大地震

この度東北地方を中心に大地震や津波が発生し、多数の被災者がでたことをまずお悔やみ申し上げます。当院がある茨城においても、震度6以上の揺れを感じ、現在も断水しているところがあり、電気も調整停電の問題でどうなるか不鮮明です。正直いって茨城を調整停電の範囲に入れるのはどうかとも思うのですが、もっとひどい被災地の映像を鑑みればやむをえないのかもしれません。

当院は本日より診療していますが、診療や薬の受け取りその他が不安定になっています。第一は調整停電の問題で、これが来るとレセコンなどが一切使えなくなることですが、道路状況が不便で一切高速道路など使えないこと、薬局側も処方箋なしの薬渡しを拒絶するところが多いこと、常磐線も線路の陥没などがあり復旧のめどがたたないこと、トイレなどの断水が続いていること、などが挙げられるでしょうか。幸いにも患者さんで悪くなっている人が少なそうであり、逆に元気になっている人もいるくらいです。追いつめられるとむしろ患者さんは元気になるのかもしれません。

ネットカウンセリングやそれに付随する会のHP、グループホームなどの話も少し延期になるかもしれませんが、地震がひと段落すれば掲載できると思います。また精神薬その他の問題も啓発を続ける必要は変わりませんが、これも事態の収束を待つ必要があります。現実的にその問題に人々が目を向けるには、少し時間がかかるでしょう。

今日は、ちょっとここで心療内科とは離れて書いてみたいと思います。
ここから書く内容は主にテレビでみたり、ネットで情報収集する中で感じたことですが、勝手な一個人の意見として読んでいただければという程度です。
まず何よりもマスメディアの報道姿勢で、おかしいと思うことをたくさん感じました。正直おかしいというより怒りを感じたりします。挙げればきりがないですが、同じことは何回も質問するし、態度や質問形式がいくらなんでも横柄すぎるし、社名や記者名など出さないでふざけた質問をする人もいる。被災者にこんなこと聞くなという質問をいつもするし、地震に関連した暗部の話は一切出てこない。コメンテーターの中には関東南部に大津波情報出すのが不快とまで言った人もいました。マスメディアの人間はまるで特権でもあるかのようにどこでも出現しているようですだが、実際被災者には何の役にも立っていない。私には視聴率取りのため頑張ってるようにしかみえないし、そうでなくても被災現場にそれだけ人を送る余裕があるなら、他にもできる援助とかあるだろう、と素人ながらに思っているのは私だけではないと思います。

これはテレビ至上主義になっている国民全体の意識にも問題があると思います。彼らが頑張って情報を私たちに届けさせるのは当然、という深層認識があるわけで、そのためにはマスメディアが周囲に迷惑かけようがかまわないといっているようなものです。これは自由主義社会である以上、ある程度やむを得ないことだと思いますが、日本人の美的感覚?のようなものからいって、みていると非常に腹が立ちます。それは記者の質問にも感じられ、この状況、この内容で相手に完璧な答えを求めて、マスメディアの満足する回答が得られない時、まるで彼らの相手は悪の権化のように非難されます。これは情報統制によって自分達の好きなように世の中を動かしているのと同じことと言えます。今回のことでマスメディアほど横柄で、かつ誰からも批判されない領域は他になく、彼らが世間を洗脳できる力があることから、誰よりも特権意識を持っているのが読み取れます。その力ははっきりいって国よりも巨大です。

もちろん私だって国家権力自体も好きではないから、これまで数多くの批判をしてきたし、今回の原発対応だって全く褒められたものではありません。昔から原発関連で多くの癒着があったのも確かでしょう。しかしM9.0の地震の中で、彼らなりに相当力を尽くしているのは理解できるし、少なくとも彼らのほとんどは不眠不休で働いているはずで、悠々と生活しているマスメディアの人間が、彼らを根底から否定しつくすほどの権利を持っているとは私には思えません。

今、日本人のほとんどは、「税金を払っているから」ということを口実として、情報も世話もすべて国にやってもらわないと気が済まない、その上で自分達のわがままもすべて満たし、満たさないと怒るし糾弾する、自分達が何をしないでも養ってくれる存在と勘違いしているのではないでしょうか?もしそうであるとするなら、日本全体人格障害も甚だしい事象といえます。 その代表がマスメディアのように感じるのは、わたしだけなのでしょうか。もしそうなら地震前から日本が衰退していくのも必然でありましょう。私は国に何もするなと言っているわけではありません。責任がないといっているわけでもありません。しかしその前にその国のシステムを利用し、享受している人間として果たすべきことを果たしていると、本気で言える人間が今、日本に何人いるだろうかということを私は書きたいのです。少なくとも私は果たしているという自信など持てそうもありません。

今被災者の方々は苦労していると思いますが、それぞれに生き残るため知恵を出し合っていると思います。その人たちはマスメディアなど頼っておらず、自分の頭と手足で情報を集め状況を打開しようとしています。どんな学歴の人であろうと、こういう人たちを賢者と呼ぶのだと私は思います。もっといえば大きな試練が人を賢者にするということなのかもしれません。マスメディアとそれに洗脳される人たちこそ、愚者と呼べるのではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

福島第一の2号炉が空焚き。明日の朝はどうなっているだろう。
正直怖いです。

No title

マスゴミ!

No title

続き

私の周囲(牛久市)は比較的大丈夫ですが、茨城でも北の方は相当困った状態です。いまでも断水や停電の地域は多く、物流はほぼストップしています。病院なども大病院などが倒壊寸前のため患者を外に搬送し、体育館などで治療しているケースもあります。茨城は計画停電から外れたということですが、千葉の旭市や銚子市なども被災されてますから、外れればと願っております。

まずマスメディアの批判をしましたが、本丸東電や保安院についても言ってみます。ほとんどの皆さんだまされているようですが、正門での8000マイクロシーベルトという数字は置いといて、東海村で5マイクロシーベルトという数字、また1000マイクロシーベルト(=1ミリシーベルト)は通年で浴びる量だから安全という報道がされています。しかしこれは医師として考えれば非常に疑問です。

まず第一に一年で1000マイクロシーベルト浴びるためにはちょっとずつ蓄積して浴びねばなりませんが、今回はそれが一時間で浴びる量です。これは総量が同じだからといって同じではありません。何の根拠や論文もありませんが、一気に1000浴びるのと365×24の時間で1000浴びるのは天と地ほど違うのです。いま大学教授系のほとんどが大丈夫と言っていますが、これは数字でしか考えていない証拠。ただの勘ですが、将来的に被ばく問題が出てくると思います。それを東電や国が隠ぺいする可能性は大いにあり得ます。

胃のXPが4000マイクロシーベルト、CTが8000以上位と言われていますが、実はこれらによる医原性の癌発生は医学における裏常識です。とくに胃のバリウムと胃がんの関係は論文にも確か取り上げられたことがあるはずです。これには総量もそうですが、一気に浴びるという問題があるからだと推測します。ちょっとずつ浴びれば細胞異常が出にくいのは、科学でなくともイメージできるはず、そしてそのイメージはそんなに間違っていないのではないでしょうか?これらが少しでも妥当性があるなら、すでにほとんどすべての国民は、マスメディアと東電によってだまされているということになります。

だから何かできるといった問題ではなく、対処としては国が示す通りくらいしかないのですが、情報としては安心を高めるために、内容をゆがめているという可能性は否定できないのだと思います。そしてこの話に反論やおかしさを指摘する「違う視点」を出す医師がいない、とくにテレビでいないというのは相当おかしいのだと思います。


No title

400ミリシーベルトになりました・・・
400000マイクロシーベルトということです。いよいよ放射能被害が現実のものとなってきました。福島ほどではないものの、次に一番流れてくるのは北風をうける茨城、東海村での検知数も数十倍になる可能性があります。そして短時間に受けれる許容量はもっと低く見積もらねばなりません。

茨城県が計画停電から正式に外れたのは結構なことなのです。しかしここも怒れるところで、どうして東京の23区が外れているのか全く理解に苦しみます。首都機能維持が目的といいますが、誰がこの言葉を信じるでしょう。千葉の都心に近い部、東京の足立区や墨田区を昨日車で走りましたが、電気、電灯はこうこうと光り、マンションは全部電灯がついてぴかぴかです。全部消さないでもあれを半分にするだけで、どれだけ節電できるでしょうか。国道沿いにどれだけパチンコ屋が営業していたでしょう。今まで儲けていたパチンコ屋が一週間くらい営業停止しても、彼らには痛くもかゆくもないはずです。

ゲームセンターも同じ。新宿も秋葉原も渋谷も今でもきらきら光っています。ネットをみていると地震記念でブログに写真撮って掲載しているバカモデルもいました。昨日は「すきや」で夕食を食べましたが、看板がついてないことにクレームをいうおっさんもいました。患者さんでも、自分は動かず「なんとかしてくれ」とだけ求める人が後を絶ちません。日本はこういうことをする人ばかりなのだと改めて感じました。まず自分で対処するという教育は、もうどこかに置き忘れてしまわれたようです。

そもそも電力会社は他にあるはずなのですが、どうしてこういう時こそ分担しあわないのか、よくわかりません。分担してその地域に負担を少しでも負わせたら、クレームの嵐ということでしょうか?だとすれば被災者に対する他地域の「情」などというものは、単なる見せかけにすぎません。5%でもまわせれば、それだけで計画停電も、東京の交通混乱も起こらないかもしれないのに・・・

No title

原発現場で命をかけている従業員のかたも犠牲者

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000018-jij-soci

遠隔地でわけのわからない説明しかできない幹部連中、人間の顔をしていません

No title

私にも一言言わせてください。

東京都の石原知事が、津波が襲ったのは我欲の日本人への天罰だと言い放しましたが、国会議事堂や都知事の頭上におちたなら
納得なんですけど。
三陸の漁業や農業等の従事者に何故天罰なのか理解不能です。

原子力発電についても、一番恩恵受けてるのは東京でしょ。
対等に苦労も分かつべきです。 いやなら都庁の地下にでも、発電所を造ってほしい。 都は別格なんておごりすぎです。 許せません。

小皇帝石原知事の事等

 まず、始めに、今回の震災で亡くなられた方へのお悔やみを申し上げます。
 今回の震災で、もっとも怒り心頭な政治家の発言は、石原都知事の「我欲ばかりの日本人への天罰による震災だ。」発言です。

 阪神淡路の際も、京セラ稲盛会長が似たような発言をしていました。

 知りながらのネオリベ達の発言は最低なものですね。

 思いやりのカケラもなく、復旧、復興のプランも何も示せない政治家にあきれてしまいます。

 寄付金頼みではなく、来年度予算に期待します。
 
 それにしても、小沢一郎の地元なのに、何もしないのは何なのでしょうか?

 それから、食べ物へのアレルギー体質のお子さんへの供給品はどうなっているのでしょうか?
 障がいを得た方々への援助はどうなさっているのでしょうか?

 そして、予想通り、原発は事故隠ししていました。市民の健康をどのようにとらえての事なのでしょうね。



 怒り心頭に達しています。

 「政治家よ。こういう時の為のあんた達だ。」

No title

あのーe-443内海先生も放射能被害が今以上に拡大した場合、クリニックは一時閉鎖はありえるんでしょうか?e-445

東洋医

一応ありえますが、22日は診察予定です。19日は臨時休診です。
ガソリン、電車、水その他、物資が足りず、東洋医も現地にいけず、
患者さんも診察にこれない。それが茨城の現実です。
放射線や原発の問題は、政府や東電の情報隠蔽は確実といえます。もし奇跡的にメルトダウンが収束に向かうと仮定しても、福島や北茨城地方は、今後重大な差別にさらされることになりそうです。今でさえ物資を届けないわけですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>放射線や原発の問題は、政府や東電の情報隠蔽は確実といえます。
>もし奇跡的にメルトダウンが収束に向かうと仮定しても、
>福島や北茨城地方は、今後重大な差別にさらされることになりそうです。
>今でさえ物資を届けないわけですから。

ほんとうに仰るとおりです。
これが厳しい現実です。
これから背負わねばならない終わりのない苦しみです。

地震や津波から奇跡的に救出されたのに、原発事故が起きたがために命を失ってしまったなんて・・・

No title

精神科病棟の入院患者や子供には、恐怖心をあおるだけなので
テレビを見せていないのではないでしょうか。

本を読まずに漫画を読む→漫画を読まずにテレビを見る→テレビも見ないでインターネットばかりしている
というように変わっているのではないでしょうか。

CATVでCNNを見ると、日本の放送局が虚偽報道をしているのが良く分かります。(報道の自由は諸刃の刃でしたね)CMはACばかり
放送局が勝手に特権意識を持っていても国民が見なければ
テレビ局はつぶれると思います。

No title

【東京電力福島第1原発の高濃度放射能漏れ・爆発事故で、東電側が14日夜、同原発の職員全員を退去させる方針を政府に打診していたことが分かった。現地での作業継続は困難と判断したとみられ、自衛隊と米軍にその後の対応を委ねる構えだったという。】

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110318k0000m040151000c.html?inb=yt

東電は絶対に許せない!

No title

菅は総理でありながら、東日本は滅亡だと言ってます。
大阪では、関東の被災は、天佑だと言う地方議員もいますね。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR