Tさんの経過

ま、とにかく見て~。この方のお話は次回にも続きます。
1999年、23歳で起業。2001年、首の神経が凄く痛くて、いつも頭を抱え込み首の神経を伸ばす運動をしていた。ある日、その痛みが激しくなり、平衡感覚がなくなり床が自分に近づいてくるような感覚に陥り、そのまま激しい嘔吐と共に倒れ、救急搬送される。原因不明であった。これが、最初のきっかけ。そして自宅近くのメンタルクリニックを受診、ハルシオンを処方される。ハルシオンは健忘が酷く、ビックリしたため、そこから薬の置き換えが始まり、徐々に増えていった。この後も社会トラブルを抱え、薬に逃げ、結果的に増えていった経緯がある。薬の依存症となり、主に自宅でPCによる仕事のスタイルになっていき、このままではいけないということで、三浦半島の福井記念病院(身体拘束される)やよみうりランド慶友病院などに入院するが、結局、仕事をしたいがために勝手に退院するということを繰り返していた。

その後病院を転々とするが、その時の処方が以下の通り。
2006年8月3日
NTT東日本関東病院
精神神経科
Dr.秋山剛
ロヒプノール錠2×2錠×1回
ベゲタミンA×1錠×1回
ヒルナミン錠(25mg)×1錠×1回
マイスリー錠5mg×2錠×1回
セロクエル100mg錠×1錠×1回
計:1日服薬量7錠

そこから死の89錠まで、約5ヵ月間。

2007年1月19日
NTT東日本関東病院
精神神経科
Dr.秋山剛
ロヒプノール錠2×3錠×1回
ベゲタミン錠A×2錠×1回
マイスリー錠5mg×2錠×1回
セロクエル100mg錠×2錠×1回
レボトミン錠50mg×4錠×1回
ベンザリン錠10×1錠×1回
リスパダール内用液1mg/mL×2mL×2回
デパス錠0.5mg×6錠×3回
プリンペラン錠×3錠×3回
セロクエル25mg錠×3錠×3回
レボトミン錠5mg×3錠×3回
ドグマチール錠50mg×3錠×3回
レボトミン錠25mg×3錠×3回
計:1日服薬量89錠
→ここ訂正あり。精神薬は計81錠だがロキソニンを一日8錠飲んでいたらしい。しかも同じ医者。
さらに悪魔なことが判明してしまった。
そして、1回目の急激減薬は、この後すぐ。

2007年1月22日、NTT東日本関東病院への入院を検討したところ、入院担当の医師が、もっと服薬していくことを勧めたので怖くなり、脱走、大岡山の平和堂漢方薬局の根本幸夫先生に出会い、調合漢方での治療に切り替える。
漢方薬局と連携して89錠→16錠に減薬成功。

その後、体重も30kg以上痩せ、体調も少しづつ回復していったように感じた。しかし、また社会トラブルを抱えこの間に、とうとうODにより自殺未遂。理由は、会社が経営者の生命保険に加入していたため、そのお金を会社の資金繰りに活用することであった。自殺未遂の際には、都立広尾病院に搬送され、理由を淡々と述べ、成功するまでやると思うと自分の心の内を述べただけで、麻酔注射で意識を失わされ、起きると身体拘束されていた。恐ろしいので、もうやりませんと嘘をついて、拘束を解かせた。

2008年~20010年6月までの処方はほぼ同じ。
ゾピクール錠7.5×1錠×1回
ベンザリン錠5×2錠×1回
デパケンR錠200×3錠×1回
アキモサンカプセル25mg×2C×1回
ヒベルナ糖衣錠25mg×3×1回
マイスリー錠10mg×1錠×1回
リボトリール錠0.5mg×2錠×3回
アルマール錠10×1錠×3回
計:1日服薬量21錠

ここで、2回目の急激減薬。

2010年7月7日
東京医大病院
Dr.飯森眞喜雄
デパケンR錠200×1錠×3回
アルマール錠10×1錠×2回
リフレックス錠15mg×2錠×1回
ヒルナミン錠25mg×2錠×1回
エバミール錠1.0×2錠×1回
ロキソニン錠60mg×2錠×1回
計:13錠

ここから、また少し増えたりして、内容も若干変わったが、結局、2012年8月6日に完全断薬達成。

ちなみに89錠処方医師のコラムとは・・・
http://case311.miraikan.jst.go.jp/home/docs/health/1106081950
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極端な恥ずかしがり屋さん、実はそれだけの事

まいど。日経のピンボケの記事を一部引用から  「人前での自己紹介が恥ずかしい」などの気持ちは誰にでもあるが、仕事や勉強を続けられないほどなら「社交不安障害」の可能性が

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すっ、すごい。
89錠はもちろん凄いが、急な減薬も、89錠まで増えたのが5か月というのも。
本人への傷害はもちろんだが、こんな処方を許した薬剤師、保険請求を通した側の責任も問われるべきです。
一般国民は、税金がこんなものに使われていることをちゃんと意識しないとダメです。
沢山被害者居るでしょうね。
こんなの不正請求で保険医指定はく奪ものですね。

No title

私は、数がかぞえられないのかも・・・。81錠のような気がしてなりません。
多剤大量処方には間違いないのでしょうが、錠数で考えるのは、意味があるような無いような・・・。
たとえば、デパスが0.5でなく1を使えば3錠で済むし、レボトミンの5と25を3錠ずつ1日3回出していると、それだけで18錠になるけれど、50を1錠ずつ1日3回にすれば、そのほうが成分量は多いのに、3錠で済んでしまってマイナス15錠になってしまう・・・。

No title

すみません
断薬中のサウナは効果ありますか?

No title

>21:26さんへ
確かに81錠ですね。もう一度本人に確認してみます。
まあ、本筋で変わりはないんでしょうが・・・

>08:53さんへ
医学分野では全く興味ないようですが、効果あると思いますよ。
ナルコノンの違法ドラッグからの離脱率は85%を超えます。

No title

中身を一部訂正しました。その内容のほうが酷いので、ま、みてください。

なんどもすみません・・・

遅発性ジスキネジアは
たとえ服用期間が1ヶ月ちょっとでも
遅発性ジスキネジアというんでしょうか?〔飲んでいたのは統合失調症の薬(メジャー)です〕
やめてから出たのも?

アカシジアも服用期間1ヶ月弱でも
やめて出た場合 遅発性になるんでしょうか?


調べましたがいろいろなことがのってあって
わからなくなったのでお聞きしました。
よければ教えていただきたいです

太郎

最近、医者は外科、救命救急、小児科、歯科以外は存在価値なく、存在してることで病人が増えてるような気がしてなりません。

特に精神科医、皮膚科は存在自体が罪。

今日の日経電子版にもしょ~こりもない記事が!

極端なあがり症は病気だそうです(笑)


だれかリンクさてあげて

No title

日経の記事はこちら。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK26012_W2A920C1000000/

それよりこっちの方が面白いよ。悪口ばっかりで。
ついに精神科医が登場するようになってきたか?
「内海聡について語りましょう」
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1346426769/
http://read2ch.com/r/hosp/1346426769/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>09:01さん
今見ましたよ。部分的には間違ってないんじゃないですか?
ま、でも恥ずかしいにもほどがあるけどね。関係者みんな
失笑してるよ・・・

結局昔の某精神科医と同じ、聞こえのいいこといえば、被害者
達は寄ってくる。永久に被害者意識が取り払われることもない。
何でも手とり足とりお世話してもらわないと気が済まないのよ。
人気取りしてまねっこすればいいんだもん。

嫌々、キチガイ医どのへのこの手の意見はあまりにステレオタイプ過ぎて飽きました。

医師の落ちこぼれ集団のさきとこどこへ向かうのか?

ダルクなんかはかなり迷惑してるよですね。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2chの記事も読ませて頂きましたが、精神科医の精神がどれほどすさんでいるのかがよくわかりました。

私は信念をもって行動しておられる内海先生を心より尊敬いたします。
これからも頑張ってください!!!

No title

>16:24さん
仰る通りありな発想だと思いますよ。ま、もう少し様子を見ていてくださいな。

薬物に厳しいシンガポールあたりじゃ精神障がい者は障がい者扱いにはならないよね?

たまに精神障がい者で刺青居れてるやついるね。

断薬

はじめまして。とんでもない数の処方ですね。でも止められてよかったですね。私はドグマチール、リフレックス、レキソタンを服用しています。3月にドグマチールを断薬してから食欲不振、吐き気が続きここのところ食べるときに気持ち悪いと意識してしまい食べることが怖くなってしまい、ドグマチール半錠を戻しました。あまり変わりはありませんが、リフレックスの減薬をしたときにかなり離脱症状が出たので不安です。
リフレックスの減薬法、他のお薬の減薬法また断薬後のケアなどありましたら教えていただけますか。
よろしくお願いします。

No title

精神科は今日もやりたい放題
大笑い精神医学
心の病に薬はいらない
を読んで。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR