児相問題の本質

いつ書こうかとも思っていたが、頃合いなので書いてみる。
ただこういう記事を読んだり何かコメントしようとするなら、せめて本くらい読めといいたいが。

それはつまり児相問題の本質という問題だ。前述したようにこの問題を体罰の問題とか体罰是非の問題とか、大人側の都合の問題に置き換えるニンゲンしかこの世には存在しない。
はっきりいってこんな問題はどーでもいい枝葉問題であり、本質をついているとはいえない。

私自身は体罰完全否定派ではない。積極的な肯定派でもないが、仮に子供が犯罪を犯したなら、私はその子の頬をはたくであろう。これはある意味において立派な体罰である。そのような犯罪を犯してしまう子供になったのは親である私の問題だが、その体罰とやらで子供に恨みを買い責めを負うというのならそれはまた当然のことである。私もこれまで社会的にいう悪いことをしなかったわけではない。今は完全な悪童だがもう少しかわいい時期もあったものだ。その時にゲンコツを食らったことは当然あるが、今にして思っても自分が悪いことをしたときのそのゲンコツには感謝している。昨今の教育界や柔道界の話題を見ていて、全くアホな話だと思ってみている。

しかしそれは積極的な肯定派という意味でもない。体罰を大人側の理屈によって肯定していくことは、それはそれで問題あるのは当然である。つまりこの問題に完全なる正解などあるわけもないのに、ここでもまた「正の不存在」を無視してあらゆる人間が、自分が正しい、自分が間違っていないということばかりを主張する。この風潮は精神医療問題でも食業界の問題でも何一つ大差がない。全くニンゲンというのはどこまで愚かな存在ないのか?

児相問題の根幹は体罰なんぞどうでもいい問題である。その本質は国家犯罪、行政による拉致監禁、児童の人身売買、そして司法の完全破綻という体罰の有無なんぞ通り越した問題である。これを体罰は良いだの悪いだの、自分は正しいだの相手が間違っているだの、あらゆる人間が自己主張と正当化しか興味はない。それは私が著書の中で協力して頂いた人たちでさえそうである。それは本質的にばかばかしいことであり、それでも彼らに協力する理由は彼らがこの本質と向き合って戦っているからにすぎない。

キチガイ医に言わせれば世界中の大人は皆子供を虐待している。だからあらゆるニンゲン達に、本質的に何もいう権利はない。体罰は絶対していないので私は安心なんてニンゲンは、自分が知らぬ間にどれだけ自分が子供を虐待しているかにさえ気付かない。簡単にいえばワクチンを投与することさえ立派な虐待ではないか。ワクチンの真実を知っても、他人の子供を助けていなければ、それも他人の子供を虐待しているのと本質的にレベルは変わらないではないか。そんな話題はこの世に何百何千とあり、その話題のほとんどを世界中の大人は無視しているかしょうがないとして放置している。そして正当化を繰り返す。

ニーチェイズムが基本であるキチガイ医からしてみれば、体罰問題なんぞの超枝葉話はどーでもいい問題であり、世界中の大人は虐待を繰り返しており、本来何も口にできる資格などないニンゲン達である。だから言う、何もしてない大人達、早くみんな死んでください、あなた達は子供にとっても地球にとっても、最高に迷惑でウザい存在です。私も一緒に死ぬからさ・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本を読みましょう。

児童相談所ですか、解らないけどありそうですね。先生の本、お勧めですかね。笑) 結婚をした友人に。悩める奥さん方々に。先生の本は、多分、素晴らしいから、薬学系、医学系、福祉関係者、心の悩める方々に、お勧めですかね。よく、雑誌などに、プレゼントは?何て、書いてありますが、私なら、本が、うれしいですね。だって、ね。人生が、変わるかもしれませんから。 最高のプレゼントですな。未来を信じる方々へ。未来学。私は?未来を見たのです。暖かい光に包まれていました。映画で言うと、ブローランナと言う作品がありますが、そんな未来です。ある程度、予知らしきものはできるかもしれません?数人の学者、研究者。私は、ある程度、予言?出来ると思います。私は、未来を信じています。明るいですよ。

盲点、ストコーマを消すには、大きな目標が良いと言います。ウソ、八百と思っても、世界及び日本の明るい未来を信じて、明るく、一歩一歩、生きたいですね。

アプリに文章洗脳術と言うモノが、あったようです。お勧めです。因みに、この文章は、そんな手法はとってないですし、防衛策用ですかな。終わり。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR