自由と隷従

自由とはなんだ?
隷従とは何か?
と問えば、だれでも簡単に答えることができる。まさに奴隷と名付けるべき存在にあなた方はなってしまった。

隷従とは労働することだ。暴君の暮らしを支える監獄の中にいて、その日の四肢の生命を維持するだけの賃金を得ることだ。

あなた方は彼らの織機にされ、鋤にされ、剣にされ、鍬にされ、自らの意志を曲げられ、あるいは自ら望んで
彼らを守り、彼らの養分となる。

隷従とは弱り切った子供たちと、その痩せ衰えた母親たちを見ることだ。荒涼とした冬の風は冷たく、私がかくいう間にも死んでいく。

隷従とは飢えることだ。暴動の中、富裕者はエサを投げ落とす。肥え太って寝転んだ犬に。

隷従とは、昔の暴君が労働から搾取していたより、何千倍も多くを金の幽霊に奪い取らせることだ。

紙のコイン、捏造された権利証書をあなた方は、大地から継承した価値あるもののようにしがみついている。

隷従とは魂が奴隷になることだ。自らの意志を自ら決めることなく、他人がすべて決めてしまう。そしてくどくどと不平を言う。弱々しくむなしい言葉をこぼす。

隷従とは、暴君の連中があなた方とその妻の上に乗るのを眺めていることだ。血は露のように草地を濡らす。

そして隷従とは復讐を思うことだ。血と血を交換することを、間違いを間違いと交換することを猛烈に渇望することだ。だから強いあなた方はそうすべきではない。

「無秩序の仮面より」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR