CCHRと原理主義患者会

今回も「叩かれまくり」そうな内容を書いてみた。

今週は先週以上に大御所な団体と会って話をすることになった。知る人ぞ知るCCHR関係者のkebichanさんである。まず敵を知るにはその敵からということでコンタクトを取ったところ、是非にと言ってくださり、しかもお会いしたらセカンドのこともその他私が知らないことも、いろいろ知っていて参考になった。

まず私はCCHRという団体に対して、非常に強いアレルギーを持っていた。彼らは完全なる反精神主義であり、一部の患者会と結託し自分たちに都合がよい反精神学だけを打ち出し、かつ他の反精神医学者からも避けられているくらいの過激派なのだと考えていたのである。会っていないのだから又聞きかネットで与えられる情報くらいしかないので、こうなるのはやむを得ないのかもしれない。要するに私がアホということなのだが。

彼ら、少なくとも彼はそのようなカルトを感じさせるような人間ではなかった。社会の中で生活し、社会規律を崩そうと考えるような人とは全く感じられなかった。法律も一般の人同様重視しているし、私が聞いていた話とは大分違うようである。そういう彼をみて他のCCHRの人のブログなどもみて、内部にもまた強行派や折衷派などがいていろいろ苦労しているのでは、と勝手に想像している。
と同時に自らをキーサンと自称する患者会たち(彼らのことを最近キーサン原理主義などと呼んでいるが)や一部のセカンド会員たちの目指すものとは、かなり違うものを目指していると私は強く感じた。彼らはCCHRの主張に対して自分たちの都合がいい部分しか抜き出していない。CCHRについてのことが精神医療者側からも、逆に精神障害者側からも歪められているのだろうという気がした。

もちろんだからといって、CCHRの意見を全面的に受け入れるのには無理があるのは明らかだ。精神薬のあったほうが本人にとっても楽だったり助かる、という人が多数いるのも事実だし、すべての精神障害という存在をなくしてしまえば困る人がどれだけいるか。またたとえ昔に精神障害という区分がなかったとしても、それは呼称が変わったに過ぎず、似たような扱いを受けた人は厳然として存在するわけで、このことにどう取り組むかは現代社会全体の課題といえよう。

今、少なくとも彼が多剤療法という問題と、抗うつ薬の種々の問題を重視しているのは明らかだ。はっきりいってルボックスMAX処方などというものは、彼らに言わせればあり得ない存在なのに、それを唱える人と信者のような人たちは、それがいいことだと本気で信じている。これは他の精神科医や製薬会社が、業界を洗脳してきたやり方と全く同じであって、R医師という人だって結局薬害を垂れ流してきた精神科医と同じではないかとあらためて確信するにいたった。思い返せばルボックス200mgとか250mgとか飲んで自殺企図しようとしたり、暴力的になってサードオピニオンを求めに来た人がどれだけいたか。しかも彼は20歳以下の患者にも容赦なくそれをすすめているが、それがどれだけ多くの罪をもたらしてきたかをCCHRは啓蒙してきたととらえることもできる。また他にも、エビは(メジャーとの)併用が大事などとのたまっているが、これも結果からみて相当危ない橋である。これらを考えればこういう処方を出す医師の意見に私は洗脳され、セカンドに協力することでますます悪さをしていたのだろうと思う。まずこの場を借りて謝らねばならない。

ここでこう書くことは世の大半の精神科医の処方を認めることでもなんでもない。彼らの処方の大半がオワッテルことはもはや曲げようのない事実である上で、セカンドの広げようとした処方自体も大差ない可能性があるということを述べたいということだ。

今回の訪問は自分が内科医であり、セカンドに入っていこうとした原点を思い返させた。
それは軽症や中等症レベルの患者さんに対する、意味なき多剤大量療法を根絶したいのであって、多剤大量療法をされてしまうような行為をする人達を、根本的に助けたかったのではないということだ(もちろんその人たちに対しても多剤療法しても無駄だとは言いたい)。そして今ある精神障害という診断にどれだけ妥当性があるかを考え直したかったということだ。その意味ではセカンドに関係した人たちを、反精神学に流れている、宣伝ばかりしていると考えたがどうも違った。実は私のほうが反精神医学には近いものを求めていることが今回のことであらためてわかったのだ。完全にそれに染まることはできず中途半端なことはこのうえないが、それでも両方の裏事情も知って、今後反精神学的に活動できる人間はどうやら少なそうである。

そんな中でキーサンと自称する人たちにも、自分の子供だけ発達障害呼ばわりして、精神科医と共同で薬漬けする人間たちの、自己都合的な行動を擁護するつもりなどさらさらない。彼らに多剤療法することや通電することや医療観察で一生病院に入れておくことはもちろん反対だけど、ひたすら法律にのっとって彼らの違法行為があれば裁かれればいい。家族会の都合がいい意見など弾劾されればいいし、自閉症は親には関係ないなどという、事実を無視した都合がいい意見など潰れてしまえばいい。前回出した凶刃という本はその流れに間違いなく一石を投じるだろう。そもそも全国の患者会の大半はそのような過激派集団の集まりであったりはしない。そして多くの患者を実際に支えていて感謝されているいろいろな人たちさえ、彼らは根底から否定している。そのことは最近福祉施設を行脚しているので多数聞こえてくる。そんなところまで否定する権利は到底彼らにはないのに、彼らがそんなことを繰り返すのだから、誰かが彼らやその応援医師を否定し批判しつくさない限りバランスさえなりたたない。

今回のシンポジウムはこれらを総括し、精神医療の被害や問題点を世に問うとともに、セカンドという活動全体にわたる自分自身を含めた罪を問いなおす場でもある。セカンドとCCHRを含めた反精神学と福祉的視点と内科医の視点と、これらをどこまで混ぜ合わせて表現できるか。それはシンポジウムが終わった後も会として続けていかねばならない自分自身の課題である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私もkebichanさんにはお会いしたことありますが、ブログそのままの方ですよ。ちなみに応援団のsatoshiさんも、そのままの方でした。
要するに、東洋医さんは、人を見る目がないというか、文面の表層だけで勝手に相手の像を作り上げてしまっているだけのような気がします。

kebichanさんなどが、NHKに情報提供されて、抗うつ剤の危険性の番組が作られたりしていますので、誰が見ても明らかなカルト集団というわけではありませんよ。
ただ、全くカルトではないかというと、そうでもないです。
これは、DVD買ったり、展示会に参加してみたら分かります。
NHKの場合、バランスを取るため、向精神薬の危険性、診断の曖昧さの問題を取り上げたら、別の番組で、服用の大切さや、100人に1人キャンペーンを取り上げるといったことをしていますね。

東洋医さんの天敵の皿澤氏にしても、うつ病と日々格闘している、気のいい兄ちゃんではないでしょうか。
少し正義感が強すぎるので、言葉が過ぎるだけのようにみえます。
それをこの世の悪の根源のように批判する東洋医さんは、どうなのでしょう。それこそPTSDというヤツかもしれませんよ。

ルボックスMAX療法というのは、危険をともなう過激な処方です。
これには理由があり、不登校や社会不安などを一気に吹き飛ばして、社会に復帰させるという手法です。
その結果、いじめっ子に殴りかかってもやむ得ないという手法なのでしょう。
復帰が早ければ、社会不安も軽くてすみます。結果、服用期間が短くてすみます。
しかし、少量のSSRIで、うつ状態、強迫症状が、なかなか良くならないというのは、薬の耐性を作り、依存症をおこさせます。そしてずるずると、社会から離れていって、10年、20年後に病気がよくなっても、もう社会には戻れません。
そういう意図もあっての、ルボックスMAXですね。賦活化させて、デパケンで、余分な興奮の電気信号をカットしてしまう。
かなり荒っぽい感じはします。
当然、自殺や暴力の可能性がないか、事前にリサーチし、本人にもインフォームドコンセントの必要はあります。
笠医師のように、掲示板上で、何も分かっていない家族に伝えて、実行させるのは、かなりのリスクはあると思います。
うつ状態の方は、その奥に、強い不満や攻撃性があったりしますので、SSRIでそれが爆発してしまう可能性はあります。
その見極めが大切です。

SSRIにしても、抗精神病薬の減薬にしても、暴力、自殺のリスクが高まります。そのため、きちんと家族や本人に伝える必要があります。
伝えもせずに、本人の責任だということはできません。これは医師の義務です。

CCHRと、キーさんの関係は、ほとんどないでしょうね。だから都合のいいところを利用しているということはありません。
そんなのは、外から見ていてわかりますよ。

なんでもごちゃ混ぜになってしまうんですね。
なにが何やら分からないんでしょうね。
笠医師と、キーさんへのアレルギーから、CCHRがよく見えるというのも、不思議な話です。どちらも一長一短、いいところも悪いところもあります。

それと、東洋医さんには、今度は、某栄養療法クリニックの院長と、漢方療法とサプリメント療法の類似点と、相違点について、対談してきてほしいです。
これは、効用の部分もありますが、経済的な部分ついても、つっこんで是非。
マルチのサプリは高額なんですよ。本当に。マルチじゃなくてツムラだったらいいのに。

No title

セカンドと切れてしまった以上、CCHR御用達のクリニックになれれば、経営的に安定しますね。
がんばってください。

No title

精神薬出すクリニックが御用達になるわけないだろ。
少しは考えて書いてくれ。

溝口だって、サプリだけじゃなく向精神薬も使ってるぞ。
そっちこそ、もっとよく考えろよ。

はじめまして

長期服用してた者です。東洋医先生のブログを拝見して少し目が覚めました。しかし松山の笠先生にはすごい恩があります。そして断薬前の病院を非難してきた事も自分勝手だと思いました。やはり、それぞれの立場や言い分があると思った。また私は患者を非難もしましたが行き過ぎがありました。東洋医先生の今後の医療に私の断薬の経験を聞いて下さい。薬がどれだけ悪いかは薬を飲んでいて薬を止めた者でないとわからないと思うからです。まず薬を飲んでからは本なんか全然理解出来ません。また、感動がなくなります。花を見ても星を見ても何も感じなくなる。向上心も屈辱感も恥も後悔もなくなります。時間の感覚さえ狂う。断薬して、もうこんな歳なのかびっくりしました。また病院批判をブログでしましたが家庭に問題があり家族が私を悪者にすることで家族がうまくやってきた事もあると思う。だから病院批判ばかりではいけないと思うし、そもそも私にも原因があったと思う。しかし、最初の飲み始めに薬の依存性や長期服用者のデータを示さない事は酷い。そして、その薬を止めさせて頂きまた笠先生には感謝しきれないです。

哲学を読んで

ブログの「哲学」を読みました。患者をここまで追い込んだ医療に問題はありますが患者にはかなり甘えや何かに頼る傾向があります。そして患者の性格は似た傾向があり、それは統合失調症の性格というより精神科の門を叩かなければならなかった弱さと家族にも性格的に患者を追い詰めた、また患者は何でも親のいう通りにして素直な子供のように見えますがうまくいかなかったら親のせいや社会のせいにする傾向があると思う。だいたいが過保護が病気を作ってきたと思う。しかし精神薬の害を多分、日本で最初に医師として訴えた笠先生がいなかったら今のように患者が医療批判は出来なかったでしょう。また笠先生から受け継いだ東洋医先生もたいへんだと思います。そして東洋医先生も笠先生も患者と話していたら患者の依存的な性格がわかったと思います。しかしセカンドオピニオンで訪れる患者はむごい目にあって来たと思います。医療に騙されてどの病院に行っても薬は飲まされ続けるのです。しかし、今の患者が社会制度にべったりなのは考えなくてはいけないでしょう。患者は一方では差別、偏見だと言いながら社会制度を利用するのはためらいなし。ワーキングプアの人よりずっといい暮らしをしている

仕事が一番の薬

社会制度がいろいろと整って患者の為になるようでもある。しかし例えばデイケアというのに行かなくてもいい患者が行くのは昼と夕食があるからと言う人がいる。その実費は肉体労働者の1日の賃金くらいです。患者は遊んで病院で過ごすより一生懸命働くほうがずっと薬になるのです。また、こうやって制度を利用する為に病院とは縁が切れないのです。たから端から見れば患者は都合のいい事を言うと思われる。製薬会社が社会制度を整える協力をすると聞きます。それは薬を飲んでたら制度が利用出来るからです。

あけぼのさん、はじめまして。東洋医です。あなたのような方のコメントや感想はいつも貴重です。これはほかの方にも言えますが、いつでもこのブログを否定しても活用してもかまいませんし、いろんな意見を載せてもらって結構です。お返事することはほとんどありませんが、今回はあけぼのさんにはお会いしたことがないことと、セカンドに関係してきた方で断薬できた方だということでお返事しました。たとえ私が書き込まなくても、私はちゃんとコメントを読んでいますのでいつも参考にしています。

私は笠氏を全否定したいわけではありません。CCHRを全否定したいわけでもありません。家族を全否定したいわけでもないし、患者会を全否定したいわけでもありません。全ての人の言い分に間違いや強い偏りがあるのでは?正解はどの意見にもなさそうである、ということを言いたいだけです。これは私の意見も同じことできっと多くの間違いがあるでしょう。であればすべての人の意見を折衷し「まし」な意見を構築することが大事ではないかと考えているだけです。

私は癒しなど得意な人間ではないし、一生訓練しても得意になることはないでしょう。癒しを求める人はまだそういう性格の女性カウンセラーにでもかかった方がましです。私はそれぞれの人間にそれぞれの本分があると思っています。私はもともとある反骨的精神と学んだ東洋思想的精神を利用し、挙げた人たちとは違う手法で、私の立場を利用して、タブーに切り込んで社会全体を少しでもましにしたいと願っているにすぎません。そのやり方に批判があるのは、それぞれに自分の立場があって、その立場を守ろうとする限りなくなることはないでしょう。それはそれで結構なことだと思っています。

あけぼのさんのこれからの奮起に期待しています。

全否定

ルボックスMAX処方だけでなく、R氏が言ってることは、全て正しいと指示する一部のシンパ家族がおかしいわけで、R氏が指示しないものは、全否定して、攻撃、排除するあの集団には、うんざりします。
自分たちの子供が病んだのは、強迫的、攻撃的、排他的な毒親の影響であることも気がついてないわけです。
これは当事者の立場からの考えです。
シンポジウムの成功を祈ってます。

No title

まぁ、相撲の取り口はいろいろあると思うけど、八百長を告発したんですよね。笠医師は。精神科医の談合というか、そういうのを嫌って、一匹狼でね。
昔は自分も先輩の言うとおり八百長やってましたが、それは間違いでしたと告白したのです。その心意気にファンがついたんですよ、そういうことです。

今、東洋医さんが言わんとしようとすることは、八百長がすべて悪ではありません、八百長するのも意味があるんですよ。観客にも責任がありませんか?
ということだろうと思います。

『精神医療の八百長』シンポジウムで、相撲協会以上に、膿を絞り出してきてほしいです。

No title

悪徳弁護士に騙されて、お金を巻き上げられたり、警察に疑われて、冤罪事件に巻き込まれたり、下手な歯科医に歯をぼろぼろにされたりと、そういったことは、あけぼのさんや、東洋医さんに言うように、まぁ、本人にも責任があると言われれば、その通りだと思います。
しかし、精神科は、インチキの割外が高すぎますね。それもインチキかどうか非常に分かりにくい。
しらないウチに、精神障害者にされて、一生、薬を飲まされて、思考能力を奪われ、うつらうつらしながら、周りに煙たがれ、生きていくのです。
それが、早期発見、早期治療とキャンペーンして、大きな口をあけてまっている。
この現代に魔女狩り並の勘と憶測だけに頼った医療があるとは思っていませんよ。普通は。

それでも、まぁ、そんな医療にひっかかったり、相談しなければいけない、精神的に問題がある人や、家庭に問題がある人が悪いと言えば悪いのかもしれません。

端的に言えば、精神科は、極道なんですよ。
悪いものだと分かっていて、やむなく相談する。その後におかしなことに巻き込まれても、文句が言えない。そういう世界です。

精神科医はかなりの悪です

東洋医さん、サトシさん、おはようございます。まだ体調が良くないのであまり書けないかも分かりませんが要件だけ書きます。やはり患者には罪は無いと思います。自分も薬を止め切れてはないし患者がだらだらした生活をしていると患者批判のようになったとしたら申し訳ありません。患者に何も説明なしに精神薬を飲ませて依存させて患者を薬漬けにした精神科医は厳しく罰しなくてはいけないと思います。自分も断薬して日々、悩み考えてます。しかし精神薬を飲んで副作用を味わって悲惨な暮らしをして屈辱を味わってみないと患者の気持ちは分からないと思います。患者には何も罪は無いと思います。

主張を変えた訳では無いです( 精神科は早く何とかしなくては不幸な人をどんどん増やすでしょう)

自分の毎日のだらだらした生活を自問自答しているからです。今までの生活を振り返り自分の努力が足りなかったのか?と日々考えました。そして患者のだらしない生活も考えました。やはり精神薬はかなりの害です。その薬を何の説明もなく出す精神科医は厳しく罰して欲しい。今の患者の生活がだらしなくても、それを薬のせいにしてはいけないかもしれません。しかし精神薬を服用した患者の全てかほとんどがろくな一生を送らなかったらそれを患者の努力なさとか病気のせいには出来ないでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

聡くんどうにも幼いな。
東洋の智慧をいつか学んでくださいなv-73
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR