嘘だらけ

嘘だらけ嘘だらけってことで、最近の話題を書きました。

12月は牛久でミニ講演、一月、二月は大阪、東京、横浜、京都などで講演があります。
「小中学生 6.5%に発達障害か」というYahoo記事の見出し。この情報が全くの嘘であると日本人はまだまだ理解できないでしょう。発達障害なんぞこの世に存在しないというのにアホ丸出しの嘘記事だが、嘘はこれでとどまることはないらしいです。

日本の自殺者が3万にをきつたのは、民主党の政策だと誇るべきだと細野大臣が予算委員会で発言してますが、これも大嘘丸出しです。まず確かに国家統計上の自殺者数は3万人をきりましたが、これは国家や精神医学や薬や自殺予防NPOの功績とは全く違います。ちょっと政治を見返してみてもとても結果が出る政策をしてませんし、彼らは所詮精神医学に送り込むだけの殺人者であり、何一つ結果などのこしていません。精神医学が人を殺し、精神薬が自殺を励起することは、もはや世界では常識となりつつあります。その情報に行きつかないのが「アホ」というノリさえあるかもしれません。単純にいって自殺者数が減ったのは精神薬の危険性を訴える情報が増えてきたことと、市民団体や被害者会や自死遺族会等の草の根運動に他なりません。

実はもう一つ重要な要素があり、それは精神医学がうつ病洗脳から躁うつ病洗脳にシフトしたということです。「あなたはうつ病ではなかった、躁うつ病だった」という嘘がその根幹です。これでなぜ自殺者数が減るかというと、抗うつ薬の使用量が減るからです。実際近年抗うつ薬の売り上げは伸び悩んでおり、その代わりに売り上げを伸ばしているのが抗精神病薬(メジャートランキライザー)です。そうするとどうなるかというと、抗うつ薬によりハイテンションから自殺に至る人が減ります。躁うつ病(この病気も存在しないですが)ではスタビライザーか抗精神病薬が使われやすいですが、その代わりに強い鎮静力と脳破壊作用をもつ抗精神病薬によって、なにもできない、おとなしいだけの患者が増えていくことになります。もちろんこの抗精神病薬でも自殺する人はいますので、微減という結果が生まれます。

自殺者数が実際いくらなのかは私にもわかりません。厚生省に問い合わせたところ「絶対」調査しないとまでいわれましたから。ただ世の中の不審死はこの数年でも5万人以上増えており、その原因も調査されていないのが現実です。不審死の中に自殺が混じっていることもあれば、他殺が混じっていることもあるでしょうが、ほとんど調査されていないということです。皆さんもご存じのはずです。政府の出す公式発表の数字は、それ自体がインチキだと・・・原発とかチェルノブイリの発表でさえそうではありませんか?まず市民が団結して国会議員や県会議員を動かし、調査せざるを得ない状況に追い込むのは必須事項でしょう。

そんな政治で精神科医がこれだけ立候補するそうです。こいつらだけは通さないように、地元の方々頑張っていただきたいです。

今回の選挙に立候補している「精神科医(心療内科医)」

● 河野正美 (福岡4区 維新)  
 福岡県にある医療法人済世会(河野病院グループ)の理事長。
 福岡県病院協会 理事(2007年-)
 粕屋医師会 理事(2010年-)
 福岡県精神科病院協会 理事(2000年-2010年)
 福岡県精神科病院協会 福岡地区協議会代表(2006年-2010年)
 福岡県精神科病院協会 副会長(2007年-2008年)
 日本精神科病院協会 代議員(2006年-2010年)

● 竹内今日生(福岡1区 みんなの党)
 甘木心療クリニック院長、福岡大病院精神神経科助教

● 今村洋史(比例 東京ブロック 維新)
 医療法人 有俊会 いまむら病院理事長

● 鴨下一郎(東京13区 自民)
 元厚生労働副大臣
 医療法人青十字会理事長

こうやって政治の中枢に入り込み、早期発見・早期治療をうたい文句に、人々を麻薬同然の薬に誘い、薬漬けにしていく法律を作っていきます。そんな政治もみな嘘です。自民党のマニフェスト見てくださいね。自殺対策とかは精神医学に洗脳されきってますよ~。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発達障害はそんなに多くない

こんばんは!歌舞伎の中村勘三郎さんが亡くなった。 別にファンでもないし、歌舞伎も見ないけど、良く覚えてる事がある。 1975年にNHK大河ドラマで放送された元禄太平記で...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

感想

初めまして。
意見としては興味深いのですが、根拠がないまま、そして解説を飛ばして

「嘘だ」「大嘘」「(病気は)存在しない」「常識となりつつある」「情報にいきつかないのがアホ」

と断言していて、事実なのか、共通認識なのか、個人的意見なのかが分かりにくいです。

加えるに、そんな曖昧さのまま 不特定多数を殺人者呼ばわりするのはあまりに無責任でしょう。

またまた出しゃばり者の戯言ではございますが。 >「と断言していて、共通認識なのか、個人的意見なのかが分かりにくいです」…ですが、それはご自身がご判断されるべきことではないかな? >共通認識なのか…これはちょっとねぇ!こちらのブログを見ている者は《みな全てが同類である》と、貴方ご自身の内に[決め付け]が有るからこそ、出てくる表現なのではないかな? >「加えるに、そんな曖昧さのまま、不特定多数を殺人者呼ばわりするのはあまりに無責任でしょう」…まぁ極論的と思われるでしょうが、それもついても貴方なりにお心当たりの[方々]が居られるようですが? 差し支えのないところで構いませんので、参考までにお聞かせ願えればと。 因みに私自身は自らの体験・経験則から、ブログ主である東洋医さんの主義主張とは関係なく、《精神科医》という連中を『みな殺人者あるいは、それらと同様』と思っております。 失礼

No title

転載させていただきます~

No title

あははっ
根拠ないのはどっちやね~ん

No title

精神医療がやはりあちこちに転移してるようですね。
支配は着々というわけですか。

どんどん暴いて下さい。
警察と犯罪者のいたちごっこのようになってしまうでしょうが、応援してます。

紙一重さま

1. 何が事実なのか、分かりかねる部分だからこそ問い合わせ (厳密には指摘)しました。


2. "決め付け"とはどういう意味でしょうか?理解しかねますが、もともと伝えたかった意見を以下で解説します。

東洋医さまも色んなアイデンティティがありますから
仮に 共有する知見があるとして、それは
「医者としての共通認識」
「医療業務に従事する立場としての..」
「関連事例を詳しく調べた立場としての..」
「投薬治療に反対する立場としての..」
「患者に接する立場としての..」 etc
どれかに属するものなのかも、と考えました。
しかし特定できず、網羅も出来ず、かつ上記のように何が事実なのか分かりきらず、このような漠然とした表現となってしまいました。


3. "貴方なりにお心当たりの[方々]が居られるようですが?"のご質問については意味が理解出来ませんでした。

本文中に
>ちょっと政治を見返してみてもとても結果が出る政策をしてませんし、彼らは所詮精神医学に送り込むだけの殺人者であり、何一つ結果などのこしていません。

という表現があるので、その部分から「政治家」「政策を立てる立場の人」を 東洋医さまは「殺人者」であると示しているのだと解釈しました。
それを踏まえて 「不特定多数を 事実も意見もごちゃまぜにして 殺人者呼ばわり」する行為を批判しました。 解釈に基づいているので、思い当たる云々は関係ないと思いますが。

No title

>Tanakaさん
あなたが単なる批判者なのか、スパイなのか、傍観者なのかは知りませんが、まずは勉強してくださいとしか言えません。またこのエントリーだけでなくせめて他のものも読んでから批判するならしてください。このブログも他のSNSなどの発信も、動画も講演もなぜ嘘かを説明し続けています。そういうことも調べずしてこのようなことを書く人を、クレクレ君と称しているわけです。

「嘘だ」「大嘘」「(病気は)存在しない」は事実であり、勉強すれば誰でもわかること。
「常識となりつつある」は私が感じていることであり、共通認識として急速に拡大しつつあるもの
「情報にいきつかないのがアホ」は完全な私の意見。

書くのはこれだけです。すでにひと昔前からブログのコメントは制限を加えており、妨害者を排除しているのでアホとかバカとか、無理解者とか不勉強者とかクレクレ君はすべて排除しているので、それがすべてです。

なるほど!

前コメ終わりに「私自身は自らの体験・経験則により…」と載いておりますので、そこから読み取りお解りになれなかった?ただ[それだけの御仁]だったということなんでしょう。 つまらん方を相手にしてしまいました。 でわ

No title

この動画を見て思ったのですが、雨上がり決死隊の宮迫さんの癌って癌もどきですよね?手術をする必要があったのか疑問に感じます。癌検診なんか受けたらドツボにはまりますね。

ガン医療を最初に告発した近藤誠医師(1996年)
http://www.youtube.com/watch?v=GeFZeFFK5Zc

紙一重さま

おそらく話が噛み合っていないのでしょう。

主語すら曖昧な 貴殿の日本語(「私自身は自らの体験・経験則により…」と載いておりますので、") がわかりません。

また、そんな曖昧な日本語から正確な意味を読み取ることは出来ません。 つまらなくて申し訳ありません。

一方で 私は日本と米国それぞれで大学院を修了しており、現在は米国の大学で各国の学生を相手に日本語と英語を教えています。
言語を超えた理解力、論理立てた説明をする力は 標準以上を持ち合わせていると思っております。

単なるバカな愚民ですから(笑)

まぁ如何に指摘されようと構いません。 「自らの体験・経験則」を余談までに。 自傷行為・大量服用を繰り返す患者へ主治医が「薬はよくないから」と、いわゆる認知療法を行っている他病院(精神科病院)を紹介、思い切った減薬で半年間ほど入院生活後、退院後また主治医の元に通院。「不安だろうから」とソラを処方し、また大量服用の繰り返し。ほんの2~3週間の間、会う度に首に締まった傷痕があり「目の前の者を殺したい!一緒に練炭自殺しない?殺してくれない?」ばかりを口走る。 因みに主治医が紹介した病院の医師は、主治医の後輩だそうです。 私も同じ病院に入院歴がそこで知り合った患者でしたが、今はリゾートホテル並みの豪華な病院に改築され、素晴らしい病院となってます! 以前は他に何人か自殺されたりとか、重篤な肝機能障害だとか、電気をバチバチやったりとか、ゾンビのようになった方々を小馬鹿にして笑っている看護師連中だとか、私自身はただ「一生治らないよ!」と言われた…バカな看護師に自殺まで思いたたされた…その程度でしたから。他病院や心療内科なども取り上げたらキリがないですけど。 すごいですよぉ、次々と心療内科やらクリニックが乱立していて、どこも満員御礼の状態です。 ただそれだけのことです。 突っ込みよろしく 失礼

忘れてましたので追記を

前コメで取り上げたその患者の主治医は雇用ではありますが院長です。 そしてその病院での私の主治医は[博士号を持っている?]医師でした。 またまた余計な話ではありますが一応(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

東洋医の素人的処方箋 嘘だらけ
touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-173.html
2012/12/07 – 発達障害なんぞこの世に存在しないというのにアホ丸出しの嘘記事だが、嘘はこれでとどまることはないらしいです。 日本の自殺者が3万にをきつたのは、民主党の政策だと誇るべきだと細野大臣が予算委員会で発言してますが、これも大嘘 ...

No title

tanakaさま、横やり失礼します。

>その部分から「政治家」「政策を立てる立場の人」を 東洋医さまは
>「殺人者」であると示しているのだと解釈しました。
>それを踏まえて 「不特定多数を 事実も意見もごちゃまぜにして
> 殺人者呼ばわり」する行為を批判しました。

突っ込みどころ満載なのですが、
あえて私が申し上げたいのは
なぜ、ブログ主がこういった主張をするに至ったかを
まず貴方が他記事で調べるなり閲覧する必要があると思います。

こういった世の中の特に精神医療の間違った掛かり方への気付きは
急を要します。
「後で気付いては後悔」留まりというのでは遅いのです。
それだけ薬が体を蝕んで行くのですから。
吟味してメリットデ・メリットを調べてなどした上での
本当の「自己責任」という考えを
もっと日本でも定着させるべきでありますし、
海外で教鞭を取られて
自己主張せずして生きていけない圏内の文化では
それが当たり前だと認識もお有りでしょうが、
今の日本の、若者含めさらに上の世代の
「何でもかんでも責任転嫁する」という風潮には
きっとtanakaさまも辟易される事でしょう。

さらにはブログ主は
そういった人々に数多く遭遇せざるを得ない環境にいらっしゃる。
間違った認識を解くには
何度も何度も手を変え品を変えアプローチせねばならす
それはこちらの神経をすり減らす作業でもあります。
しかし、
タバコと一緒で精神薬も「百害あって一利なし」なものですから
こういった物言いは致し方ないのでございます。

そういう日本の精神医療の現状をtanakaさまはご存知ないものと
お察し致します。
これを機に、いろいろとお調べ頂ければ幸いに思います。
余計な所作に思いましたが、
通りすがりに書き込みを失礼しました。





プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR