいとか良くなりたいとかいう妄想を並べ、よりよい精神医療を正当化しながら、ずっと精神科医にかかり続ける。覚醒剤や麻薬まがいなのだから、一時的に見せかけ上治った人間がいることなど当たり前。

そして精神薬を飲んでいる人やドラッグをやっている人をジャンキーと呼んでいるが、もとをただせばニンゲンのほぼすべてはジャンキーである。そのニンゲンたちは常に何かに頼っている。それがお菓子であるかタバコであるかアルコールであるか、さらにいえばそれが異性であるか親であるかお金であるか、さらにいえばそれが常識であるか体裁であるか宗教であるか学問であるかの差でしかない。それらのすべてに独立という言葉はふさわしくない。

精神科にかかる患者は全て被害者である。それは間違いない。しかし前述したように自分の意志でかかったなら、それは詐欺にひっかかっただけである。ある人が金銭詐欺で引っ掛かった時、テレビで見たあなたはどう思うのか?「だって自分も下心あったから引っ掛かるんでしょ」と多くの人が思っている。同じなのである。ではその詐欺を振り返り被害者意識から決別し、有意義な人生を歩める人はどうなのか。その詐欺にかかった己の甘さを恥じて反省し、完全に精神科と決別し精神薬と決別しうる者だけが、被害者という枠から逃れることができる。真の意味で独立することができる。それは単に精神科からの卒業という意味ではなく、この世界からの独立という意味につながる。この世界を根底から破壊しない限り、この世界から独立することはできない。

実際のところ医学の不要性を唱えてみても、精神医学の愚かさを唱えてみても、ほとんどの人が耳を貸すわけではない。それは自分の患者やその周囲のニンゲンでさえそうなのだから、その他大勢の人などさらに耳を貸すわけはない。このウォールを見ている人など、私に言わせればましなだけであり、実際、現実の世界ではネットの情報社会とは隔離された状況でしかない。

先日も自分の患者が心筋梗塞になった。違う患者は勝手に薬をやめて尻を拭いてくれと頼む。基本的には勉強し理解したものだけが医学不要になると説明し、何度も本に載ってさえいても本質的に理解している人などいない。精神薬を勝手にやめるニンゲンは、それが何をもたらすかも知らぬまま考えぬままに、う○こしたお尻を自分ではなく人に拭いてほしいと考えるような種族といえる。これは社会全体にも同じことが言えるだろう。

食事や運動や生活に気を配らなければ、医原病云々をいうまえに病気になるのは当然だろう。医原病というのも味方を変えれば被害妄想であるという言い方もできなくない。なぜならその人がそもそも勉強していれば医原病には引っかからなかったし、その人が努力を怠っていたことを医原病に責任転嫁できる可能性もある。そもそも自分の食事だけ気を付けていても実際に健康に近づいたとは言い難い。世界中にはびこる毒を削除することなくして、物事を本質的に解決しているとは言わないだろう。結果と要因はニンゲンが判断したところでたかだか知れている。

どんなにいい顔をしていたとしても、その裏で私は人を信じない。さらにいえば人だけでなく社会も何もかも信用しようとはしないだろう。それが虚無主義者の一つの根幹であり、それなくして真実が何かを追求し続けることはできない。違う言い方をすればその思想を持ち続けると、どんなに巧妙に嘘をついている人であっても必ず見抜くことができる。

この世界は自分の健康を追い求めたいという嘘つきニンゲンたちと、社会を変えたいという嘘つきニンゲンたちのオンパレードだ。そして最もそれに早く気付くニンゲンたちが精神障害者といわれる人々なのかもしれない。精神障害者は愚かで依存的かもしれないが、このアンテナは最も鋭敏であるといえる。ニーチェは最後は梅毒でおかしくなり亡くなったそうだが、ニーチェはそれを防ぐことがおそらくできたのではないかと思う。私にはその気持ちがなんとなくわかる気がする。この世を見続けてすべてが虚像と錯覚の中にあることを自覚すれば、この世に生き続ける意味は存在しない。だから私は自分を健康方向にもっていかないのかもしれぬ。それでも我々はこの虚像の世界に縛られ続けないとならないとは、なんと残酷なのだろう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エビリファイを称賛してるけど

まいど。昨日の朝日の朝刊だったと思うが、統合失調症に効果があると言われる大塚製薬のエビリファイを開発した人達が恩賜賞をもらった事が掲載されていた。 http://www.asahi.com/tech_scien...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私はジャンキー

ちょうど似たような事を思っていました。
本を読むのも、芸術に触れるのも、仕事をするのも、酒も薬も食べる事すら、何もかも全てにおいて私はジャンキー的な立ち位置で関わっていると気づいた。全て虚しさやさみしさを埋める為の刺激。
毎朝起きると絶望する。
とりあえず、色んな物や事や人にすがって何とか寝るまでやり過ごす。
生産的な刺激(仕事や家事など)ですら、私にとっては依存の対象でしかない。
死、という選択をして無になろうとても、本能とかいう奴が邪魔して死ぬ事すら出来ない。
生きることにすら、依存しているのか?とも思ってしまう。

自分は、本当に最悪のクズ、ニンゲンの中でも下の下の下のクズだと思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

自分がクズだと心底できたときクズでなくなります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

08:33さん

そーいえば一度来させてください。最後の検査をしたいし、約束も果たさねばなりません。勝負しないと。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

子どもには該当しない。

キチガイ医さんの主張は仰る通りです。
これは大人の思想として、過度な被害者意識を持つ事で
自分のみならず、周りの不幸にし
負のスパイラルに巻き込まれて意固地になり、救いようのない人生を
自ら歩んでいく様なもの、「これも自らの選択の結果なり」です。

子どもはまず依存があってそれを満たされた上での自立がある訳で
親がそれを自覚せず、
ただひたすら自立だけを望んでいる者が多い様に思います。
「周りに迷惑を掛けてはだめだ」と小さい頃から躾けられ、
世間体を気にする。
「働く背中を見せれば、子育ては子どもが自分で育っていく」など言い、
子育てを甘く見ている。

人一人育てるのに、そんな容易いものじゃない事を
もっと真剣に子どもに向き合う必要がある事を
待機児童解消の為保育所増設に力を入れる政府などに
乗せられる親にならないで欲しいと思います。

ニーチェは好きになった女性が彼に振り向いていたとしたらまた、
違った人生を歩んでいたかもと思います。
逆境からのエネルギーほど強いパワーを持つものはないのでしょう。

私も毒親には悩まされています。
彼らはあくまで子どもの異常を
「理由が分からない」とし、自分を顧みる事をしない。
これほど空しい相手はいないと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

なぜ貴方は、医療の現場にいるのですか?
この考え方なら、医療の現場にいる必要が無いと思うのですが。
儲かるから?名声の為?
そんな物も、貴方には必要無いと思いますけど。

最後に、命ってそんなに尊いですか?

では。

No title

ブログは人物不詳なので消そうかと思ったけど残しといてあげます。当然あなたごときにわかるわけはありません。そしてそれをあなたが理解する必要もなければ、人類に理解なぞ求めていないのです。

No title

私ごときが度々すいません。

勉強になりますので、出来れば教えて頂けるとありがたいです。
知らない物を知る。これって欲を刺激されて活力の源になると思ってます。

記事として書いて頂いても結構ですので、どうかよろしくお願いします。

No title

ネットで書いても意味はありません。

私を知っている活動家でもあまり知らない人が多いのに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

残念ですが全く違います。これは真実です。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR