妨害者たちの変化とキチガイ医

最近妨害者たちの書き込み内容が微妙に変わってきていることがある。これらを含めて最近の話題やこの前やった講演の一部、ネーミングの変化についても書いていく。

合同講演会「子供の声を聞こう!不登校は精神疾患ではない!」
日時 9月22日(土)14:00~16:00
会場 北区立滝野川西区民センター 第一ホール(6F)
参加費 1000円メールによる予約制になります(名前と電話番号をお伝えいただければ結構です)。
sosokikaku@gmail.com
 
サピオの第二回もお忘れずに。

最近の変化の特徴は、昔なら反精神医学的意見であったり、反医学的意見であったりというのを「アホ」だとか、「少数派すぎて聞く価値なし」的なモノが多かったのに、最近は「なぜ人(精神医学賛美者)の意見を聞かないのだ?」とか「薬で救われている人もいる」的な、ある意味どっちが多数派かわからない意見を交えて中傷してくることが多いという点だ。これはわかる人ならわかるだろうがボディーブローがすさまじく効いているということであろう。メンヘラーが自分の疾病利益獲得に躍起になっているともとらえられるが。

これを嘲笑し虚仮にしないで何を虚仮にしろというのだろう。精神医学者たちとか精神医学賛美者達とか(代表格は家族会ね)人の意見とか聞いたことあるんだっけ?そのオマエラが人に意見を聞けとか偏狭的だとかいう?もう笑いが抑えられない!そもそも徹底批判するのが偏狭的ならそれで結構だけど、精神科医や毒親の偏狭ぶりと廃人や殺人ミッション遂行能力はむしろ称賛に値する。君たちはむしろ完全なる極悪党とその手先として忠実に役目を果たしてきたが、もうすぐ分岐点が来るということだ。オマエたちみたいな本気の悪魔崇拝者もどきが幅を利かせる時代は終わろうとしている。そのとき同時にキチガイ医にも終局が来る。

私は最近自らをキチガイ医とネット上では名乗っている。東洋医と名乗ることはほとんどなくなってしまったが、このブログの改名は少しタイミングを待とうと思っている。そもそもこのブログには記録文書以上の価値がなくなってきつつある。ツイッターのフォロー数も日々増えているし、フェイスブックのほうが相手が誰だかもわかるし批判も議論もしやすいし、アクセスブロックもかけやすい。私の書いていることを本気で追いたい人はフェイスブックを見るかフィード購読するか友達申請してもらった方がいい。

そしてこのブログに平均的な意見も中立的な意見も妥当な意見も必要ない。このブログの目的はいまや精神医療撲滅でしかない。最初そうでなかったのは不勉強だったからにすぎない。CCHRに出会わなくても(遅くはなったかもしれないが)必ずこの領域(反精神医学という意味ではない)に入ることは今から思えば既定路線だったと言える。実はそういう人間が思ったより多いことをどんどん発掘しているからだ。そしてこのブログは本気で精神医療を憎み、親を憎み、製薬会社を憎み、社会を憎むものが、書き集い意見交流すればいい。アホなヘビーメンヘラーやアノニマスは2chにでもいって、キチガイ医の悪評を垂れ流しておけばよい。認証制だしこのブログでコメントにより法律的問題が起こった場合は、もちろんキチガイ医が責任をとるので心配はいらない。どんどん暴露すればいい。

最近なぜキチガイ医を名乗るかだが、私は一時20代後半から30代前半にかけてバランスを重視しようと努力したものだった。東洋医学を学んだのもそれが理由だし、それはやはり10代のころや特に20代前半などイケイケ体育会系の徹底主義だったので、反省したほうがいいかなとふと思ったからだ。しかし思い返してみればこんなミステイクはなかったといえる。この考えはすでに人に追従していたに等しく、問題を根底中の根底から見つめることを妨げてきた。だから私は今キチガイ医を名乗る。人は徹底的に自分の信条にしたがい徹底的に闘えば良い。それらの評価は後世の人間であったりが決めることだし、結果自体も戦争の結果がどちらに転ぶでしかない。

キチガイ医の最たる例として私はフェイスブックに以下の例を挙げた。ところがフェイスブックでは好意的な意見が多い。やはり匿名だとクズがクズらしい意見しか書きこまないのである。だからブログの価値はシフトしつつある。

私は自殺企図をする患者さんにやめろなどといったりしない(一応昔は言っていたのだがやめてしまった)。答えは「じゃあ死ねば?」である(薬物副作用は別ね)。厳密に言わなくてもたぶん立派な法律違反なんだろうが、医師廃業をもくろむ私としては別に怖い事もない。しかも精神科医同様、司法の方々が頑張って医師を守ってくれるかもしれない。まあそんなことは置いといて、話の続きはだいたいこんな感じである。「でもやるのだったら昔の武士みたいに白装束を着て、遺書を書いて、家族全員納得させてからやってね♡」さらに続けると、「ちゃんと腹かっさばいて死んでね♡いつでもここから転院していいのよ~だって僕キチガイ医者だから♡」

精神医学でもっと多いのは家族が憎いとか家族に暴力をふるうとかだが(このほとんどが強制入院になるのだろうが)、私はこの時も似たようなことを話す。「いいよ、殺しちゃって♡。だって何年何十年も薬飲まされて虐待されてるし、人間扱いされないんだもんね。ついでに主治医の精神科医も殺してくれるとありがたい♡」

私は精神を治す治療家ではさらさらないので、そんなことをする気もさらさらない。当院で行っているのはひたすら医学的、薬学的、薬害的視点からの薬の整頓や中止、ただそれだけである。ここでアホたちはかならず「あなたはそれを精神科にかかりながら、治らないで苦労している患者や家族に言えるんですか」という。このブログの読者にはこの言葉の無知さが分かろうが、アホか!何十回でも言えるわ!と断言しよう。大前提としてそんなことにさせないし、もし何か家族が精神的苦痛に陥っても、そして私が医者でなくても精神医学の惨状は必ず調べて、他の方法を探るに決まってる。さらに言えば発狂しようが錯乱しようがどんな変な行動を取ろうが、殴りに来ようが殺しに来ようが一旦信じると決めた家族になら殺されたるわ!それが友人でも一旦完全に信じると決めた友人なら殺されたるわ!周りの迷惑考えるなら離れ小島にでも住んでゆっくり暮らすわ!

あらゆる精神薬を投与する親というのはどこまでいっても親たる真の役割を放棄し、猛毒を子供に垂れ流している毒親である。ちょうど私の子供は今2歳半、2歳児反抗期の盛りだが、どれだけ「パパクサイ」といわれようが「パパキタナイ」といわれようが、「あっちいって」といわれようが「キライ」といわれようが、路上で泣き叫ぼうが転がりまくろうがお店で迷惑行為しようが、どこで歌おうが踊ろうが鼻くそホジろうが錯乱しようが、本質的に私は一切困らない。もちろん人並みに躾けてはいくつもりだが、これが何歳になっても一向に困りはしないのである。もちろん娘が本当に悪いことをした場合体罰を振るうこともあるだろう。それで私を将来殺しに来るならそれは受け入れればよい。その意味を伝え損ねた私の不承に過ぎない。だがここまでの覚悟をもって精神医学問題に向き合った親を、私はほとんど知らない。まさに私が今交流しているほんの一部の親たちだけである。慰め合いと被害者ヅラでもりあがる家族会の面々たち、どうぞ地獄に落ちますように。一緒についていきますよ♡

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先生、このままでは色モノじゃないですか?

サイエントロジー(CCHR)にさえ関わらなければ、精神医療批判は時代に先駆けてたという捉え方をされたでしょうに。

先生は元々、世の中の主流派と言われる人々や権威をわりとマトモなものとして捉えていたのでは無いかと思います。
(または、力あるものは、ある程度は善とかある程度はマトモという捉え方)

それが、思ったより酷かったのを知って驚いて、力あるものとしてCCHRに、近寄られてしまったのではないかと。。。

永遠が信じられなくなったというか
利休が秀吉に言った「あなたは一代で終わるが、私は末代まで続く」という言葉の意味が、わからなくなってる(か、元々わからなかったか)

東洋医学もあまり好まなくなったそうですが
子供の疳の虫の薬 抑肝散 でも漢方薬局で処方してもらっては?
(今検索したら 抑肝散はもっと他の精神疾患にも処方されるようになってましたが、そういう意味じゃないです)


犯罪者たちには是非汚名を晴らして欲しい

私も以前は精神医学を憎く思っていました。

今は、彼ら犯罪者を可哀相に思います。人殺しという汚名は簡単に洗い流せるものではありません。

誰も精神科医の事を面と向っては「人殺し」とは呼ばないかもしれませんが、自身の胸に手を当てて考えてみると、自分が人殺しに違わないことを、精神科医は誰よりも深く自覚していることでしょう。

わたしは犯罪者になりさがった人たちが犯罪から足を洗えるように助けていくつもりです。

罪を憎んで人を憎まず。
精神科医、個人個人が犯罪者として刑務所に入るべきか否か、殺した患者に対して何を贖罪すれば、自分自身を許すことができるのかは私にもわかりませんが、罪を償い、真っ当な真人間に戻りたい精神科医は、一刻も早く私に連絡して欲しいです。

私のブログはこちらです。
精神科医は医者じゃないです[白衣を着た売人です] - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_3210

私は罪を償おうとする精神科医を支援します。
そして犯罪をやめる勇気を持てる精神科医は賞賛したいと思います。

精神科医という職業の犯した犯罪は確かに大きいものです。積極的に麻薬覚醒剤を売りさばき薬害を広げた罪、それを合法的にごまかして巨額の利益を得られるように嘘の広告を出した罪は、社会にとってかなり大きい害なので、それはそれなりに、多くの人に許してもらえるほどの何か償う行為をとる必要があるでしょう。

ですが、精神科医は自身で死刑を望んだり終身刑を望んだりする必要はないと思っています。何年かかるかどれだけ反省すればいいのかはわかりませんし、みんなが許してくれるのかどうかもわかりませんが、

精神科医だって罪を償えば、真人間に戻れる。と思っています。



精神科医という名の犯罪者たちの更生支援をするとともに、
いまだに犯罪的な依存薬物配布を続ける精神科医の犯罪には断固抗議します。
依存性の薬物で患者さんの健康を傷つけ、人生を破壊していくという非人道的な行為を許せるわけはありません。

患者さんを守るために、依存薬物配布という許されざる犯罪はやめさせます。
白衣を着ていようとなんであろうと犯罪者の犯罪は許しません。


精神医療という名の麻薬覚醒剤ビジネスに本当の意味で完全に立ち向かう人がもっともっと増えてくれることを心より願います。
そして、すでに完全に立ち向かえる方々は、他の人が立ち向かえるように、様々な情報を教えてあげて欲しいです。


あと、過激な事を言いすぎて、連中に攻撃させるかっこうの材料を与えたりもしなくていいと思いますよ...(^w^;
と、自戒を込めて....書いてみました。

毒親

東洋医さんが、精神科医のみでなく毒親を批判するのは、もっともだと思った。
毒親のたまり場、あの掲示板、毒母親が、精神科医を批判してた。子供が入院を何度も繰り返すのは、何が原因か? 安定しない要因が何かを省みず、そんなに精神科を批判するなら入院させずに自分でみればいいのに、精神科医に責任転換してうんざりした。声を大にして言いたいなら、まず自分を省みるべきだと思った。

No title

先日はありがとうございました。

この記事とは関係がなく申し訳ございませんが、
「Donjinanさんにお会いして」 の記事を使わせていただきます。

よろしくお願いします。

No title

思想良心の自由があるので
「精神科=殺人、自殺教唆」と考えるのは
自由ですが(実際に薬の副作用でそれに近い問題
ありますが)
東洋医先生には娘さんがおられるのではなかった
でしょうか。(勘違いだったら済みません)

このような考え方なら
娘さんを精神科医から守るために
「娘さんより長生きする」または
「自分が生きているうちに精神科を撲滅する」
ということが出来ないと娘さんがかわいそうだと
思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

内海先生のブログは、おもしろいね。
橋にも棒にもかからん話だと誰も反応しないが、
本当のことを書くから反応が来る。
でもって、その人が「反応している部分」がその人がひっかかってる、もしくは人生においてトラブルを抱えてるとこなんだろうと客観的に思う。
(フラットな意見ではなく、反応している人の話ですよ)
で、おもしろいのは「だから、私の様に考えるのが正しいのですよ、ね、ね、先生、そうでしょう?さあ考えを改めて・・・」っていうフローが出まくってる人。
実に...ご苦労さまです。

No title

なぜ、「キチガイ医」という言葉を使っているのですか。
「キチガイ医者」は「精神科医」の古い蔑称なので
これでは、東洋医先生が精神科医と勘違いされる
可能性があります。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR