理解されたい心

Face bookより転載。
キチガイ医が申すに最も人を精神的に病気たらしめる思想の一つは​、「人に理解してほしい」という願望であるといえる。またまた、​と仰るなかれ。これは患者と呼ばれる人々を観察する限り最も多​い傾向なのである。

世界中どこの医療機関、医療施設であってもそれを満たそうとし、​家族はそれを医療者たちに任せようとし、患者はそれを執拗に人々​に求める。この永遠に得られない解を求めようとするがゆえに、人​々は精神的苦痛を深めていく。はっきりいってこんなものは医療機​関であったり、人が人に与える代物ではない。誰かが誰かを理解す​るなどということはあり得ない。要するに医療化思想の権化であり、後の権化であるがゆえに喰われる。

子供は何かあった時必ず親に聞いてほしいと思い発言する。人に理​解してほしいと願う人間ほどに、人を理解しようと試みることはな​い。単純に言ってこの願望は幼児期に伴うものであって、真にいい​意味での大人になっていない証拠である。精神年齢というのは死語​に近いがそれが低いということである。そして理解してほしいと考える人々は、事実ではなく​自己の都合を元に理解を深めさせようとする。それはつまり人をコ​ントロールしようという統制概念が、根底にあるからに他ならない​。

逆に言えば、幼少期にその願望が達せられていないから、大人にな​ってその願望が強くなるとも言える。ただこれはすべて真なりでは​ない。常に達せられてきたから、いつも達せられないと不満である​という成長の仕方も存在する。本当に子育てというのは難しいもの​である。

あなたが自分の心を強くしたいと願うなら、人に理解されたいとい​う願望を強くうち消そうとすることである。それは主張するなとい​うことではない。理解しあえる人は多くの説明がなくても理解でき​るのである。私は私を理解した人を今までの中で一人も知らない。​それを無理に求めようとも思わないし、私の主張を相手が理解する​かどうかは、その人が事実に忠実であるかどうかで決まるとしか思​っていない。やや宗教的だが執着や煩悩を生むということであろう​か。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【理解されたい心】

Face bookより転載。キチガイ医が申すに最も人を精神的に病気たらしめる思想の一つは​、「人に理解してほしい」という願望であるといえる。またまた、​と仰るなかれ。これは患者と呼...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そこまでお分かりなら

素直になりなされ
ご自身でもお分かりのはず
意地を張らないことです
図星でしょうか。

No title

「人に理解されたい」これは当然の欲求で、人に理解されなければ、集団の中で不利益な地位になりますし、想像力の低い人ほど、自分以外の状態を把握できず、感情だけでトンチンカンなことをします。
これを今は発達障害とでもいうのでしょうが、想像力の低い人間が上に立つと、イエスマンばかりの集団しか安定しません。

「理解できないことを言う」、これは統合失調症の診断の決め手になる行為ですが、想像力の高い医師なら、そのことも分析し理解することは可能かもしれないが、低い医師なら、早々に診断を下してしまうでしょう。

「理解」や「共感」されることは、裁判などでも重要で、理解されない、共感されないということで、刑が重くなったり、あるいは極刑にされることもあるでしょう。

このように、法律や、社会常識、慣習などは、「理解」「共感」の上でなり立っており、もし、自分は「理解されなくてもいい」と思い込めば、それはある意味、法をやぶることになり、身柄を拘束され、あるいは、命を奪われる可能性もでてくる。
そのため、だれしも、自分の主張をだれかに理解されたいと思い、自分の正当性を声高く主張する。

東洋医さんも例外ではなく、他からの反論や批判があれば、それに対しての反論を主張する。
そして、その主張に同意するものは残り、反対するものは去る。

少なくても、理解者がいてくれれば。こころは安泰です。

ただ精神病院はそうではありません。理解者はゼロでしょう。
理解するとうのは、こころであり、立場の問題です。
精神病は、こころや立場ではなく、脳の病気です。
患者を理解してしまったら、科学的な医療として成り立ちません。
理解する努力はせず、素直に言うことをきくように薬を飲ます。
これが現代医療のサイエンスです。

なるほど!

それぞれのご意見、自らの為にも…と、いつも通り「ああ、こんなお考えの方もおられるんだなぁ」と19:28さんのご意見も拝読しておりましたが、どうも違ったみたいですね。 >ただ精神病院はそうではありません。 理解者はゼロです。 理解するというのは、こころであり、立場の問題です。 精神病は、こころや立場ではなく、脳の病気です。 患者を理解してしまったら、科学的な医療として成り立ちません。 理解する努力はせず、素直に言うことをきくように薬をのます。 これが現代医療のサイエンスです。 …ですか? この下りの文面をあなたのご本意であると、額面通りに取らせて頂いてよろしいのでしょうか?

誰かについていくことには興味ない。自分がついていきたいなと思うのは、自分の魂とハートだけです。ぼくにはそれで十分。誰かに受け入れてほしいとも思わない。•••ジョニー・ウィアー

強いなーと思います。自分もこの境地に達したい。(出来るだけ早く。)

No title

まとめてのお返事になりますが、反論するということと理解されたいということは全く別次元の問題。事実に基づかないそれぞれの価値観の問題などどうでもいいことです。その価値観が間違っていようがなんだろうが、人々はそれにしたがい生きて最期を迎えればよい。理解者がいてくれればと願う心自体がすでに奴隷。誰もあなたの心を理解しませんし、したいとも本気で思っていません。理解するよと口に出してよってくる人間の思惑を、あなたが理解できていないだけです。脳に病気なんかないですよ。

人は理解されないほうが楽で心地よいという意味を知るべきでしょう。夫婦や親子でさえも理解し合わない世界です。毒親たちは最も子供を理解しないままに、子供を薬漬けにする道を選び、更に子供の立場ではなく自己の正当化に走る悪魔たち。子供が親を信頼するなどあり得るはずがない構図です。それでも子供は本能のままに親を信頼したいと願うでしょうが。

No title

先生はご家族と理解し合う関係ではないのでしょうか
奥様とワインを飲まれるのは何故でしょうか
御子息が可愛くはありませんか
そこまで頑なな先生が分かりません

友達はいたほうが楽です
私は友達が必要ですが出来ません
憂鬱な日々です
これは人として正常な感覚ですよね先生?

No title

私に言わせていただくなら「人に理解してほしい」という願望て、健常者と呼ばれる人々や自称健常者を観察しても多いですよ(笑)。東洋医さんの患者にもさぞかし多いことでしょうから、人間全般にみられる傾向かと。べつにいけなかないと思いますけど。自然な願望をおさえつけてたら、病気になりそう。

子供が親に理解を求めますね。でも、子供の言語能力では説明ができないんですよ。あるいは親が馬鹿で理解能力がない。それで暴れたり引きこもったりする。そうすると統合失調症とか自閉症とかにされるんでしょう。こういうときに、親に理解されようとするな、あきらめろと、子供に言います?東洋医さんでなくてもいいですが、親が周囲から叱り飛ばされるべきでしょう。

労働者が会社で正しいことを言う。でも、会社は善悪でなく損得で動くもので、正しいことが会社に利益のないことであれば、パワハラ解雇されたりする。それでうつ状態になったら新型うつとか、法廷で争えばモンスター社員とか、さんざんな無理解に遭うわけです。
さすがに世間にわかってもらうのはたいへんで、それはあきらめたほうがいい場合も多々あるでしょうが、家族や親友に理解してもらいたいと思っていいんじゃないですか。相互理解に努めない関係であれば、もうなにも家族でいる理由がないでしょう。

精神科医にわかってもらおうとするのはやめたほうがいい。
核家族化、単身世帯化で家庭がだめになっているのかな。

No title

>失礼ながらさんへ
確かに家族は他の一般人より私のことを理解しているでしょう。しかしそれと、私が家族に理解してほしいと願うことは別物だということです。家族でさえ私のことを半分も理解していないだろうし、私もまた同様でしょう。妥協するとすれば理解とは求めて得られるものではなく自然に発生するものです。家族観の理解は自然に発生します。欲しいと願うから精神病になります。私は本当に欲しくないのですよ。もし偶然でも半分くらい自分を理解する人が存在していたら、ラッキーであり幸福かもとは思います。しかし幸福を求めようとすると不幸になるのと同義です。自然な状態とは幸福な状態ではなくある程度苦痛な状態です。

>acaciaさんへ
その自然な願望というのは自然ではないというのが、このエントリーの本論なのです。際限なくそれを持つのは人間だけであり、そこからこそいさかいや執着が起こるとしているわけであり、だからこそやや宗教的だと述べています。ではacaciaさんが人々の理解を受け止め、全員理解してあげればいいのです。理解にはする方とされる方が存在します。どうしてみんなする方にはならないのですか?どうしてそれを医師や看護師や弁護士や心理士に求めるのか?それをこそクレクレ君だと評しているのです。

先生は強いのですか怖いのですか

参考までに自己評価をお教え頂けないでしょうか
強いとしたらどうすれば強くなれますか
弱者を強者に変えるには
やればできるさ????????????

No title

欲を少なく足るを知るということをおっしゃりたいのでしょうか?
追加です
寂しくありませんか?

No title

『理解して欲しい』という願望。
幼児期の子にとっては理解と言うか
『受け入れて欲しい』という願望では無いかと思います。
つまり存在していいかということの確認をしているのではと。
そしてそれが十分に成されていなかった場合、
先々で『理解して欲しい』という願望が出てくるのだと思います。
そして本当に親から存在を認めてもらえた子は
自尊感情が発達していて何事にも挑戦でき他者の理解など要求しません。
それとは逆に幼少期に存在を十分に認めてもらえなかった子は
自尊感情が欠けていて何をするにも他者の目を気にし理解者を求め彷徨うということになります。
(そしてそれを世の中では病気扱いしたりさせたりされたりしてます。)

わたしとしてはそもそも100%の理解など存在しないと思います。
100%理解していると錯覚を起こすことは人には可能かも知れませんが・・・。
そして100%の理解が無くとも相手の全てを受け入れるという態度があれば
人との絆は成立すると確信し今はそう子どもと接しています。

そして毒親とわたしが呼ぶ方々は"相手の全てを受け入れる"ということをしていないように見受けられます。
子どもがこうだったら愛し、そうでなければ愛せないといった具合の
"条件つきの愛"で愛しておられるかと思います。

"下手な理解"をするより"相手の存在をそのまま認めてあげる"ほうが良いとわたしは思う次第でした。
(その分適応範囲は家族と他僅かと狭いですがその方が以前理解を求めていた時期より断然充実していますw)

なんかまとまりなく書いてしまいスミマセン・・・。

No title

まぁ理解されていないから、反論を書く必要があるわけで。。。
そこには、相手を理解させたいという欲求もまたあるわけです。
東洋医さんと、クリニックに訪れる患者の違いは、やはり権力でしょうね。
権力がないものが、権力のあるものを理解させるには、非常に骨が折れます。
だから、そういうことはあきらめた方が身のためだというのは、仰せの通りだと思います。
それならば、権力のないもの同士で集まって、理解し合えばいいですし、だれもいなければ、一人で生きていけばいいだけです。

権力のあるものを理解させようとし、摩擦が起こり、その結果、病院に入れられてしまうのなら、そんなところからは距離をとったり、深く関わらないのが得策です。

No title

文面から、東洋医自身が、クレクレ君なんじゃありませんか?
それを口に出せる素直さが無い。
精神科ほど、想像力や、分析力を必要とする科は他に無いんじゃないでしょうか、その患者に対してクレクレDQNとか2ちゃん用語を使う37歳って幼稚ですね。
自分を理解してもらいたいなら、人間の心を持つべきです。
ここに来て読ませてもらってますが他の人のコメントも読みたいですね。
承認しないことには始まりません。
自分に都合の良いコメントだけ出していたら何も進歩しませんよ。
いつ医者を辞めるんですか?
ご自分の口から発せられた言葉には責任持ってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>精神科ほど、想像力や、分析力を必要とする科は他には無いんじゃないですか…だと? 何んの想像力だ! 何んに対する分析力だ! どこにそれを示して来たのか? では膨大な患者たちに実際は何をして来たのか? まさか「救って来た」などと、のたまわる気じゃないだろうな! >その患者に対して…??どの、どんな患者たちのことを指して言っているのか? あなたが患者かクズ側か知らんが、患者たちを愚弄し過ぎている! 充分煮えたぎった油に火を…水を…投げ込んだのと同じだということを分かっているのか!

No title

まあまあ、紙一重さん。こんなアホの挑発に引っ掛かっても意味ないです。実際承認する必要もなかったのですが、害虫駆除のためには時々はっきりさせた方がいい時もありますから。このアホは文章さえろくに読んでおらず、私自身の主張さえも一切理解できていないレベルなのです。もちろん他人の声なんて理解する気もありません。自分の都合がいいことしか耳に入らないという意味では、まさに精神科医そのもの。私は何十回も述べていますが誰かに理解されたいなんて希望してないのです。基本的にあなたのようなアホな存在以外、コメントはすべて承認しています。

クレクレDQNってのはまさにあなたのような、アホで人の意見を聞かず、自分の都合いいことだけを根拠なくいい、己の出自を明らかにもせず、欲しいものをねだり、人格攻撃だけを遂行するような人間を証して言います。それが患者であっても患者でなくても同じ。頑張ってIPアドレスばれにくいように操作したのかもしれませんが、やっぱりこういう人って曝しちゃった方がいいんでしょうかね・・・あなたのようなこの世の害虫たちがいなくなってくれたら、ソッコーで医者辞めますよ。このブログを読んでいる人々は、あなたのようなアホこそ人間の心を持ってないことを、よくわかっているようです。

失礼いたしました。 かの方々らは、まだ分かってないのですかねぇ? 結果的には東洋医さんが[ガス抜き]になってくれている形なんだ!ってことを。 確か「想像力と分析力がある科なんだ」…じゃなかったっけ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ひよっこがピロピロと、すみませんね。しゃべれるようになったばかりだから、つい。

07-10 12:12 続き 様へ、一方的にお話差し上げます。
私は、弱者を強者に変えようとしてはいけないと思っています。弱者と強者は、棲み分けて共生するものではないでしょうか。弱者(ノンエリート)が無理して強者(エリート)になろうとしなくていいではありませんか。どうやったって全員を強者にすることはできないんです。地位や財力や能力に恵まれた強者が、そうでない者に配慮する。それが強者、エリートの義務でしょう。

弱肉強食とは本来、ライオンがシマウマを食うような食物連鎖をさすことばであって、生物の世界においてはライオン同士が殺し合ったりシマウマ同士が食い合ったりはしていません。ローマのプリニウスの「博物誌」にも、同種同士で殺し合うのは人間だけだと書いてあります。生物の世界に叛き、生物の世界を離脱した人間の狂気ですね。かごの中で飼うと他の動物も同種同士でいじめ合うと、どなたかコメントなさっていましたが、異常な環境のストレスからそうなるのでしょう。よくわかる気がしました。

No title

エリートというのは、ノンエリートの安い労働力の上で成り立っているわけで、それを配慮して自分たちを同じような扱いにしようとしても、結局は、足下をすくわれ、ノンエリートに転げ落ちてしまう可能性もあるので、そうたやすくは配慮なんてしないですよね。
「蜘蛛の糸」のようなものです。
下から這い上がってきて助かろうとする他者を蹴落としたところに、エリートという地位があるのです。
ただあからさまで、大義名分が通らない蹴落としは、ノンエリートが離れていき、安い労働力が得られないので、エリートは、そこを巧妙にするのが頭の使いどころになります。
その巧妙さが、配慮というのかどうかは分かりませんが。。。

No title

いや、それはエセエリートでしょう。日本ではそういうのがエリートとされていますが・・

決して異論を…とではなく(結果的には、そう取られても致し方ないかも)あくまで私の捉え方でなのですが。 「蜘蛛の糸」の教えんとするところは、我が身の苦しさを、他を犠牲にしようと言う、ただそれだけの為に…とする[醜心]を戒めんと言うお話だったと思います。 下から這い上がってきて助かろうとする他者を蹴落としたところに、エリートという地位が…はまた違うのでは? 下から這い上がってきて助かろうとする他者がいるのは当然。 手をかけることなく、その追従を許さぬ結果を出せる者がエリートと呼ばれる地位を手に出来るのではないのかなと思います。 先ほどの例えからは、下から(弱心から)這い上がってきて助かろうとする他者(患者)を蹴落とした(薬漬けにして儲けた)ところに、地位(名誉欲・富豪)が待っている…を地でいっているクズ精神科連中の戯言と同じに聞こえてしまいました。 そこを巧妙にするのが頭の使いどころ…という辺りでも。 とすれば、その巧妙さが配慮…なのかどうか?の答えは出ると思います。 ヒネクレた性格なもので、ご気分を悪くされましたら申し訳ございませんでした。

No title

ここで東洋医さんが上げておられるような、世界経済・金融を牛耳っているようなユダヤの大金持ちがエリートではないということでしょうか。

ということは、貧乏暇無しな良心的で他者のためには自らを犠牲にし、当然、結婚にも子どもにも恵まれないような人がエリートでしょうか。

当然、前者には周囲から優秀な人材が集まってきますし、後者はストイックな理想を追いかけている変わり者として、しだいに孤立していくでしょう。

社会システム上、だれかが儲かる仕組みを作り、その儲かる仕組みに労働は参加させてもらうわけです。
当然、仕組みを作った人や、仕組みを持っている人は、胴元として大きな利益を得ることができますし、労働者は、自ら仕組みを作る努力をせずにでも、定期収入を得ることができます。

ただ、この定期収入が今の世の中、人が一人、安アパートに生活できる程度でしかなく、将来的にも収入が上がらない状態が続いています。
当然、そのような労働者には、結婚、出産など、人間が当然行えるはずだったものが、不可能になっています。

まじめにコツコツ働いるだけでは、家族を養っていける時代では無くなったということです。
レバレッジの大きな賭にでるか、犯罪まがいの行為でもしなければ、子どもを養うこともできなくなっているのです。

エリートが、優しくその他大勢のノンエリートに手をさしのべて、助けてくれるというような甘い状況ではなくなっています。

イス取りゲームのイスはどんどん減っているのに、参加者は増えているというような状態かもしれません。

エリートがノンエリートを助けてくれるというのは、生活保護などの考え方です。
生活保護受給者は、「自分たちがイス取りゲームから自体したおかげで、エリートはイスに座れているんだよ」と思っているでしょう。
ただ生活保護もまた、イス取りゲームです。

結局どこも、相手を蹴落とさなければ、自分が蹴落とされてしまうのです。
本当のエリートは、常に上位にいるて、蹴り落としている人ばかりの中で生きてきており、蹴落とされている人などのことなどは、考えたこともないでしょうね。

No title

日本は階級社会じゃないから。

No title

階級社会だったら、イス取りゲームはおこりませんよね。
イスが用意されている階級はずっとイスがあり、イスがない階級はずっとイス無しですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ああ、なるほど。
階級社会のイギリスでは日本より精神薬の消費量が少ないんでしたっけ。
日本は階級社会でない。「高貴なる者の義務」が存在しない。エリートがノンエリートを守らない。だから世界の精神薬の在庫処分場みたいになっているのですね。

聞いた話の寄せ集めですが、イギリスでは大学を出た者は運転手や警備員にならないそうですね。そうした職業はノンエリートの取り分だから。消費税も、庶民が買う生活必需品は低率で、奢侈品は高率。第二次世界大戦で、平民の兵士より貴族の将校のほうが戦死率が高かった。日本では逆でした。

もの凄い豪雨でハラハラした毎日です。 まさか、あの川この川が氾濫するとは…これほどの被害的洪水になるとは…こんなに危機感を感じる降雨量とは、記憶になかったと思います。 まだ余談を許しませんが、少し他を見る気になれたのでご迷惑コメントをさせて頂きます。 あくまでも私の対象は精神科連中…とする偏った意見なので申し訳ございませんが、連中には元々エリートだ何だとの意識などは無いです。 [この世に生まれ時から全てを許された・選ばれた特別な存在]の意識観念だけです。 美味しいステーキ(優越感・裕福生活)を、血のしたたるレア(文字通り)をただ食べてるだけなのだから! その肉の為の処分を続いているだけなのに、いちいち家畜に動揺・同情など感じておられますか?と言っているだけ! せいぜい、[動物愛護団体]がうるさいから、特別な自分の優先感にとって耳障りだから「生きる為に食べている。その食べる肉の為にやっているだけ、なのに何が悪い。苦しまない・感じないように薬殺・電気で逝かせてあげてるでしょ」と開き直る・押し通す為の「如何に誤魔化すか?の想像力! 頭を知識を使いどころはそこ」だと言うことでしょ!失礼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

エリートの話を精神科医の話に戻しますと、
医者を志すものの中で、精神科医をエリートだと思っている人はいないでしょう。
花形はどう考えても外科医です。
精神科医のしている事は、医者の本心の中ではまだ医療とは認められいないでしょう。
ただ、開業医として商売の事を考えると、話は別です。
誤診の心配がなく医療事故もなく(証明できない)、患者を飼い殺しにできる精神科はおいしい商売です。

DSMを使って客観的、科学的に診断しているといっても、それはただ機械的なだけで、何も科学的根拠がないのは、少し頭の回る人はだれでも分かることです。
それを隠すために、ヘリクツをこねて、さも専門知識があるように見せかけているだけで、精神科医の精神分析などは、一般人とほどんど変わりません。

それにもかかわらず、人を好きなのように分類することができる特権を持っていることが、医師の中では落ちこぼれの精神科医の自尊心を慰めています。

それが顕著に表れているのが、テレビコメンテーターや執筆活動ばかりに熱心な精神科医です。
そういう人が、精神科医の地位向上と、誤解を生み出しています。

No title

〈つづき〉

ただそういう目立ったこともせず、自分のクリニック内で無知な一般人相手に好き勝手にやっている連中もまた、あくどいです。

医師の中では落ちぶれていても、クリニックの中では皇帝のなれるのですから。
診断しだいで、カルテには自由に書けますし、生かすもころすも、薬の処方しだい。
ちょっと分が悪くなってきたら、薬を変更して、調子を崩させればいいのですから。

向精神薬と気分や行動との関係は複雑なため、因果関係を証明しにくく証拠が残らないので、どういういいわけでも自由にすることができます。

逆に責任を追及されるのは、薬を処方しなかったり、薬を断薬させた医師でしょう。
こちらは、問題があって診察にきているのに、何も処置をしなかったということで証拠に残ります。
このことが、ろくな診察もせずに、向精神薬を診察初日から処方してしまうことにつながり、症状と薬の影響の区別がつかなくなることにつながります。

いじめがあれば、まずはいじめを受けないように距離をとることが大切で、いじめられても自殺しないように薬を飲ますことではありません。

精神科医というエリート意識のある人たちは、そんなことすら分かっていないのです。

イギリス

うちの提携しているイングランドのセキュリティー会社から研修にきてたジョンブルはオックスフォード出のガードマンでしたが…

例外かな?

No title

ハーバードやエール大出のガードマン、東大や京大出の警備員ですか・・ 階級社会でなくても少ないかと。
それはともかく。
東洋医さんもその応援者の皆さんも、せっかく精神薬の薬害について客観的事実に基づいて問題提起していらっしゃるんですから。弱肉強食だか何だか、優生学と根っこは同じらしきイデオロギーをふりかざして、新型うつの創作者と一緒に見られて損をなさいませんように・・。

東大、京大ぐらいなら結構いますよ。

トラックも宅配関連ではいますし。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR