愚民と奴隷

愚民とはなにか?それはニンゲンのことであり日本人のことであるだろう。しかしもちろん全てが愚民かといえばそうでもない。何が違うのか、それがわからないから、それを不当に感じるからこれまた愚民だが、それもまた二重のアイロニーでしかない。これは逆説的にいえばキーサンの中身にも通じる話だ。できれば二回に分けて書きたい。

愚民はひたすら強欲的で、自己中心的で、もらえるものだけもらおうとする。彼らは必ず質問をする。ちょっと調べればわかる話を必ず質問する。そして教えてもらえないと「権利」を主張する。彼らの頭の中には「権利」しか存在していない。それがまるで基本的であるかのように刷り込まれているからだ。それを疑うことさえ知らない。基本的人権など本来この世にはないというのに。

愚民は必ず人をコントロールしようとする。自分ではなにもせず、知識を集めようともせず、活動もしないのだが、そのくせ世の中がよくなってほしいとか、あなたが頑張って世の中を良くしてくださいなどという。例えばキチガイ医にこうやってください、こうなってください、こうあってくださいなどと愚民丸出しのことを言う。愚民は決して自分で変えようともリスクを背負おうともしない。彼らは根底から奴隷であるからだ。

愚民は人に清浄であることを望む。自分が清浄でないから望むのか、これもまた一つの支配思想か。そして己に力がないがゆえに代案を望む。愚民度数が強いほどに、Aがダメなら代案を出せという。この愚かさが愚民にはわからない。その代案さえもすでに愚民の洗脳、本来物事をとらえるときに、為すべき事はたった一つしかない。それは主観と価値観により分かれるものと、そんなものには左右されないものとに分かれるが、それさえも愚民にはわからない。そうすると正当化、言い訳、ジレンマが生まれる。

愚民は徹底的に権威におもねる。それが細かい資格だろうが、世の名声だろうが、小金だろうが、NWOだろうが大差はない。それがどれほどバカにされる素養なのかも知らないまま、それを徹底的に求めようとする。自分で奴隷にしてくれと懇願しながら、自分が奴隷であることにさえ気付かず、ここでも「権利」を声高に主張する。

愚民は普通であることを望む。これの代表格が精神医学や心理学であるにすぎない。愚民はまわりと一緒であることしか興味がないようだ。何の能力も発想力も行動力もないのに、プライドだけは高くて事実を指摘されて下にみられるのを拒む。なぜなら彼らにはガラスのプライドしかないからだ。バカであることにさえ気付けないから、他人に批判や非難に向き合うことも無視することさえもできない。

愚民に愚民といっても自分は違うと怒るだけだが、誰も貴族を非難したりはしない。愚民という奴隷の中にいる異質な奴隷を非難して自己満足するだけである。今の日本人には誇りなど存在せず、それを維持するための努力も状況改善もめんどくさい。誰かに従い、誰かが目標や指示を示してくれなければなにもできない。

最近、私は東洋医を使わずキチガイ医というハンドルネールを名乗っている。この意味をちゃんとわかっている人はこのブログにも一人もいない。おそらくこの世にもわかっている人は一人もいない。このことはかいつまんで端っこだけ何回か書いているが、毎回書かねばならないのはウザい。しかし仕方ない。私は人助けのために行っているわけではなく、私は人を助けたり癒したり治療するために医学者をやっているわけでも、活動家をやっているわけでもないのだ。医師をやめたいというたぐいのことは何度も書いてきたものだ。しかし今のとこ辞めないのには理由がある。またそうといっていつ辞めるまで追いつめられるかもわからないし、それを防ぐ気もしない。自己破滅的であり虚無主義的である。オトモダチを集めるためでもない。クレクレ君はさっさとオトモダチなどやめるべきだ。この世には悪党と極悪党しかいない。そんな中で悪党に「どうして正しいことしないんですか?」って聞くバカがこの世にはあふれてる。愚民はただ食べられるだけの存在、食べられるのを私が助けるわけでもない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。 過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。 彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその精神の自由 までをも 譲り渡すことはなかった。その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によっ て、肥え太った主人を血祭りにあげた。 現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。 そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。 それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの唯一の誇りを見い出しさえしている。(リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

No title

権利と義務だし、まあ、民主主義、資本主義かもしれませんが。他でも、いいですが。自由と言っても、完全に自由って言うのはむつかしいですが。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR