動物愛護の偽善

私はある意味において菜食主義とか動物愛護の人々が嫌いだ。ニンゲンが殺されまくってるのになに平和なこと言ってるのかってのもあるが、そうではなく本質的なところで嫌いな面がある。

菜食主義には大きく分けて二つあると思うが、一つは動物を食べるのが体に合わないという人々、そしてもう一つは動物がかわいそうだから食べないという人々だ。私は前者は全くかまわないと思っている。簡単にいえば自分本位であって偽善に走っているわけでもない。私が嫌いなのが後者だ。

もちろん私とて動物が不必要に殺されている局面をみて、かわいそうだなと思うことはある。しかし本質が違う。なぜ動物を殺すのが、動物を食べるのがかわいそうだというニンゲンたちは、植物を殺すのは、植物を食べるのはかわいそうではないのだ??まさか植物には心がないから食べてもいいというのか??そんな理屈なら動物たちにも本能だけで心はなく、人間にしか心はないという理屈になるではないか??逆にいえば動物に心があるなら植物に心がないと決めつける理由はなんだ??真なる人間達の中には植物の声を聞ける人がいるそうな。それが本当かどうかは分からないが思想観念上は理解できる。

ニンゲンだけでなく生物全体が殺して食べる以外に生き残る方法はない。それがたとえ牧畜であっても狩猟であっても、草食動物であってもそうである。しかし前者の菜食主義者はこのような不完全な理屈を並べながら、自分がまるで正義であったりとか、自分が良いことをしていると錯覚しながら、動物虐待はダメだと言いながら植物虐待は勧めようとする存在だと自覚していない。それは突き詰めていけば自分が満足するための手法でしかなく、動物を助けようとする自分に酔っているにすぎない。動物は何となく表情があり声を出して死んでいくからかわいそうだが、植物は声を上げないのでかわいそうではないというわけだ。何という偽善性だろう、心の底から吐き気がする。

私は動物を食べろと言っているわけでも食べるなといっているわけでもない。どっちでもいいし、だから前述の前者は肯定する。だが生物は食べない限り生きてはいけないのだ。それを適当にごまかすなと言いたい。動物はかわいそうだけど植物はいいじゃんみたいな偽善者なぞ興味もない。本質的なことは、我々人類は殺して食べるしか生きていく道はない、我々人類は地球史上最凶のハンターであり消費者なのだということだ。草食動物は植物をかわいそうだと言いながら食べたりしない。動物を食べるのはかわいそうだからと言いながら草食動物にはならないのだ。だから畜産者でも「生き延びるためのはしょーがねーじゃん」なんて割り切っている畜産者の方がよほどましだ。「うちのかわいい子たちが皆さんに喜んで(食べて)もらえるとうれしい」なんて、テレビで喋っている奴がいるが、ドンだけ偽善者よといいたい。

結局ニンゲンは動物の気持ちも植物の気持ちもわかってはいない。ニンゲン達の感謝の気持ちも思いやりも、彼らはすべて最高に冷ややかな目で見つめているだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

悪人と極悪人と偽善者

有難うございます。

「…動物だけでない、果物や野菜を切る残酷さは同じ…」北杜夫さんの随筆で読んだ記憶があります。

「ヒューマニズムこそが悪の根源だ」「人間が自然も何も勝手にできるというのか」と文豪の言葉を何処かで聞いた記憶があります。

そればってん肉も卵も野菜も旨かもんねー。殺して食べんと、生きてかれんもんね。

バーベキューしながら伺った酪農家のお話、

「自分で育てた牛の肉は、食べられません。今日は買って来た肉です。」

かつて人間も、日夜危険にさらされて生きていました。

しばしば人間は、狼や鮫や熊にとって捕食の対象でした。いえ、本当は今もそうなのでしょう。

蛇、蜂、鼠、野犬、猿、猪、狐、狸、河童…容赦ない強敵の数々、そんな動物達の獰猛さ恐ろしさを言い伝え、ときには民話やお伽話に面白く語り継いだ先人達。

自然の中で黙々と働く方々にはとてもかなわないです。

語感から"動物愛護"と「は〇た〇し〇うがいの"生涯支援"」とは同義語に感じます。

犬猫でも人間でも、愛護や生涯支援をアテにさせられ続ければ、尊厳も生命力も失っていくでしょう。

せめて犬なら門番、猫なら鼠取り。人間には人間の職分。

ある日「しめたよ。羽根もむしった」と子供らが自ら解体したニワトリを、Nさん家からもらって来ました。

Nさんはかつて、ご自分の中学生の子供さんにナイフを持たせ、山羊一頭屠らせたそうです。

「あの方は本物の賢者だ」と主人がうなりました。

いざ世間が混乱し無秩序社会と自然界の脅威にさらされたなら、果して人としてどう行動するのか。命題だと思います。

殺戮の食卓を前に舌なめずりし、貪欲に残さず頂いて、身勝手な形だけでも感謝で「ご馳走様。」と今日の箸をおきました。

殺して食糧にするならまだしも
廃棄量の多いこと。

牧場では牛の形の製乳マシーンを飼育するようなものでして、
牛さんに「おまえ、私たちの言葉がわかるのか!なら人間どもをどうにかしろよ、」とすごい剣幕で詰め寄られました。うんち引っ掛けられたし

ホテル内の池の鯉にも文句を言われ、

畑の横を通れば潰されたキャベツの嘆きが聞こえ


まるで謝罪旅行でした。
人間がしたことは人間に還るので、これはしゃあないと諦めております。

No title

おいしんぼでもみた?医者なら、動物実験のことでもふれるだろうに。たとえば、手話ができるチンパンジーのその後とか。(その後手術などの動物実験につかわれたそうだ)

No title

野菜は声を上げないし血も出さないから
食べられるのかもしれません。
私は肉をいただかないけど
先生の意見も理解します。

しかし食用になる過程を見ると、知ると
美味しくは食べられなくなりました。

いつも先生のお話をFBやYTで拝見させていただいております。
沢山の学びがありました。

私は先生と年齢が近い世代ですが
この世の中が人が家畜を食べるように
人も人に食べられている現実に・・・
どのように対処していけばよいのか
分からないままです。
先生のお話は学びにもなり
こういった本当のことを発言されるお医者様が日本にいることに感謝します。

精神を病んだ人が薬で益々自らを
貶めてしまうように
亡くなった方も見てきました。
また亡くならなくても薬が止められないでいる人もいる。
薬が貴方をだめにするといっても本人が止められないと決めている。

世の中がピラミッドのように出来ていて
搾取されるものと搾取するものがいる。

私は子供の頃から体が弱く
病院へ行く事も多くありましたが治ったためしがありません。笑
病院は薬を販売して医者に利益を与える所だと思いますが先生は違います。

食べ物では心配が沢山あります。
スーパーへ行けば加工品ばかりで
遺伝子組み換え食品が使用されているものも加工品だと表示もありません。
ミス●のドーナツもマヨネーズも
安価なものは使用されている。
病気を沢山作って
病気を増やして、癌患者を作り
医療という名目で高額な治療費を搾取。
もう世も末としか思えません。

先生がまともな事を発信して
真実に気が付く人が増えてほしい。
私の周りには無知な人ばかりです。
興味も無いかもしれない。

この動画は良いなと思いました。
医療と食品についてです。
良かったら見てみてください。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=U6AqSfrT9lE&feature=endscreen

先生が悪い人に変な病名を作られて
消されたりしないよう(本気で心配)
FBのいいねを押して
皆が意識できる事知る事を願います。
いつもありがとうございます。

no様。同感します。祈らせていただきます。

No title

私は内海先生に約4ヵ月大変お世話になり、断薬に成功することができました。先生の書かれた本を一生懸命読みましたが、減薬が進むにつれて、最後はとても苦しい思いをしました。
私も最近、食に関心が出て来ました。母が料理を作っていますが、添加物のある物はできるだけ使わないようにしています。noさんの意見に同感です。私もこれからも勉強していきたいと思います。

手話が出来たチンパンジーの話

URL→http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara/63615586.html
//フロイド心理学を学んだ元大学院生であったLaFargeは
言語習得のみを念頭に置いたTerraceの単純素朴な実験意図にも関わらず、
ニムに母乳を飲ませ、自分の身体を触らせ、自慰行為を観察するなど、
勝手に独自の実験を行った。酒を飲ませ、マリファナも吸わせた。//
のようなこともあったようなので実験自体不適切だとおもう。人間であるいじょう実験は必要で動物愛護というのは、むやみに虐待をしない限り必要ないと考えている。

感銘を受けました。これをどうか読んでください。その1

私はYoutubeやニコニコ動画を観て、捕食を否定する体の大きな幼稚園児や異常信仰者共がむしろ少数ではなく、人口大半を占めている事実に絶望し、さらに一層学識の浅い人間共への軽蔑を深めました。それを経て貴ブログに辿り着きました。

どうやら各所掲示板やSNSで観たところ、知性や理性の欠落した菜食主義者共や捕食という自然界の原理に嫌悪感を示す者達の大部分の願望は、突き詰めれば「捕食動物の絶滅」にあります。

では、彼らの願いをいっそ世界中の政府機関が協力して、いや、いっそ彼ら捕食拒絶者共に世界最高の権力を持たせてしまいましょう。世界の全てを彼らの手に委ねましょう。

先ず、彼らが世界を支配する最高権力者になれば、彼ら捕食拒絶者や菜食主義者達はこの地球上から全ての捕食動物や肉食動物を超大規模に駆除するでしょう。それこそ軍事的に一斉駆除が慣行され、捕食動物を絶滅させる事はマスコミなどを巧に用いて正当化させます。学者も味方につけましょう。反対者は全員牢獄行きです。小学校から大学まで捕食は絶対悪だと教わります。

その2

そうして彼らの念願は叶い、地球上から彼らの大嫌いな肉食・捕食動物は一掃し、絶滅が完了しました。菜食主義者共の掲げる絶対正義や捕食嫌悪者共が死ぬまで信じている“生物を殺傷する生物は殺傷して構わない”という教義は、もはや誰もが疑わず逆らえない真理と化しました。

すると、20年後、草食動物の繁殖数は400倍に増大します。サバンナは2、3年で荒野と化します。
地球上から次々と草木は食い尽くされました。草木が無くなり、連鎖的に昆虫類も絶滅です。昆虫と草木は相互依存関係にあるので、最早完全に芽吹く事はありません。そして、一時個体数を増やした草食動物も直に餌がなくなり、絶滅します。

さあ大変、草木が無くなると人間は水だけで生活しなくてはなりません。無論、水だけでは最長50日程度しか生きられません。なんなら石でも砂でも食いましょうか?衰弱せず早く絶命できそうですねw
人類もまた、肉食動物、草食動物の後を追って絶滅しましたとさ。

その3

そして生き残ったのは深海魚のみ。さあ地球はカンブリア紀からやり直しです。もう流石に大脳を持った哺乳類に進化するまで数億年も時間は待ってくれませんw
何故なら太陽の寿命が先にくるからですw

つまり、彼等菜食主義者共や捕食拒絶者共の正義や理屈に従った結果、地球の生物史に終止符を打つ事となるのですw
喩えれば、順調に受験勉強してこのままなら合格する筈が、突然自分で鈍器で頭かち割って記憶喪失になり、受験の2週間前からゼロから勉強しなおさなくてはならなくなったけど間に合わず落第するみたいな結果になります。
つまりこの場合、鈍器で突然自分の頭をかち割るという異常行為が、彼らの信仰する“すべき事”であり、美徳であり、慈愛に満ち溢れた普遍の生物愛と正義なのです。

あなたがおっしゃるとおり、彼らは生物が他の生物により殺されるこの自然の原理を認識したくはない、否定したいがために、ああならば全て絶滅させればそんな悲しいことが起こらずに済むのかと考え、そうなる事を望んでいるのです。彼らが水素爆弾を手にすれば、彼らは「ああ残酷で哀れな生物共よ、これ以上私を不愉快にさせるその醜い殺傷をするでない」といい、核兵器で皆殺しにするでしょう。

その4

でも、この世界の未来に私は安心しています。何故か?
頭の悪い知性も理性も無い人間は、なんら優れた学歴も知的能力もありません。要は社会的弱者なので当然財力もありませんし、仮にあったところでやはり馬鹿な子供のような下らない無意味な野性的浪費で消えます。
彼らには優れた社会的立場や影響力というものとは一生恒久的に無縁です。あらゆる命題についてなんら的確な解答や、まともなことなど少しも考えることのできない知能の低い馬鹿なのだから、永遠の社会的弱者であるのは言うまでもありません。馬鹿な弱者に権力など最も縁遠いものです。つまり、彼らがその馬鹿な考えで生物界を滅ぼす事など100%実現しません。

私は、馬鹿が馬鹿な考えを持つこと自体を、それは10代の頃は辟易していたり憤慨していましたが、結局馬鹿は雑魚で、雑魚は無力だという事実を確証し、無力な連中は大多数で馬鹿な事をいくら主張したって結局無駄で無意味で無意義で無為にしか終わらないと思うようになったので、怒りも湧き起こらなくなりました。
なので、あなたも馬鹿の考えを相手に、あまり神経を使わず、もっと意義のある学問や真理の追求や自分の趣味にでも割いてください。

No title

長文でしたが、私は科学がこの世のルールだと思っています。
私は自分の日記にすら何度も何度も、「どう考えても人間とは深い関係を結べない」だとか「普通の人間が学問や真理に関心を持たない程に私は人間や社会に関心を持たず、普通の人間が人間同士で深く結ばれたいと思う代わりに学問と深く結ばれたい」と書くほどであり、

そんな私からすればUFOやネッシーはまだ宇宙工学や生物学の対象だとしても、心霊だとか神仏だとかを本気で信じている人がいることにどう考えても理解できず、中世時代からタイムリープしてきたと考えればまだ納得がいくものの、現代に生まれ現代に育ってきても、恐らく学術書も読まない勉強もしないで、狭い自宅周辺やゲームだけで18年間生きていけば現代とか関係なく中世時代と同じ価値観の人間になるのかなと今考察し始めたところです。

そんな私だからこそ、やはり馬鹿が大多数でもって科学を否定しているところを観ると、少年時代はそれは自分が頭がいいからだと思っていましたが、二十歳をこえてみると自分がようやく正常なんだ、あまりに大多数の大人が馬鹿すぎるのだと悟ります。
だから一流の大学の生徒や教授などで正常の知性を持つ人間と接すると、別に彼がそんなに特に優れた事を言っている訳でもないのに他の99.9%の社会人が低知能で無知性なので際立って感激してしまいます。21世紀には良識を持っている人間は殆どいないという事でしょう。

ちなみに私は現職の医師ではなく、医師志望の国立大の医学部生です。自分は知識を開拓しているだとか頭が良いだとか偉そうな事はいまのところまだ言えませんが、今言える事はただ、自分より馬鹿な人間が殆どだと言う事です。時代の発展に貢献する頭の優れた0.01%の人口でなくとも、知能が低く知性の乏しい99.9%の人口ではないとだけは言えます。つまり自分は総人口の0.09%に当たる良識者である訳です。人は良識を前提として、次の段階、発展者や開拓者になれます。良識の無いまま進めば、人は破壊や崩壊しか招きません。これが先に挙げたような例です。無論、良識の無い馬鹿は進むことすらできないので、この場合滅ぶのは精々彼ら自身の人生や周辺の似たもの同士の環境だけで収まりますがねwいい気味ですw

解り易いなぁ(笑)

「青崎医師」さん!?…
でしたっけ?
自分が過去の営み上で
否応なく接して来た、
こんな人間性に出来上がるんだろうなぁ…って
環境・育て方で造られる[人格形成]により出来上がった“人物像”を、ドンピシャ!そのまんま見ているようで、思わず笑ってしまいました♪
青崎医師さん…?の仰るバカな人間!? そのまた愚民中の愚民!?
の戯言ですから(笑)
気になさらんで下さい♪

反応を確認

>紙一重さんへの返事
私を観て、うわあ馬鹿だなこの人間と言いたいんでしょう。はっきり言ってNO4とNoTitle以外は冗談です。要約すれば、捕食否定派の偽善者共は、食卓でケンタッキーでもほおばって、動物の皮製のベルトやバッグを購入しておきながら、感情だけで搾取の原理や事実を否定したいだけの子供と変わらない無知性なご都合主義だと言いたいだけです。

どんな分野でも感情と熱意だけはあるけど論理破綻なんて馬鹿はごろごろいて、連中の選挙活動も大抵無為に終わります。如何なる命題についても無知蒙昧な愚衆といえど、民衆は個々への評価の際は以外にも冷静です。というか馬鹿の突出を阻止する出る杭を打つシステムの作用に過ぎないのでしょうが。

私を観て完全に馬鹿だと信じたあなた、あなたの見透かし力はそこが限界なのです。あなたの反応は気にしません。何故ならむき出しの私を観てそう思ったのではなく、こう見せたい思わせたいと演出した文章を観ての反応なのですから。つまり予想通りなのです。色付きの文字

私も忙しい身ですので、無名のサイトでわざわざ自分の書き込みに対する反応を二度は確かめません。それを踏まえてまで、まだ何か仰りたいなら独りよがりの愚論により自己の心を満たす目的でどうぞ。

はい♪

ども(⌒◇⌒)ゞ
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR