体罰と虐待(とおまけ)

皆さんは体罰についていかがお考えでしょうか?これは私と違う意見の方のほうが間違いなく多いでしょう。にもかかわらずなぜこの話題を取り上げるかというと、これが理解できて正邪どちらであれしっかり説明できない人が、ここで時々取り上げている児童相談所の問題を理解することが不可能だからです。

結論から言いますと私は体罰容認派になります。しかしそれでも容認派の中ではかなり体罰をしない部類になるでしょう。世の中には体罰否認派が多いことはもちろん知ってますし、体罰ガンガン派も結構いるでしょう。スポーツ系の人はある意味ほとんどがガンガン派だといえなくもないでしょう。

なぜ体罰についてどちらであっても語れ、理解できないとダメかというと、体罰と虐待に違いをどう説明するか、ということに関して議論ができないからです。これを例えば命の危険があるから虐待などというのは、まともなことを言っているようでずれています。それを認めているわけではなく、言語問題、定義問題としてずれているということです。

これは教師の体罰、昔でいう下町親爺の体罰についても実は同じことが言えます。いじめと体罰の違いという点でも似たような議論が成立するでしょう。皆さんはそのすべてに明確に答えることができるでしょうか?これは実は個人意見が入る問題ではありません。容認か非認かは個人意見ですが、定義問題には本来個人意見の問題ではないのです。これは例えるなら法律とは何か、憲法とは何か、教育とは何かというようなことを、定義することと似ているのです。

この話題はもともと科学論でもないし統計論でもないので正解はありません。愛ですべてが済めばそれが理想論である事も間違いはないでしょう。例えば私も昔ひどいいたずらをして親に叩かれたことはあります。しかしそれを怨んだことはなく、その時考えても今考えても自分が悪いことがちゃんと認識できるからです。またそのいたずらは言葉では注意されていましたが、子供だからでしょうか守らなかったことも事実です。そしてそれとは裏腹に親が叩いたものの中で今でもムカつくというのは当然あります。それはその時考えても今考えても道理や正当性を感じないからかもしれません。

この体罰の問題は反対にもつながります。この反対を端的に言えば過保護でしょう。そしてこの過保護は虐待されていたりそうであると思っている人が、反面教師としておこないやすい行為です。愛と表現するといかにもいいように聞こえますが、それは依存や過保護をすぐ生み出す母体であるとも言え、その愛の形がいかなるものであるかということはこれまたそれぞれのとらえ方によって異なってきます。例えばキリスト的にすべてを許せみたいにしたと仮定すれば、ある子供はキリストなみに優しい青年になるかもしれませんが、ある子供はどうしようもないわがまま青年に育つことになるでしょう。

この話題の本質は容認か非認に正解を出すことではありません。例え容認的な意見としてきちんと節度をわきまえているといっても、子供が全部自分が正しいと思えばそれは暴力かもしれません。その逆もまたしかりです。それよりもこの話題の本質はいつも書いている児童相談所問題であり、例えば小学一年生の子で万引きした子供がいるとしてほっぺたをたたいたとします。小さいあざもできたと仮定しましょう。それを体罰か否か虐待か否かは議論したい人が議論してください。問題はここで児童相談所は子供を速攻拉致ります。議論は成立せずに虐待認定され児童養護施設に放り込むということです。そしてさらに問題はこの子にこの先会うことはできません。面会請求なんて無駄です、一切会うことはできません。子供側が会いたいとか言っても無駄です。子供側が反省していても無駄です。裁判しても誰に訴えても無駄です。そして最終的にこの子には精神薬が投与されることになります。最終的にこのような子供が社会に出にくいことはデータでも示されています。

つまり体罰が虐待か否かは置いといて、それを虐待だと思っている人、それを通報する人はなにも知らないまま、体罰ごときとは比較しようもない虐待を児童相談所と協調して行っているということです。それに言い訳や正当化は通用しません。「知らなかったから」という言い訳は、精神医学の本性を知らなかったと言い訳して精神薬を投与した親たちと同じです。さて、あなた方は大丈夫でしょうか?

<追伸>
私もここに呼ばれました。興味ある方、当日お会いしましょう。精神医学界や製薬業界やその手下たちも相当神経をとがらせておるようで、まあ結構なことです。

【CCHR Japan 創立20周年記念イベント】
日 時 : 2012年12月1日(土)  13:00~16:30
場 所 : 星陵会館 東京都千代田区永田町2-16-2
03-3581-5650
http://www.seiryokai.org/kaikan.html

主な内容 :  
テーマ: さらば精神医学よ! 
【精神医学との決別、そして真のメンタルヘルスの獲得へ!】  
(予定)    
13:00 オープニング
主催者挨拶  ・・・ 世話役 米田倫康
来賓・祝電・講演者の紹介

13:20 第一部  

【 CCHRと私。 精神医学と戦ってきた私たち 】
・13:21~13:41  中沢 健 氏
・13:42~14:02  (     ) 氏
第二部  【 精神医学で今何が起きているか】
・14:05~14:25  内海 聡 氏
・14:26~14:46 中川 聡 氏
第三部  【 精神医学以外の解決策の実践者たち】
・14:48~15:03  平林朋紀 氏
・15:04~15:19  田中路子 氏
第四部  【 ステージパフォーマンス 】
・ 15:20~15:30 歌 うつなんてないさ 六本木辰也氏
・ 15:30~15:40 コメンデーション贈呈
第五部  【 シンポジウム&質疑応答 】
・ 15:45~16:25
講演者全員ステージ上に登壇。一言ずつ主張を述べていただく。あらかじめ聞いた質問票に沿って質疑応答。
16:25 閉会

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

児童相談所の被害者

東洋医様。Twitterから訪れましたランプと申します。長年児童相談所親子介入され、4歳で軽度発達障害、10歳に重度発達障害児判定おりた後も、度々、施設へ強引に施設入所繰返されています。ある事情からホームレス同然に親子なり役所へ親子は緊急相談に行きましたが、役所側から密通受けた児童相談所職員6名に目の前で拉致されます。1年8ヶ月前の出来事です。直ぐに家裁の28条審判なり2年の強制的施設入所になり児童相談所職員数名に自宅訪問され半年から1年の精神科通院強要され断ると今も居場所教えません。先週1年ぶりに突然封書が届き、居場所教えないが雄介の近況報告と家裁に2年引延ばし申請をすると無茶苦茶な事言われました。今日30日午後1時に児相職員自宅訪問です。お願い致します。私たち親子を雄介を救ってくださいませ。親子穏やかに暮らしたいのです。沢山の日本人子供が拉致されていますお力添え頂きたくご連絡頂きたく、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

No title

>らんぷさん
はっきりいって児相にさらわれたら、もう何をしても無駄です。その前提から理解できないと手を打つこともできません。これは児童相談所の被害者会の方のほうが詳しいですが、拉致られたが最後、ちょっとでも逆らったら(というより逆らわなくても)ずっと会うことはできません。方法は二つあり徹底的なまでに奴隷となるか、裁判して闘うかの二つですが、後者は絶対に子供は帰ってきません。これは日本人全員が導いた問題でもあり、自分にだけ降りかかってきた災難ではないわけです。とりあえず私としては児童相談所の被害者会に連絡を取ってもらうことをすすめます。私は例えば裁判で医師意見書を書くときになにかできるくらいであって、直接私が助けれることは何もないのです。連絡を取ってみる気があれば書き込んでください。連絡先をお教えいたします。

児童相談所被害者

東洋医様。ご多忙な中を、早々にお返事を頂きましてありがとうございます。ご親身な沢山の助言を頂きましてありがとうございます。是非被害者の会の連絡先を、教えて頂けましたら有難いのですがお手数おかけ致しますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。朝晩は気温差がありますので、どうぞ御身ご自愛下さいませ。

No title

このブログを書いている松島さんが会をまとめています。裁判もして自分の事も世間にオープンにしています。まずはここに聞いてみてください。http://www.boreas.dti.ne.jp/~h777m300/
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR