きょうくりのブログww

も~、最高!必死すぎて笑える!無知すぎて笑える!

「最近ツイッターやフェイスブック でタイムラインやウォールをにぎわしている話題のひとつに、反精神医学問題があります。」ってもしかしてこのブログのこと~?。直接ケンカ売ってきたら~。反感買いやすいように思想誘導しなくてもさ~。

ナチュラル・ハーモニー代表河名秀郎さんと講演会をやります。今回は参加料がかかるようですがご了承いただければ幸いです。 《会場》横浜会場:2013年2月3日(日)横浜市歴史博物館 講堂 【定員160名】
申し込みは下記フォーム。 http://www.naturalharmony.co.jp/school/seishin_iryo/top.html

もう一つ、大阪でも一月に講演があります。先着順・100名限定 参加費1,000円 本の販売、会場でします。難波市民学習センター 2013年1月20日 13:00〜16:00 oosaka-kouenkai@hotmail.co.jp ①お名前②連絡先(昼夜とも)③人数


これが噂のアホ記事。
http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/archives/4312821.html
ついでに言うとこんなクソ記事もさらにアップされている。
http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/archives/4320338.html

最近の変化の特徴は、昔なら反精神医学的意見であったり、反医学的意見であったりというのを「アホ」だとか、「少数派すぎて聞く価値なし」的なモノが多かったのに、最近は「なぜ人(精神医学賛美者)の意見を聞かないのだ?」とか「薬で救われている人もいる」とか「反精神医学はおかしいし助けにならない」的な、ある意味どっちが多数派かわからない意見を交えて中傷してくることが多い(まー、マジでキミたちがいう?)。これはわかる人ならわかるだろうがボディーブローがすさまじく効いているということであろう。

これを嘲笑し虚仮にしないで何を虚仮にしろというのだろう。

この中身にはこんなこと書いてるけど・・・これでどうやって特定の人相手にしてないっていうんだろ?そもそも臨床経験ってなんだよ?臨床経験って言葉は医師以外には使わんぞ?日本で精神医学を虚仮オロしてる医師なんていたっけか?

「重度の内因性うつ病の人を目の前にしたら、「食事で治りますよ」「運動で治りますよ」なんて安易な言葉は出ないはずです。」
「これはひとえに臨床経験の少なさと、勉強不足によるものです。」

内因性うつ病ってなんですか?その証拠ってどこにあるのか示してくださいww

そもそもさ~、「そのような土壌を無抵抗で受け入れようとしている、我々専門家に向けて、この記事を書いたつもりです。」って利権丸出し、ウソ丸出しの精神科医がよくも書けたもんだね♪

宋美玄のツイートとか・・・これって笑うとこですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

yahoo 知恵袋にも劣る専門家

「内因性うつ病において、抗うつ薬の服用と、精神療法の併用が一番治療効果が上がる」などとする決定的証明はどこにもありません。

Depression Research and Treatment
Volume 2012 (2012), Article ID 820735, 11 pagesdoi:10.1155/2012/820735Research Article
http://www.hindawi.com/journals/drt/2012/820735/

"Evidence Map of Prevention and Treatment Interventions for Depression in Young People"

◎ 若年層におけるうつ病の効果的な予防と治療に関する質の高いエビデンスを求め、オーストラリアの研究者が存在する文献をレビューしたもの。

結果:
予防にまつわる研究は主にCBT(認知行動療法)、治療はCBTとSSRIによるトライアルが主であった。若年層のうつ病への抗うつ薬治療にはごくわずかな経験的支持のみ。その他の心理学的介入や補完治療、代替療法などのトライアルはほとんど存在せず、再発予防ならびに持続性うつ病の治療に関する質の高い研究も際立って不足している。


この自称「精神医学の専門家」院長、「Yahoo知恵袋(イギリス版)」のレベルから勉強しなおす必要がありそうですね。

"What is intrinsic depression?"
(内因性うつ病とは何ですか?)
uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=20100923092032AAXiyb4

"intrinsic"は基本的に「内側の」という意味。ですから内因性うつ病(instrinsic depression/endogenous depression)というのは、はっきりとした外的原因のないうつ病となります。親しい人との死別、失業、破局、一般的な生活上のストレスからうつ病になる人もいれば、まったく何の理由もなくうつ病になる人もいます。そうしたことから、以前は内因性うつ病というのは化学的不均衡で起こることが比較的多く、ストレスの結果として起こるものを外因性うつ病としてきました。しかし現在では、そのように明確に区別することはできないことがわかっています。生活上の激しいストレスにさらされる中での化学的不均衡によるうつ病というのも考えられ、それぞれを区別することは不可能なのです。神経伝達物質というのは私たちが経験するストレスの量に影響を受けますが、またその逆もあります。心と体は一体化したものであり、互いに影響し合うものなのですね。


この知恵袋以下のマーケティング・ツール・クリニックでは治験まで行うらしいですが、「大笑い」などしておれません。

もうこれは立派な詐欺行為・殺人行為でしょう。

No title

>myuさん
いつもありがとうございます。フェイスブック、ツイッターでも拡散していきたいと思います。

色々な意見があっても

まぁ、いいではないですか。 私も皆さんと微妙に違うところもあれば、同意するところも多々あります。 私にとっては皆さん方は[大いなる先人たち]ですし、甘えをつっ放してくれたお陰で、本気で色々と考えられるようになったことが、精神科医やそれに類するクズ連中がよーく見えるようになれたことを感謝しておりますから♪ 特に東洋医さんの「精神科は今日も…」にはシッカリと目を覚まさせて頂き、何とお礼を言ってよいか分かりません!これって宣伝っぽいッて野次が来そうですが、そこは一つ大目にみてやって下さいまし(笑) ということで、まだチビっと日はありますが早めに! 皆さん、よいお年を

No title

ガチで対談してほしーわ~

No title

俺は笑えないな。今更バカにする気にもなれない。
中東あたりの紛争地帯の銃を持たされた子供のような…
本人は得意げでも何もわかっていない。

腹立たしくもあるが、見るのも悲しくもあり、辛くもあり。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きょうクリに問い合わせたら

きょうクリニックに強迫症状の治療で行動療法をされているかどうか問い合わせしましたが、とりあえず来院して診察してからでないと教えられないと言われました。
院長の方針らしいですが、電話でそんなふうに言われる精神科は初めてでした。無駄足になるかもしれないので診察に行くのはやめました。

No title

この人(?)はよくこんな文章書けるもんですね

2013年05月30日
「ADHDは作られた病である」ことへの反論
http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/archives/4479938.html
>日本ではむしろ過少診断が問題です。
>繰り返しますが、ADHDは過少診断が問題です。

…はぁ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR