キチガイ医の素人的処方箋

東洋医からキチガイ医に名前変えた。ブログ名もキチガイ医の素人的処方箋に変更。
フェイスブックページやツイッターもキチガイ医に統一した。ただそれだけのご報告。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

医師ととして「キチガイ」という表現はどうなんでしょう?
きっと人の痛みがわからない、わかろうともしない方なんでしょうね。
残念です。

No title

んんん?
とおりすがりサン

やめなって、そんな事を書くの~!!!!
もぅ、認めないと!!
そっちの方が近道だよ~!!
本物のキチガイは誰かわかってるでしょーっ

堂々と生きましょう!
がんばれっ!!
まぁ、あたしも匿名だけどね(笑)
T。

大切なもの

一年半前統合失調症と診断され、現在単独にて服薬0を目指している者です。

キチガイ、気ちがい、気狂い、錯乱、発狂、……おどろしい言い回しですが、

極限状態という不幸な姿にも人生の大切な真実があり、内なる魂は何ら損なわれずにあること、


何らかの原因の結果であり、周囲も本人も解決に向けて精進できるようになっていること、

そこが分かれば狂った事実ととことん向き合えることを、未熟な私は学びました。

迷惑をいっぱいかけながら。

…向精神薬を減断薬し生き方が変わった方々、長くブログを読み続けている方々には、先生のご改名の深い意は過不足なく伝わると思います。

一方で、先生へのご批判に学ばせて頂けることが沢山あります。
ブログという学びの場に感謝し精進を続けます。
長文m(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

国全体が丸ごと狂ってますから、死に狂いでなければ、個人で修正できません。御自愛を。

あなたが正義の味方ではないのは知ってます。ですがあなたに救われた人も知っています。あの現実を目の当たりにすれば、誰も精神医学なんて信じないでしょう。精神医学を信じているのは病気でいたい、病気でないと都合の悪い人達です。あなたの医院に行きたくても行けない人がたくさんいますよ東洋医先生。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

気違い、気が違っているだけ、人それぞれ気は違って当たり前
そう考えると別に悪い言葉でもない気がしますけどね。

ところで、内海先生、唐突で恐縮なんですけど

サイコドクターSさんって御存知だと思いますが、
あの方の治療をどう思われますか?

薬の使い方が全然違うようで、唯一の治療法、精神科医は皆、
自分に学ぶべきだとか言ってるみたいですけど。
個人的にはどんな場合も薬が良いとは思えないけど、
もしかして治療として成立するのかな?という疑問もあり…

No title

私はサイコドクターSとは面識がありませんし、アリスパパに聞いた情報と単剤主義であること、厳しいタイプの精神医学診断をする人であること、これらを前提にして意見を述べます。

この質問を書かれる時点ですでにお答えを予想されているのかもしれませんが、私はサイコドクターSであれ田島治であれ井原裕であれ、一切認めてはおりませんし、認める認めないというたぐいのものでもありません。それらが向精神薬をつかっている限りすべてレベルは同じです。そして精神科医が「我に学べ」といっている考えも、すべて失笑するだけのことです。その人間がいかに人格的によさそうに見えてもすべて同じです。

私は精神医学完全撲滅という思想に立っていますから、その点においてはCCHR以上に過激であり、例えばアリスパパなどとも意見を異にするでしょう。それは現在のこの業界においては主たる問題ではないのですが。それはさておき、私が精神科医としてもし認めるとすれば、それは宮島賢也みたいなタイプです。つまり一切の精神薬を使わない人です。別に彼が優れているとか、私が優れているとか思ったことはありません。精神など100%治せる人間など存在するはずもなく、50%治せれば相当すごいです。そしてカウンセラーや代替療法的な考えを活用して、薬害を出さずして治療しようとすること、逃げたければ宮賢からすぐに逃げることができるということ、だからこそ彼は評価に値します。というよりこれから先、さらに急速に精神医学非難は強まり、彼のようなタイプでないと生き残れなくなるかもしれません。

逆に仮に精神薬に意味があるとしましょう。さすればその価値は、アリスパパが言っているように病的状況の一時期のみです。私やCCHRはそれさえも否定しているわけであり、それを補う方法はたくさんあるということを言っているだけです(日本では実現されてませんが)。それをサイコドクターSや他の良識的精神科医達も守ってはいません。だから評価になど値しないのです。

No title

さっそくご回答有難うございます。

私個人としては、どちらかと言えば、
向精神薬が使い物になるとも思えないけど、
「精神疾患」がPTSDとしてとらえしていること、
ラポールを基本においている、というところに着目し
評価検討に値するのではないか、と思ったわけでして。

そのうちそちらの患者になります。

はじめて来ました。
こんな本を出してくださってありがとうございます。
これで将来的に何万人の方が精神医療に関わらずにすむでしょうか?
非常に感謝しております。
キチガイ医なんてそんな卑屈にならないでください。

信仰心と同じで、死んだあとでも価値のある行いは社会に影響を及ぼしますから。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR