厚生労働省との返事

今日はケビチャンとアリスパパと三人で、厚生労働省にいってきたで。何しに行ったかて?そりゃ3月27日に提出した要望書の要望が、その後どうなっとるか聞きに行ったわけよ。その内容が余りにもおもろくて情けなかったから、なんとなく言語変えて書いてみることにするわ。

合同講演会「子供の声を聞こう!不登校は精神疾患ではない!」
日時 9月22日(土)14:00~16:00
会場 北区立滝野川西区民センター 第一ホール(6F)
参加費 1000円メールによる予約制になります(名前と電話番号をお伝えいただければ結構です)。
sosokikaku@gmail.com
 
サピオの第二回もお忘れずに。

精神医療改善のための要望には大きく分けて10項目あったんや。その内訳は要望書見てもらったらええけど、いちおー上げとくと
1.自殺者(未遂者)及び中毒死者の死因の徹底究明
2.厳密な診断・投薬ガイドラインの策定
3.バルビタール系薬品の規制
4.TDMシステムの普及
5.レセプトチェックの厳格化・科学的根拠に基づくレセプトの審査
6.患者からの苦情、副作用報告を受け付ける組織の設立
7.処方薬による薬物依存者の治療施設の開設
8.日本版サンシャイン法の立法・施行
9.受診キャンペーン広告の禁止
10.職場健康診断でのメンタルヘルスチェック義務化法案の撤回
の10個や。この10個こたえるために今日はよーさんの官僚が集まってくれよったで。こっち三人やのに相手15人近くおったんちゃうかな?もちろん録音もしたで。後でもっかい聞きなおそおもとるけど、とりあえず大体の内容だけ書いとくわ。

まー一発目から度肝抜かれたわ。最初に精神なんたら課の担当員がいいだしたんやけど、自殺とか病院の死亡とか中毒死とか調査する必要はないって断言したわ。正確に言うと4番から話がはじまって、そこはアリスパパが相手としゃべる形で、たいした問題ない形ではじまったわ。それが一番のキモからこれや。今日こそアリスパパとケビチャンに任せよおもたけど無理やったわ。大体二人も二人や。ケビチャンは厚生省は何十回も相談したことあるし、アリスパパも10回くらいは来たことあるいうてたわ。それがアリスパパはまるう言うからていうし、ケビチャンはキレてください、そうやないとあいつらわからへんから言うし、キチガイ医も困ってまうで。ちうても結局性格通りに三人対応した気がするけど。

さすがにアリスパパも調査する気ゼロには、「全面戦争でっか」って言うとったな。キチガイ医がキレてアリスパパも脅しはいってさすがに、ちょっと差し戻しになったけど、なんで精神なんたら課がここまでやる気ないかようわかったわ。なんとその担当官は精神科医なんよ。冗談ちゃうで。こんなとこまで入りこんどんかい、マジどうしようもないやんと思おたわ。

あとのは全部なんとなく頑張りますっちゅう返事やったけど、結局やる気はないんやというとったようなもんやな。子供の向精神薬投与だけは規制してくれやいうたけど、子供でほしがっとる親がおるから難しいんやいうとったわ。どこの親やねんそれ?く○ら会かえ○そ○くらぶか自○症協会の親どもか~?それとももっと古ーい家族会の親どもか?どっちにしろ親の意見なんてくそくらえやな。

バルビツールはまだ可能性感じるとこあったな。苦情システムもまんざらやなかったな。後は政治家の力も必要やなってアリスパパも言うとったな。ケビチャンは聞き役ぽかったけど最後になって能弁やったな。労働メンヘル問題やからしょうがないけど、おとなしい割にがんばってしゃべっとったで。発達障害支援法のウソとおんなじやないか、もっとひどいことになるでいうとったな。発達障害信じるアホってこんな事も知らんのやろうな。もういろんな良識派精神科医とか改革派精神科医のニセ処方はどんどんあつまっとるで。こんなん人格の問題ちゃうからな。ま、本題ちゃうからええけど。

要するにここでもメンタルヘルスチェックは精神科医につなげるものではありません、って言うとったわ。途中小康状態やったキチガイ医にまたスイッチが入ってもうたわ。もう最後でまとめくらいの時間やったけど、お前ら国民殺す気か、やる気あるんか、改革やってヒーローなるんか地獄落ちるんかはっきりせいや、って厚生官僚に説教垂れてもうたわ。
こっちもどんだけ怒ってもちっとも晴れた気はせんわ。むしろこりゃもうあかんて絶望感ばっかりやな。でも使えそうな官僚もわかったから収穫なしとはいえんかもしれんな。

また交渉はするけどな・・・こりゃ政治から攻めてもなんか変わる気はせーへんなと改めて思おたわ。もっと追い詰めなあかんのかもしれん。もっとメディアも著書も使って宣伝せなあかんのかもしれん。でもやっぱ期待はできんやろ。とりあえずこいつらはろくでもない法案だけださせんようにして、最低限の規制を通してもらうようだけ頑張ってもらうくらいや。やっぱ精神科そのものとか製薬会社そのものとか、そういう奴らそのものをたたかんと話にならんと改めて一日思おたわ・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

怠慢厚生労働省

こんばんは!今年の3月27日に東洋医の処方箋でおなじみの内海聡先生他数名の方が、厚生労働省に行かれ要望書を提出しました。 その回答が先日あったみたいなので、一部引用とまとめ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

抗うつ剤の副作用

16種類の抗うつ剤を処方しておきながら、一度も血液検査しなかったので、一年三ヶ月で腎臓を壊され、現在、人工透析になってしまった。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

弁護士もやりたい放題

弁護士もやりたい放題だよ。
このエントリの主旨と違うけど、弁護士の方がやりたい放題。構造的にそうなっている。
ブログで他の社会問題にも、口出しする旨書いてるなら、弁護士はなぜやらないの?
医師法と違って、弁護士法には義務も罰則もない!!!
これを大幅に改正するか、弁護士自体を無くして、実力主義にするかしないと、ますます国力が衰える。
こんなガン細胞みたいなもの作り続けてどうするんだろうと思う。

紀藤弁護士に限らず、良い弁護士なんて居ない。
悪い事をしてない弁護士が、居るだけ。

直接支給されるお金は給付から貸与になったが、それでも弁護士を作るには公費をたくさん引っ張られる。
じじいの天下り先確保と医者なみにバカ息子を跡継ぎにしたいやつらの思惑が絡まって出来たロウスクールなんて無くすべきだ!!!

これもやって!!!!!!!!!

No title

弁護士ならいくらでも撲滅を叫んでも良いよ!

弁護士不要論ってあるけど、そんなに極端な話でもない。
企業法務はどうなるのか?と問われるだろうけど、何も変わらないだろう。
法律の知識がある人が、雇われるだけのはなし

弁護士ならいくらでも撲滅を叫びますよーーーーーーーーー!

No title

CCHRと共闘してるのが残念だが

弁護士撲滅についてなら、CCHR が撲滅を叫ぶなら、その部分だけ共闘してもいいくらいに思う。

してくれないだろうけど。

弁護士なら無くす事ができる。資格や立場を無くすということだから。
署名して、司法試験撤廃とかできないのかな

できるできないじゃなく声をあげる事が大切、と思えば声をあげるのも意味がある。
精神科医撲滅を乗せられて叫んでる人たち、弁護士もついでに言わない?


弁護士に関わる人は医者に関わる人より圧倒的に少ない。
離婚とか交通事故に遭わないで一生終える人のが圧倒的に多い。
だから、一般の人の目が届きにくい。

弁護士と精神医療は関係ある
弁護士が弁護士の仕事をちゃんとしたら、精神医療の問題も少なくなる。

弁護士何とかすることも考えて欲しい



No title

内海医師も、拡散協力の一つでもしてくれたら信用も出来たかもしれないが
何一つ自主的にやらなかった

弁護士は、基本的人権に関する事を仕事としているくせに、それをやらなくても何の罰則もない。

医師は診療時間でも道端で合った人でも治療の必要がある人を放って置いたら、それがばれたら法律的には咎められるんじゃなかったっけ?

弁護士は、職務中でも、自分が気に入らない仕事は断る事ができる。

弁護士の逮捕率はヤクザに匹敵している。
こんな危ない人種に、基本的人権が侵害された相談なんて出来るわけない。
危なくて

こんなにも放置して、精神科医撲滅!もないもんだ
CCHRにもお抱えの弁護士がいるから弁護士には甘いんじゃないの?

弁護士なんて、パワハラし放題じゃないの?

内海医師も、拡散協力の一つでもしてくれたら信用も出来たかもしれないが
何一つ自主的にやらなかった

弁護士は、基本的人権に関する事を仕事としているくせに、それをやらなくても何の罰則もない。

医師は診療時間でも道端で合った人でも治療の必要がある人を放って置いたら、それがばれたら法律的には咎められるんじゃなかったっけ?

弁護士は、職務中でも、自分が気に入らない仕事は断る事ができる。

弁護士の逮捕率はヤクザに匹敵している。
こんな危ない人種に、基本的人権が侵害された相談なんて出来るわけない。
危なくて

こんなにも放置して、精神科医撲滅!もないもんだ
CCHRにもお抱えの弁護士がいるから弁護士には甘いんじゃないの?

弁護士なんて、パワハラし放題じゃないの?



銭勘定し放題だし
精神科心療内科などメンタルクリニック医師たちが、情報交換のような雑談のようなのを話してた過去スレで、今日は新患が何名とか経営を考えた会話に学生の患者がショック受けてたら、謝って慰めてたが、こんなのかわいいもんだよ。
弁護士は、普通に困ってる人傷ついた人の前で、それを堂々とやる。
やってもお咎めなし。

前言われたのは、共○党国会議員事務所で、弁護士の無料相談で、「賠償金が数十万だから、弁護士が嫌がる」
この時支部は弁護士の紹介は、別にするつもりで、とりあえず無料相談があると言われ行っただけで、そこで依頼する目的で行ったわけではない。
だから、断る口実でもない。
帰る時、恭しく赤○を渡されたが、誰が購読するか!と思った。


同じ政党で別口の相談で、また紹介され、このはなしをしてもそれでもなお紹介すると言ってたので、今度はちゃんとした人かと思ったら、最初言ってたことと違って来て、相手方に弁護士が付いたから交渉したいと言い出し、それだけでなく法的根拠がないイオンの本屋にある本にも載ってるようなことで間違った事を言い出し、訴訟を諦めさせようとしてきた。
賠償金数十万だと、弁護士には数万しか渡らない。内容証明一本とほぼ同じ値段。割に合わないわなぁ。。。
経済的問題なのを誤魔化して来るのが許せない。
紹介した人が働いてた市会議員事務所の市会議員が選挙に落ちたので、連絡が取れなかった。
選挙に落ちなければ、こんなことしなかったかも。

スジをナンボのところがこんなんだから、一部地域を除いてどんどん議席を減らしてるんだろう。

この弁護士は、内海先生よりは露出は少ないけど、すごく話題になったある企業のカローシ裁判をやって、AP 電にまで出て名を売った。
こういう人は名誉欲もすごいと思う。

この話、内海先生の知っている報道の人とか、取り上げてくれないかな
今まで聞いてなかったけど、聞いてみれば良かった。他にも聞いたり呼び掛けすれば良かったかも。
嫌がられても。

この政党のことなどは、日本社会のセーフティネットの無さを浮き彫りにしているので、公共性公益性あるテーマだと思う。

ちなみに、この政党の弁護士にトラブルがあり断られた場合、この政党系列の他事務所も、鉄の掟で契りを結んでいるかのごとく、皆忙しい等の理由を付けて、断って来ます。
まるで、カルトです。

No title

ほんまに、えらい大変でおましたなー・・・
精神なんたら課のおっさんは羊の皮野郎ですかいな。
これは、おケツの毛の最後の一本まで毛むしってやらなあきまへんな!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ様でした。

すばらしい記事、ありがとうございます。
ヤレヤレと思わせつつ、それをユーモラスに関西弁に昇華できるセンスは素晴らしく、シリアスさに欠けるところが最高ですね。

暗くなろうと思えば、どこまでも深刻に暗くなれるこの業界で、笑い飛ばしながらやることやっていくことは、すごく大事っす。

深刻に精神医療の問題点を解決しようとした人は今まで、何万人といたとおもいます。家族を殺された人の深刻さは凄まじく深いもので、そうやって精神科医を恨んだ人は星の数だけいるでしょう。だけどほとんど誰も何もなし得ませんでした。

正しい事をやっているのですから、明るく元気に、ブラックユーモア交えながら、やっていって欲しいです。

ところで、弁護士とかの件。

弁護士は、どれほど愚かで、弁護人の利益ではなく自分の金儲けしか考えてなかったとしても、それでも、精神科医みたいに人殺しに近いような事や、他人を薬漬けにするような、人間としてしてはいけない人権侵害を犯しているわけではないですからね。
悪徳弁護士も中にはいるのでしょうが、全ての弁護士が悪徳というわけではないでしょう。

批判を向ける対象として、邪悪さの度合い、問題の深刻さは、とるにたらない軽さです。
月とスッポン、太平洋と琵琶湖くらいの違いがあります。
どちらも、物事を見通せない人からみると、同じようなデカイ水たまりにみえるかもしれません。

残念な事に、聡明の文字を名前につけてもらった人は、他の人より、著しく聡明になってしまう運命なのかもしれません。
他の人から見たら、あまりの聡明さのために理解してもらえない事もしばしばあります。

聡明な人は、物事の最も危険な問題を先に処理します。
殺人鬼一人と窃盗犯99人がいる場合、愚鈍な人は、
「全員犯罪者だ」と言って、100人を批判して、全員を捕まえようとして攻撃の矛先は分散してしまい、労力のわりには、犯罪を取り締まる事はできないでしょう。

聡明な人物は、攻撃を集中させ素早く殺人鬼1人をつかまえ、それが完了すれば、次に攻撃を集中させ、銀行強盗や宝石強盗を素早くつかまえ、その後は「万引は犯罪ですよ」とか「お母さんのサイフからお金をとってはいけません」というポスターでも作ります。

犯罪社会の防止という意味で、本当に効果を出すためには最小限の労力で最大限の効果を得る必要があり、それが聡明な人のやり方です。

攻撃は、分散じゃなくって、集中。
-----
社会問題の中でもっとも深刻なのは
弁護士問題ではなく医療問題。
医療問題の中でもっとも深刻なのは
他科の問題ではなく、精神医療問題。
精神医療で問題になるのは、被害者や家族会のいざこざよりも
精神科医の問題。

認知行動療法や心理カウンセリングの愚かさや効果のなさよりも
精神科治療薬の問題。

精神科医の中でも無知だけど善良そうな能力不足のヤツの批判よりも
積極的に患者を大勢薬漬けにして、全く善良ではない精神科医への批判。

全く善良ではない精神科医の中でも、
邪悪さが外面にでているような見分けやすいやつよりも
善良そうなふりをしていて誰にも見分けられないけど、
心底から邪悪なヤツ。

こういう本当にやばい所に矛先を集中するのが大事です。

お疲れ様でした

ふぅむ…先生の著書、『精神科医は~やりたい放題』拝読したお陰で微妙な心持ちでの業務。む~…当院の医局にも置いてあり、とりわけ社会学系の爺指定医が熱心に読んでましたよ。しかも診察室では説明をパクってる。

No title

「子供の向精神薬投与だけは規制してくれやいうたけど、子供でほしがっとる親がおるから難しいんやいうとったわ」

アリスパパがこの件を、大手新聞の記事にしてくれるようです。きっとアリスパパのことだから「絶対にほしがらない親」を出してくれることでしょう。規制が無理なら、「精神科に行かない権利」「精神医療を拒絶する権利」をまずは認めてもらいたいですね。これは差別や偏見ではありません。当然の権利です。

児童精神科医は子供の人権など考えていないのでしょう?ヘルシンキ宣言とか意味ないじゃん。精神科医と親だけで決めちゃって、その子に障害などなかったら、誰が責任とるんですか?100歩譲って、障害らしきものがあったとして、どうして医療が教育に介入するのかよくわかりません。教員の指導力の問題や教育システムの問題でもあるのに。

子供には知る権利、選択する権利はないんですかね?

No title

私は「調査する気ない」というのはやる気がないというようよりも、「やばすぎて調査するわけにいかない」ということだと思っています。もし本当にやる気ゼロなら15人も来ないでしょう。官僚の辞書に「調査」という言葉はないはずです。間違いを認めることになりますから。きっと大きな薬害事件に発展するはずです。

アリスパパの爆撃第一弾の新聞記事はどんな内容になるのでしょう?「子供と女性」というのは社会に与えるインパクトが大きいのです。彼らに都合の悪い、御用がいるナショナルセンターだったらいいですね〜

アリスパパは人格者だからかえって怖い。精神医療の闇を知らない一般の人には、怒り狂った被害者が出ていっても、どん引きされて終わりですから。官僚にはそれがよくわかるから、怯えているでしょう!!

若手じゃなくて、その上が出てくるように、どんどん攻撃してしまえ!!

No title

5か月弱待たせてこの程度の回答とは情けない。
真に国民の健康を考えるのが仕事のはず。
攻めやすい所から攻めて行くのがいいと思います。

No title

めんどくさいけどいちおー書いときますが、こことかキチガイ医とか他の人誹謗中傷するなら、別のとこにかいてね♪ここにかいたって承認されるわけないよ♪うちにかかりたくない患者も、さっさと転院しようね♪

ちゃんとした大人として行動していきましょー

>精神科医と親だけで決めちゃって、その子に障害などなかったら、誰が責任とるんですか?

犯罪者は責任をとらないから、犯罪を犯しつづけるんです。
もう少ししたら、法改正で親の同意なしで精神科医の判断だけで子供を入院させることができる権利を精神科医が得ようとしてまして(日本でだよ)、いま、まさに瀬戸際のギリギリのところにいます。

精神科医たちは、もちろん「親の子に対する適切な医療を受けさせないという虐待がある場合があるので、それを止めるために親の許可がいらなくする」
みたいに都合のよい理由を並び立てるわけですが、
実際には、精神科医が子供を薬漬けにしようとする時に邪魔になるのは親なので、親から権利を奪おうとしています。


>どうして医療が教育に介入するのかよくわかりません。

子供の時から薬漬けにしておけば、金儲けや薬物支配がやりやすいからですし、親にも薬物配付の罪をかぶせておけば、精神科医の犯罪性がごまかせるので、そのためです。
高齢者を薬漬けにしても10年くらいしか儲かりませんが、子供を薬漬けにすれば60年70年くらいお金を落としてくれますから。


>子供には知る権利、選択する権利はないんですかね?

精神医学には、人の権利を認めるなんてことはないです。

犯罪者たちは、社会のもっとも弱い部分から食い物にしていくつもりでしょう。


>きっと大きな薬害事件に発展するはずです。
以前、自分のブログで試算しましたが、水俣病の100倍クラスの被害をもたらしていますから、すでに異常に大きな薬害事件です。
世界的に見ると何年間にも渡る被害者数を考えると、大戦の戦死者被害を超えます。
単にメディアで報道していないだけ。
メディアが報道しない理由は、単に製薬会社は大きなスポンサーなのと、メディアの上層部と精神医療はしっかりと結びついているんですよ。

メディアが報道しなければ、それは薬害事件ではないと思いこむ事自体が、すでにちょっとした洗脳にあっています。


次の世代を守ろうと行動する人が増えて欲しいです。

誰が子供たちの命の責任をとるのか。
大人である僕らが、この現実を知り、精神医療を撲滅するために一人一人が責任ある行動をして欲しいです。
大人である責任とは、次の世代の子たちを守るということです。

うちの会社の窓からみえる心療内科。(精神科とも後ろに書いてある〕最近、患者、いや顧客が減ったような気がします。
てか、出入りがすくないし、近所の処方箋薬局もガラガラ(笑)

なんせ、駅付近の書店の精神医療の棚のどまんなかにキチガイ医様の本がこれみよがしにおいてあるからかな!?

これが庶民の自然な感覚で、世間ではカルトまがいの科学なんぞ無視のなんとか医学は淘汰されようとしています。

そりゃあ、患者はともかく、周りはみんな治療してひどくなっている。あるいは治療の効果がないのをみてきてますからね。

No title

15人て・・・。録音聞きたい。

あいつら、ゴキブリのようにしぶといので「気がする」程度の減らし方じゃあ油断も隙もないですよ。
2007年か08年あたりに抗鬱剤の危険性が報道されまくって、売り上げ下がった!と喜んでたら、ちゃっかり統合失調症薬を売りまくっていましたから、ひどいもんですよ。
患者数を1/100にするくらいの勢いで考えていきましょう。
320〜350万人いる精神病患者数さんが、誰も受診しなくなり3万人に減れば、精神科医は飯を食えなくなり消滅します。

精神科を受診するなんて、死ににいくようなものだ、誰も行くべきではないと伝えましょう。

あまい! 精神科医療の場そのものの存在を根絶やし! 自分が希死念慮の日々で入院中に受けた言葉「誰もあんたを患者なんて思っていないんだから、早く消えてくれないかなぁ」を、そっくりそのまま返したい! 「誰もあんたらを医療者とは思っていないんだから、さったと消えてくれないかなぁ」…私が誰か? この一文でもう分かったでしょう、某病院さん! 失礼

長期戦

やるせないですね。

ご苦労さまです。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR