被害者意識、正当化

明日は報道特集が放送される予定である。以前読売新聞でも特ダネでもSAPIOでも、出演後に神頼み的受診する人が多かったので、ここできっちり書いておくことにする。テレビはいいとこどりしているだけだと理解してもらわねば困るし、放送を見た後このブログにたどりつく人もいるだろう。その人はまずこの文を読んでもらいたい。そしてそれでも来たい人だけが来てもらえばよい。嫌な人はお近くのよくお話を聞いてくれる精神科医か、今の主治医に減薬でも頼んだ方がよい。ま、所詮どうにもならないまま飼殺しになるだけだろうけど・・・


もし放送後に全く事情を知らなかった人がこのブログを見たなら、精神医学を全否定しているような部分をよく読んでからかかって頂きたい。せめて精神薬が覚醒剤や麻薬であることを同義と理解し、その上でかかって頂きたい。精神医療の被害者は様々なパターンがあり、様々な正当化をする。そのすべてが事実を無視している事を理解してからかかって頂きたい。私は著書にも書いているが、精神医療の問題は精神科医や製薬会社はもちろんのこと、患者も家族も悪いと思っている。そんなキチガイ医者のもとにかかるのだから並大抵の覚悟でかからないでほしい。

患者は多くが精神薬を欲する。多くは減らしてくれることを望むが半数近くはゼロにすることを望まない。精神薬も使い方次第とか、精神薬を必要とする人もいるとか、安定する人もいるとか、どうでもいい理屈を並べ、それでいて治りたいとか良くなりたいとかいう妄想を並べ、よりよい精神医療を正当化しながら、ずっと精神科医にかかり続ける。覚醒剤や麻薬まがいなのだから、一時的に見せかけ上治った人間がいることなど当たり前。目先の利益を追い続ける人間になど興味はない。それがすでに精神医学による洗脳であり、生殺しであり、飼殺しであることに気付いていないのなら、そのまま牧畜されていけばよい。そういう人はまず精神薬が、覚醒剤や麻薬と同義であるということを、科学的に医学的に歴史学的に否定してからモノを述べよといいたい。もう少し考えよといいたい。いまだこの単純な事実を否定した人間が、精神科医はもとより製薬会社から患者や家族に至るまで、ただの一人としていないことは笑い話でしかない。ニコ生動画のコメントみたいに「麻薬だからなんだ」と開き直った方がましだ。私はそのような覚醒剤や麻薬まがいの薬を飲むべきと思うことは全くない。どんなに譲っても錯乱している時の強制的鎮静薬以上の価値はないのである。受診すべき人は、それが薬害であり飼殺しであり詐欺であることを理解できる人、知りたい人だけである。私が本気で相手するのは、本気で薬を抜きたい人だけである。手とり足とり教える気などない。そんなことしても薬が抜けないのは覚醒剤や麻薬の観点からも明らかだ。自分で理解し勉強した者しか、本物の覚醒剤や麻薬は抜けるはずもない。

私は子供だけ薬を飲んでいる親には絶対に容赦しない。それはどんな理屈をこねようと何十回も書いてきたように虐待でしかない。自分の都合で精神薬を飲ませた者、自分の育て方の悪さを疑いもしない者、治療や薬や精神科とは何なのか全く調べようともしない者、自分の子供だけ発達障害などとつける者、誤診という言葉に満足する者、当事者を無視して勝手に薬を増やしたり減らしたりする者、まず親=自分を優先する者、親=自分は悪くないと正当化する者、そのような者たちすべてが敵である。薬を飲まされた多くの当事者たちはそう思っており、減薬すればその憤怒はまず親に向かっていくのである。私はあらゆる親にその言葉をぶつけてきた、そして真に反省して薬を飲ませたことを、子供に120%謝罪することができたものだけ診療している。家族会でも作って自分たちを正当化したい輩たちは、優しく話を聞いてくれて薬を出してくれるお優しい精神科医にまたかかればよい。ある親はこのように自分の気持ちを語った。「私は赤ん坊に毒を飲ませていたことに気付き、自分の腕を斬り落そうとする夢を見る」。自分のしてきたことに本当に気付き、減薬や断薬に対して親が自分を投げうち、騙された不条理と正面きって闘うことができないのなら、親の存在価値などない。例え精神科医にだまされていたとしても、その後にとる行動は天と地ほど違うのである。そういう親だけが子供の断薬を達成することができる。私は身を投げうつ気などさらさらない。私が身を投げうつのは自分の子供に対してであり自分の伴侶に対してだけである。

精神科にかかる患者は全て被害者である。それは間違いない。しかし前述したように自分の意志でかかったなら、それは詐欺にひっかかっただけである。ある人が金銭詐欺で引っ掛かった時、テレビで見たあなたはどう思うのか?「だって自分も下心あったから引っ掛かるんでしょ」と多くの人が思っている。同じなのである。ではその詐欺を振り返り被害者意識から決別し、有意義な人生を歩める人はどうなのか。その詐欺にかかった己の甘さを恥じて反省し、完全に精神科と決別し精神薬と決別しうる者だけが、被害者という枠から逃れることができる。真の意味で精神科から卒業することができる。それができない人は結局少量の薬は必要だろうとか、私は悪くないとか前述のような理屈を並べ、「彼ら」に闘いを挑もうとはせず、結局また「彼ら」に飼殺されることを望む。元の病院に戻ったり人に依存したりカフェインや鎮痛剤などに依存したり、自分や他人を精神科に逆戻りさせたり、減薬断薬の邪魔をしたり、自分を認めてほしいがために意味不明な行動をとるようになる。

精神科を卒業すること、私の診療を受けること、この世で生きていくということは、この世がどれだけ悪と嘘に染まっているかを理解し、それらに対抗するために自分を鍛えていくことである。世知辛い世の中を生きていくために、非道な人間に自分を育てていくということである。私のクリニックに聞こえのいいフレーズは存在しない。癒しも受容も存在しない。癒しや受容が欲しいのなら私の部下の臨床心理士にでもかかればよい。

最後にブログ(カッコーの巣の中で)リンクしている真記さんの言葉を紹介する。題して「メンヘラの御託はもう飽いた」・・・イヤ、全くごもっとも。だからこの方は卒業することができたのだ。

「精神科によって救われた人もいる、私の主治医は親身になって治療してくれる、精神科を受診しなくては自○していた。それらの人を甘えと否定するのか」
・精神科によって救われた人もいる
ソースください。もしくは名乗り出てください。精神科に通院し、クスリを服用し、その症状が消えるまで(完治)にいたるまでの期間と、治療を終えた人たちの正確な数のソースをください。
・私の主治医はそんな人ではない
人前で俺は詐欺師だぜグヘヘ、いまからお前をヤク漬けにしてうまい汁吸うぜというアホが何処に居ますか。
・精神科を受診しなくては死んでいた
受診して死んだ人のほうがはるかに多いですが。
・それらの人を甘えと言うのか
自分だけは「誠心誠意努力して、それでも心を病んだ悲劇の人」だと主張していますが、端から見ればメンヘラなんて皆一緒です。元気にアマゾンでレビューできちゃうあたり、新型うつでも真性うつでもなんでもありません。あー、なんでこういうひとらって、ほんっとに同じ言葉で自己弁護するんだろ。それで治ってればいい。でも、いまだに通院してクスリ服用して、ココロノヤマイーとか言ってる状態を治ったといえますか?治ってねぇじゃん。それ、単に精神科に飼い殺されてる状態じゃん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

賛同…
シェアさせていただきます

No title

そういえば皆さんに宣伝。リンクの最後に追加した児童相談所の実態、CCHR長野支部のブログ、是非読んでみてください。とくに後者の出来がすばらしい。東洋医の賛美みたいなところはすっとばして結構だから、ひたすらマンガを読んでください。マンガ。めんどぅーささんの四コママンガ、ただただ素晴らしいの一言。私このブログ毎日読んでます。ここまでわかりやすく書いたものってないと思う。ある意味CCHR本体の、おどろおどろしさや怖さがかけらもないし、kebichanブログのような難しさもないし、すんなりと頭に入ってくる。絶対に単行本にすべきだわ・・・

昨年まで通院していて、完全に薬と先生とおさらばできました(笑)
と言えてしまう位の心意気で東洋医にぶつかってみてはどうだろう。一度切りの人生をメンヘラで終わるのはあまりにもったいないからね。後に続く人たちは今がどんなに辛くてもうまくいけば死なずに済むから完全に減薬してみろって(笑)

No title

追記。すまんが載せてみた。やっぱりこのマンガすばらしいわ。
http://ameblo.jp/cchr-nagano/entry-11235228919.html

No title

東洋医さんがツイッターでつぶやくから、精神科医と患者さんが食いついてきました。この記事に怒り心頭だそうです。

ここにコメントしている人まで信者だと言っていますので本当に嫌になってしまいます。私はどんなに体の調子が悪くなっても、精神科医の治療を受けたくないんです。それを差別や偏見だととられてもいいです。嫌なものは嫌なんです。

なぜなら私は精神医学を医学だと思っていないし、科学だと思っていないからです。精神科で使われる薬は麻薬と同じと言われても仕方がないと思っています。だいたい薬で心の状態をコントロールしようというのが、いかに不自然かわかると思います。

この十何年、マスコミで「うつは心のかぜ」とひたすら宣伝したから「そうなのかな?」と日本人が思わされてきただけで、その洗脳がとけてきただけでしょう?同じ医者だって、研究者だって、カゲでは精神科医の悪口を言っていますよ。「あいつらと一緒にするなよ」と言っているんですけど、彼らも『信者』でしょうか?

思っていても「東洋医」さんのように言わないだけですよ。東洋医さんは、わざと「攻撃的」にしてみせているんですよ。彼らは、報道特集にクレームを入れるそうですよ。じゃあ、私は知り合いの精神科医を快く思っていない医者と研究者に、応援してもらうように言いに行くとしよう。ちなみに、この前のシンポジウムにも医療者がいたようですけどね、、、。

私は人として精神医療を拒否したいです。拒否する権利も認めて欲しいです。一昔前の「黄色い救急車」の時代に戻ることを願っています。

No title

>怒り心頭結構なことじゃないですか。頑張って私を見張ってるんだねえ。その反応をすること自体図星をつかれているようなもの。報道特集にクレーム言ったって無駄ですよ。まさに正当化、被害者意識だね・・・

そうそう、報道特集ですが私のシーンはカットされたようです(だから無駄)。実際は本番を見てください。期待している方も若干名いらっしゃるようなので、予め告知しておきます。その意味の判断は皆さんにお任せします。

No title

東洋医さん、ありがとうございます。東洋医さんが「一歳、二歳の子供に投与している」と言いながら、泣く部分は放送して欲しかったなあ、と思います。

私の知り合いの医師や研究者は、「一歳、二歳の子供になぜ精神薬を飲ませてはいけないのか」というような人(医師であれ親であれ)とは議論など必要ないと言っています。要するに、精神薬というものは、そういう薬であるということですね。たとえ単剤であれ、危険が伴うということです。これははじめから国民に説明すべきだったでしょうね。

それができてしまう児童精神科医はどうかしていますよ。これを「教科書にのっているから正しい」とする彼らの方が間違っています。児童精神科医が正そうとしないのなら、他科の医師や研究者が批判すべきだと思います。

No title

今日の報道特集、明日のNHK、比べてみると面白いでしょうな。

驚愕 ぜひ拡散を願う

報道特集の放送30分前に地元熊本市内で放送された「Dr.テレビたん」と言う番組の録画入手できる方がいらしたら、どちらかのブログ上でせひ拡散をお願いしたい。  みなまで言うまでもなく、その番組に出演した…未だ「うつ病は15人に1人、早期発見・早期治療などなど」を堂々と発言する[某精神科病院]のコメントや病院内の映像をご覧になられればお分かり頂けると思います。 因みに[電気けいれん治療]も行い続けている病院です。 地方局で難しいとは思いますが、この現状でも平然とこんな宣伝放送をしていると事実を。

“Dare to fight!”

正当もしくは健康な悲しみや怒りのあとで、結局は “Dare to fight!”(http://youtu.be/ey-oB-qw45c)何をするかが問われますね。

No title

東洋医先生、ありがと…昨日、先生のおかげで読者2.5倍に増えてた(笑)

No title

いやいや、読者じゃなくて訪問者。

子供を守るのは親

私は長女が中学生の時に度々過呼吸を起こすので(原因はDV現場の目撃)心療内科の受診を勧められました。“ソラナックス”を処方されましたが一度飲んだだけで眠気がひどくなり翌日に再受診しました。眠気の件を伝えると「それなら飲まなくていいです」と言われました。
この時に「飲んでも飲まなくてもどちらでもいい薬を処方したのか!!」という怒りでいっぱいになり心療内科が信じられなくなり通わなくなりました。 
けど今思えば別の薬を出そうとしなかっただけでもあの医師はいい人だったのかもと思います

No title

笑わせんな。過呼吸ごときで心療内科に連れてったオマエは同類。DV親が工作してもウザいだけ。

22:21さんへ

「まだそんな甘いことを」とご批判も受けるでしょうし、今更こんな事を申し上げるまでもない[当たり前]のことですが、他の方のブログにも同様のコメントをしておりますので、ここでも敢えてコメントさせて頂きます。   >過呼吸から心療内科の受診を勧められた…これはまだ真実に気付けてない周囲の方々が「善意と想い」で勧めてしまったと理解もしましょう! >心療内科でリナックスを処方された…この時点でこの医師としての知識も能力も低いと言うこと! >眠気が酷くなったと申し出たら「それなら飲まなくていい」と言われた…ここで医師の資格ナシ、いや確信犯! >曖昧さに怒りを感じ信じられなくなった…貴方ここでご自身は真実に気付いた・気付けた筈! それが何故か「他の薬を出そうとしなかったから良い医師だったのかも」と擁護的な発言に変わった! そして、ここのブログに限らず、ご自身やご家族方の悲痛の叫び・訴えをコメントされていることは良くご存知の筈! それらを踏まえた上で、もし貴方が精神薬などの服用が無かったのなら?冷静な判断力を持たれておられるのではないですか! これら[悲痛の声を寄せる]ブログに、擁護的と取られても可笑しくないコメントを貴方にさせるように思わせてしまったその心療内科が、生きる残る為の口実に使った?もっと悪く言えば、この状況を理由した最低の便乗商売…と戯言を受けても仕方ないのではないでしょうか! もしも、もしもですが…貴方が精神医療の被害者でも何でも無く、医療関係者・従事者側だとしたら?被害者達を更に愚弄するだけで、より一層逆上させ怒り齎しているだけ! NHKにしろ他の放送にしろ、皆さん方はそれらを読み取りながら試聴していると言うことです。長文失礼

お礼

こうして記事にしていただけたおかげで、ブログの閲覧数がうなぎのぼりです。
ありがとうございます。

精神科なんかいらない、と手を変え品を変えての「メンヘラ化する日本へのアンチテーゼ」。
やはり、人の目にふれてなんぼなブログなので…。


過呼吸で、まず精神科ですか。その上、もっといい精神科がとほんのり希望を抱かれていますか。お子さん見殺しにする気ですかあなたは。

ありがとうございます

本当にさまざまなご意見があることに驚きました。コメント上で全ての経緯は書く必要もないし、その後のことも書く必要もないと思っています。その書かれていない部分に対しての憶測での中傷に笑ってしまいました。

ご自分ではご自身の正当性を…と思ってのコメントなのだと思いますが、まだお解りにはなりませんか?  >その後のことを書く必要も…こう書かれる事の意味が! >その書かれていない部分に対しての憶測での中傷に笑って…貴方がどう思われようと、被害者達の訴えには、コレまでの/その後の/コレからの悲痛が「取るに足らんと言われた」と受け取られても、何ら可笑しくないのでは! その事をお考えには成れませんでしたか?   まるで人格形成の歪んだ現精神科医のヤッて来た[マヤカシ]と何ら変わらないと思いますが! 失礼

ネット

ネットは便利な半面、顔が見えないから言葉一つとってもどんなトーンで言ってるかわからなくなることがありますね;;

案外ネットは能弁ですよ。
綴られた記事やコメントは、すべてではないけど、よく見れば確かにその人の一部を切り取っている。

けろちゃんさん、語りたい、議論したいなら私のブログにご招待いたしますよ。

この、ブログ読んでスッキリした。

精神科にかかっるって、薬処方してもらうだけ。治った人見たことない。酷くなる人ばかり。

子供を精神科に連れて行って向精神薬は、出す医者も、連れて行った人間もおかしい。

ここまで、言ってくれる医者はいない!

治った人いますが。。

友人は精神科に一年かかり、薬を飲まなくても大丈夫な状態まで回復しました。
また、母や職場の先輩も半年程で回復しています。
医師ではないし、他人のことなので詳しくはわかりませんが。

No title

直ちに薬の服用をやめ、心療内科の受診もやめ、二十歳になり毎日笑顔ですごしております。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR