人間毒リスト2(農薬系)

毒リストの続き。今回は農薬系のものについて少し書きます。

「大笑い!精神医学」発売になりました。宣伝すいませんが皆さんよろしくお願いします。「精神科は今日も、やりたい放題」とセットで読むことで理解が深まるように設定してますので、そちらもよろしく。
有機リン・・・・・有機リン化合物(ゆうきリンかごうぶつ、 organophosphorus compounds)は炭素−リン結合を含む有機化合物の総称である。神経系・呼吸器系に対する毒性がある化合物が多いことから、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。 農業用、家庭園芸用、殺虫剤または殺菌剤、除草剤として使用されて、その後、河川に流れ出し浄水場から水道水に入ってくる。このほか水道水には台所用洗剤も混入する。「ホス(phos)」と付く農薬はたいてい有機リン剤である。人に対する神経毒性が高い化合物も多いため、神経ガスとしてサリンなどが開発された。有機リンやサリンとアルツハイマーの薬は同じ作用機序である。

主な中毒症状として
縮瞳、発汗、流涎、筋れん縮といった特徴的な症状に加え、血清および血球のコリンエステラーゼ活性が著しく低下することから、臨床症状だけでも診断できる代表的な中毒。重症の場合では徐脈(じょみゃく)、呼吸障害、肺水腫(はいすいしゅ)、昏睡(こんすい)となり、死亡する。

主な使用場所として、木材防腐剤(テトラクロルビンホス、フェニトロチオン、プロペタンフォス クロルピリフォス、ホキシム、ピリダフォンチオン、等)が使用され、住宅室内に農薬蒸気となって体内に吸収される。日本工業規格では、稲わらを使用した畳には、ダニなどの害虫が発生しない様に防虫加工することが規定されているらしいが、こんなことしなくても防ダニはできるそうだ(知り合い業者談)。フェニトロチオン(商品名スミチオン)フェンチオン、ダイアチノン等が1g/m2程度使用されている。電車、バス、タクシー、航空機、などの、車内、機内、消毒にも使用される。塩化ビニール、ウレタンフォーム、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、の可塑剤、難燃剤、ガソリンの添加剤、潤滑油添加剤、として燐酸トリオルトクレジル(TOCP)、 が入っているし、床みがきワックスの可塑剤に燐酸トリエステルが入っている。ちなみに妊娠中絶薬の成分の1つにTOCPが入っているそうだ。眼科の縮瞳薬として、エチルパラニトロフェノールが入っている。疥癬治療薬の軟膏にフェニトロチオンが入っている。 動物の内服用駆虫剤としてカルクロホス、トリクロルホン、ジクロルボスがはいっている。

精神薬と農薬は基本的構造は同じ。神経毒である。


ネオニコチノイド・・・・・ネオニコチノイドはシナプス部分の後膜に存在する神経伝達物質アセチルコリンの受容体「ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)」に結合し、神経を興奮させ続けることで昆虫を死に至らしめる。有機燐系の農薬が人体に非常な害があると言うことで、その代わりに登場したのがネオニコチノイド系の農薬だ。最近、世界各地でミツバチが姿を消していることが話題になっている。その原因はネオニコチノイド系の農薬であるとされて、フランス、イタリアなどでは使用が禁止された。しかしこの農薬の作用がミツバチだけなんて思っているのは大きな間違いである(ここでもwikiはうそをつく)。たばこのニコチンは吸いすぎると十分神経毒となり、精神症状や錯乱を起こす。これは禁煙薬でも同等のことが言えるが、この農薬の作用機序(ニコチン受容体に作用)はそれと大差ないといえよう。
  
自然の山の水、何々山のわき水などにはすでに、大量のネオニコチノイドが混入しているとする専門家もいる。私はそのデータを見たことはないがおそらく正しいと思う。単純に考えてこの農薬を散布しまくっているゴルフ場は沢山存在するからだ。農薬が地下水にしみこみ、その数十キロ範囲内の湧き水に溶け出す。確かに昔の湧水はきれいだったかもしれないが現代ではそうではないらしい。
 
そもそもネオニコチノイド系の農薬の一つアセタミプリドMRLのリンゴに対する使用基準は、EUが0.1pp、アメリカが1.2ppm。それに対して日本は5ppm.イチゴについては、EUは0.01ppm,アメリカは0.6ppm。それに対して日本は、5ppm、となっている。何だこの基準!茶の葉に至っては、EUの使用基準が0.1ppmに対して、日本は50ppmである。500倍もの差がある。これじゃペットボトル入りの緑茶飲料、ウーロン茶なども飲めないではないか??

ネオニコチノイドの問題はマンガ「美味しんぼ」にさえ掲載されている。ネオニコチノイドはチャンピックスに似ていると覚えればいいだろう。そしてチャンピックスは世界で最も暴力を起こす副作用をもつ、有名な某外資系製薬企業の有名商品である。


グリホサートイソプロピルアミン塩・・・・・いわゆるラウンドアップ (Roundup) は、1970年にアメリカ企業のモンサント社が開発した除草剤(農薬の一種)。有効成分名がグリホサートイソプロピルアミン塩である。アミノ酸(トリプトファン、フェニルアラニン、チロシン)の合成を阻害する(シキミ酸経路参照)。吸収移行型でイネ科にも広葉にも効く。トリプトファンなどを阻害することを考えれば、やはりラウンドアップは精神薬に近い。精神薬はセロトニンやドーパミンに作用するわけだから。

遺伝子操作により分子育種されたラウンドアップに耐性を有する作物(遺伝子組み換え作物)が主流であるが、変異体もある。遺伝子操作により、ラウンドアップに耐性を有する遺伝子組み換え作物はラウンドアップレディーと総称され、ダイズ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、テンサイ、アルファルファが栽培されている。つまりラウンドアップと遺伝子組み換え作物はセット商品であるといえる。

ラウンドアップ・レディーのような非選択性除草剤に対して耐性を有する遺伝子組換え作物の栽培面積が現在急速に拡大している。遺伝子組み換え食品の有害性についてはもはや語るべくもないが、ここでもwikiでは大ウソしか書いておらず、様々な反利権団体を中心とした研究を無視して、安全性を強調している。

ラウンドアップには あらゆる植物の成長に必要なアミノ酸生成をストップさせてしまう作用がある。したがってラウンドアップがかかった植物は木であろうと草であろうと枯れてしまう。こうした除草剤を「非選択性の除草剤」と呼ぶ。相手構わず枯らしてしまうということである。もっとも懸念されているのは発ガン性である。ある調査によれは ラウンドアップを使用している地域では非ホジキンリンパ腫というリノパ腺のガンがその使用量と比例して増加するという。このように危険性が指摘されているラウンドアップだが、その主成分、グリホサートの残留基準値が各国で引き上げられるという奇妙な現象が起きている。


ダイオキシン類・・・・・ダイオキシン類(ダイオキシンるい、Dioxins and dioxin-like compounds)は、ポリ塩化ジベンゾパラジオキシン (PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDF)、ダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル (DL-PCB) の総称である。これらは塩素で置換された2つのベンゼン環という共通の構造を持ち、類似した毒性を示す。ダイオキシン汚染について1963年ジョンソン大統領の科学諮問委員会が枯葉剤の人体に及ぼす慢性影響について憂慮を示す。これに基づいて国立癌研究所で、ねずみを使った毒性試験を行い、ダイオキシンが異常出産や奇形児発生に影響を及ぼす事を明らかにした。

2.4-D、ベトナムでの245−T枯葉剤 エージェント・オレンジの影響、ベトナム戦争時にモンサントの枯葉剤によって40万人が死亡し、50万人の奇形児や障害児が生まれ、200万人にさまざまな後遺症を残した。ベトナム赤十字社によれば、1975年の戦争終結までの間に枯葉剤のエージェント・オレンジやその他の発がん性のある薬品から約210万から480万人が直接的な影響を受けたと言われ、奇形児の出産や慢性疾患につながったとされる。245T はベトナム戦争で米軍が大量に使用した化学兵器・枯葉剤の中でもダイオキシンが含まれることで問題となったオレンジ剤の一成分で、特にダイオキシン中 最も毒性が高い 2378TCDD が含まれていた化学薬品である。米軍は様々な生物化学兵器をベトナム戦争に投入したため、容器を色分けして区別した。オレンジ剤は 245Tと 24D という除草剤の混合物でオレンジ色の容器に入っていたことからそう呼ばれた。

1966年
アメリカFDAは食品中の245-T残留許容量を決める
1967年
1958年に発生した数百万羽のブロイラーの死因は、餌の脂肪中に含まれたダイオキシン(PCBの微量不純物)と判明(日本)
1971年Bliss社がダイオキシン混入廃油の一部をミズリー州の馬場と厩舎に散布
ベトナムでの枯葉剤作戦を中止。アメリカ大統領科学諮問委員会が245-Tに関する報告書をまとめる
除草剤として使用されているPCP中からダイオキシン類を検出(アメリカ)
農林省が林業用除草剤「2,4,5-T」の使用を全面禁止

一体だれがこんなことを企んだんでしょうね~?
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大笑い!精神医学が発売

こんばんは!11月の初旬はとても寒い日があったのですが、この頃それほどでもありませんね。 さて、リンクの東洋医の素人的処方箋でおなじみの東洋医こと内海聡先生の新しい本が

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

質問です。よろしくお願いします。

こんにちは。 箇条書きですがよろしくお願いします。

放射性物質のストロンチウムは人体の骨部位に溜りやすいと一時期よく報道されていましたが、精神薬、農薬などの神経毒は単純に神経にこびり付くように蓄積されていくのでしょうか。あるいは全身どこにでも溜まっていくのでしょうか。

まだ薬が残っているという状態は薬の影響が残っているという意味でしょうか、それとも物質的にも残っているという意味でしょうか。

デトックスとかキレート療法とかを使えばより早く精神薬が体から抜けるものなのでしょうか。それとも殆んど効果無しでしょうか。

No title

単純にというと語弊がありますが、神経自体は周囲を脂質組織が覆っていますから、そこに接着していきます。また全身にもたまりますが、これは以前から書いているように精神薬や農薬が脂溶性だからです。神経や脳にたまりやすいのは、それが脂質として濃度が高いからです。

血中から精神薬が消えても、それは精神薬の影響から自由になったとは言えません。それは物質的にも残っておりそれがもたらすものを薬剤性フラッシュバックといいます。これの原因はどんな薬理書を見ても載っていないと思います。情報の出所が薬理ではないからであり、精神医学からは決して得られないものです。

デトックスによって早く精神薬が抜けるのは確かですが、キレ―ション自体は精神薬にはあまり意味がないと思います。サウナが良いということはこのブログにも書いていますが、その意味は脂肪の燃焼を助けるからであり、汗をたくさん書く事が排毒に繋がるからです。実際麻薬や覚せい剤なども汗から検出されますから。

結局今まで勉強してきたことを総合すると、精神医学や薬理学を学んでも精神薬を本質的に抜く事はできないということです。さらに言えばそれを超越しているナルコノンなどのシステムでさえ、まだ改良の余地があるということです。

No title

詳しいご説明ありがとうございました。
この苦しさがやはり一生ものだと分かりましたが仕組みを理解出来ただけでもすっきりしました。

多剤多量療法とはつまり神経毒を多種類、多量に飲ませる手法ですね。そう考えればそれが危険だとすぐ分かるはずなのですが。

先生の新刊は近所の書店ではまだ置いてなかったですが、近いうち買わせていただきます。 ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

神経毒認知症の薬について質問があります

認知症の薬アリセプトを母が毎日五ミリ飲んでいます。母は現在一般の方と同じように記憶障害はなく普通になりました、しかし薬を飲んでいるせいか発汗がひどく膝が痛く歩きつずらいと言っています。実際階段を降りる時に違和感のある歩き方で爪先立ちのようにヨロヨロ歩いています。

ハルシオンやロヒプノールを長年飲み続けた結果
せん妄状態になってしまったと私は解釈しています。

アリセプトを飲みはじめて五年になります。


現在は何も認知症の症状がなくサリンと同じ神経毒でもあり劇薬のアリセプトを母に飲んでもらいたくないのですが、


母が一時期、認知症のような状態になった所を見ている家族が薬の中止を反対して大変困っています。


アドバイスいただければありがたいです。
宜しくお願いいたします


No title

資料をきちんと提供して、徹底的に議論するしか方法はありません。ここでも家族の能力が試されてますね。

アリセプトについて

お忙しいところ
解答
ありがとうございました


アリセプトを飲むことを中止にすることにご意見はありますか?


薬をやめたことで
不利益なことが起きる可能性はあるでしょうか?



減薬している者です。

こんにちは。こちらに書き込みしてよいのかわかりませんが、
失礼します。
向精神薬歴18年になるものです。長年の多種カウンセリングやグループ治療を経て、最近、医師との相談のもと減薬→断薬に取り組んでいるものです(それと、減薬断薬成功者とのメールが心強いです)。
4種類一錠ずつの服用でしたが、
ユーパン→一か月ほどかけて徐々に減薬
サインバルタ20→ユーパンを減らすとともに
イライラが出てしまい、結果並行して減(飲む日を開ける)
ユーパン(四分の一錠)の服用が4日前終了
サインバルタ(4日に一度服用)が2日前に終了したところです。

離脱症状がほんとにつらいのですが、、、すこしづつはよくなっているかな?希望を失わないように
いろんなところから勇気をもらっています。

しばらく様子を見て、落ち着き(落ち着くことを願ってます)次第、のこりの2種類を減薬していきたいのですが、 夕食後のセロクエル25 、就寝前のロラメット1錠、 先生でしたら
どちらから先に減薬を勧めますか? 今のところ不眠は出ていません。 

こんにちは

内海先生こんにちは
グーミンの谷と申します。(笑)
本日の私のブログでこちらの記事をシェアさせていただきました。
宜しくお願いします。

やっと呼び止められたので期待したら逃げて行きました

鳥に食べ物を配っている所を、見ていた人がで車で追ってきて、私に「あなたが、やっている事は、やってはいけない事なんですよ。」と、言ったので「やって、良い事なんですよ。」と言い、話を続けていたら何度も車の窓を閉めようとするので、何度も話が飛びましたが、肝心な事を言い忘れたので今度は紙を用意しながら走る事にしよう。鳥獣保護法もオーガニクもよく知らない男で、黄疸がありました。今度呼び止められたら、一番初めに「文句を言うなら、先に、奇形が生まれると知っていて農薬を撒く人に言ってください。鳥の食べる虫とザリガニやカエルがいません。」と、言おう。次に「国は認めていません。」と、言う事になるでしょう。実際に、近所の方で、そういうものを撒いていらっしゃったり食べた方の家、全世帯そういったことになっています。私は、出産前の3年とそれから2年、九州に住んでいてよかったと、思っています。オーガニックの美容室でも、内海先生の話題でいっぱいです。本も全員に渡してあります。

被害者の写真付き説明を渡すことにしました。

B5に説明と壮絶なカラー数枚を集約したものをウェアーに装備して走ることにしました。

度々すみません

今、野焼きで、完全に藁が燃えている匂いではなくビニールが、燃えているのと同じ悪臭がします。B5の紙は数枚装備し走り、あちら側でないか、あちら側から、来れる人に渡します。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR