自由報道協会での記者会見

これは檄文その2とでもいうべきだろうか。それとも必然でしかないだろうか。きたる4月10日に自由報道協会の麹町記者会見場において、以下の内容に対して記者会見を行う。多くの方に拡散、視聴、情報伝達を希望する次第である。あらゆるブログ、ツイッター、フェイスブック、掲示板、果ては2chでもなんでもよい。わからない人は放置しておけばよい。まず情報を配信し気付く人を増やすことが大切である。

「精神科は今日も、やりたい放題」(三五館)発売中。
皆さんにお願い。読んだ感想をぜひamazonなどに投稿してください。
褒め意見でなくても結構ですから。


厚生労働省における記者会見では、布石は作ったと言えるだろうが、実際各メディアは記者会見の内容についてなにも取り上げてはいないし、小さい記事が載ったという情報さえない。しかし今後、そのことについて記者会見に出席した人間たちは、クレームがつけられる立場になる。この自由報道協会の記者会見は隠しようがないからである。当日この記者会見の内容は、ニコニコ動画によって生配信される予定である。数万人といわれる視聴者が一斉に視聴することになる。ニコニコのシステムは詳しく知らないが、配信された内容はさらに後日に、他のメディアで使われたりネット視聴できることになるだろう。

記者会見は13:30からを予定している。今まで精神医療に関して何かを放送する時、むしろ直前でないと情報配信もできないといった事態が起きていた。スポンサーに潰されかねないからである。しかしこの自由報道協会の記者会見が潰されるのなら、私はそれであきらめもつくから情報配信することに決めた。本来この協会は記者クラブも含めた癒着などから、解放されることを目的として設立されているはずだからだ。もしこの会見を急遽潰すのならば、彼らは存在価値そのものを潰すことにもなる。そこまで彼らが愚かだと私は思いたくない。

この自由報道協会での記者会見について教示頂いたのは、医療ジャーナリストの伊藤隼也氏である。彼についてはほうぼうでいろんな批判があることも聞いているが、唯一彼だけが精神医療についての問題を、とりあげてくれた存在であることは間違いない事実である。この場を借りて彼に感謝の意を述べさせていただきたい。

記者会見の内容は厚生労働省記者会見の内容と重なる部分もあるが、基本的には私の挨拶後、中川聡氏が要望書の概要を説明し、その後田中幸子氏が自殺大綱に対する意見書の概要と自死遺族会の意見を説明し、最後に人権擁護の会の米田倫康氏が彼らの目から見た問題点に対して資料を通じて説明する。全部を示すことはできないがHP上に公表されている要望書や意見書の中身はこちら。
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/renrakukai/youbou327.pdf
http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/iken/120402-3.pdf

もはやつまらん誹謗中傷や批判などは、児戯として相手にもされない段階に達しようとしている。この問題で私も売名のためとか金のためとか言われたり、中川氏や田中氏に関しても自己弁護のためとか言われたこともあるだろう。人権擁護の会もカルトとしてずっと扱われてきた。しかしもうそういう段階ではない。人権擁護の会が行う精神医療批判は全く持って正論であり、何も事実に反したことなど訴えていない。wikiなどに書いてあるアノニマスのアホな中傷に引っ掛かる人間は、そのまま同類のアホとして引っ掛かっていればいいだけの話である。被害者会の人たちは、精神科医以上に精神薬や医療事情に詳しい人たちへ変化してしまったし、人権擁護の会が発信する精神医療情報や、海外からの情報に真実性があるからこそ共同して動いている。ここでも明言しておくが私はサイエントロジストではない。しかし人権擁護の会や精神医療被害を訴える人々の発言内容の是非は、精神科医や精神医学会が発するどんな内容と比べても、比べるまでもないほどに正当性が違う。

私はどこかで身を引くかもしれないし潰されるかもしれないが、これらの人々の活動は急速に注目を浴びていくだろう。それはまさにエイズや肝炎の薬害の如し。著書でもエイズと肝炎の次は精神科であると述べてきたが、その日が目前に迫ってきている。そして彼らにもう逃げ場はない。精神科医も製薬会社も疾病利益にいそしむ患者たちも虐待する家族たちも、すべて天下に曝される日が近づいているのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

CCHRの繁栄には興味ないです。そもそもそういうことを目的とした団体じゃないし。
不遇の時代がはっきり言って長すぎます。

No title

どういう団体であっても、資金源がなければ活動はできませんし、家賃も払えないし、ご飯も食べられない。
NPOのように国や自治体に援助されていては、言いたいことも言えないのなら、母体が宗教団体でもやむ得ないだろうと思います。
ただ、CCHRの中でもバランスの取れた発言をされる方と、ただ精神医療をやっつけたいだけの方がおられるようですので、すべてが正しいとは思ってはいません。
精神医療を無くした後に、変わりの受け皿はあるのか、その受け皿は精神医療よりは真っ当なものなのかというと、どういうプランがあるのかが気にかかります。

自殺したい人は自殺して、犯罪をおこせば牢屋に入れて、親子で殺し合ったとしても自業自得、というのでは、ちょっと…と思います。
一部、きちんとした統合失調症の方の症状が、お薬でちゃんと改善してことを考えるとなおさらです。

はじめまして、まめと言います。
ブログ本文とは全く関係のない文書になりますが、お許しください。
先日ベンゾジアゼピンの断薬に失敗しました。
断薬まで持っていく時は、先生のクリニックのように、減薬指導を掲げているクリニックで診察を受けた方が良いのでしょうか?
やはり色々な精神科などを回ってきましたが、減薬指導を丁寧にしてくれる所は無かったです。

No title

その会見に関して、マスコミはどう報道したのでしょうか?どこかの新聞社等で出ていたら記事の
URL教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>まめさんへ
まず一回失敗したからといってあきらめないことですね。むしろ一回くらいは当然です。そして必ず減薬指導を受けないと成功しないわけではありません。減薬や断薬を成功させた人の多くは、むしろ自分で減薬法を勉強して、自分で工夫を凝らして行動した人の方が多いです。そのためには情報集めが必要になります。私にところでは東洋医学やサプリやサウナなどを推奨しながらやってますが、それが唯一の方法ではありません。これらをやったところで離脱症状は何割か軽減されるのが関の山であり、最後は根性や気合なども重要になってきます。根性論がイヤで抜け道ばかり探し、楽に減薬しようと少しでも考える人は、必ず失敗するとも言えるでしょう。

>19:31さんへ
今のところどこかが報道したという話は聞きません。無視しているというのが事実でしょう。だから自由報道協会の会見に、意味がでてくるのです。厚生労働省記者クラブでの会見が全く無視されたことは、しっかりしゃべるつもりです。

東洋医先生

お返事ありがとうございます。
頑張ります。

No title

以下告知です。患者さんが教えてくれました。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv88134616?ref=tim&zroute=index
精神薬の薬害を考える会 記者会見 主催:自由報道協会 - ニコニコ生放送
live.nicovideo.jp
‎4月10日(火)14時から、精神薬の薬害を考える会の記者会見を行ないます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>15:21さんへ
この人は誰でしょう?気になりますね。ブログに書き込みしてみます。

いい静寂ですねぇ

その書き込み、ぜひ拝見したいものです。まさか「上手く言いくるめた」などと思い上がった文面なんでしょうか? だとすれば、丁度よい[力水]です。 極限まで気を高め、後に悔いを残すことなく死に物狂いのファイトをしよう…と言う闘志に満ちた気を醸し出すような「嵐の前の静けさ」、そんな感じのブログ上の緊張感ある静寂…と受けてしまうのは私だけなんでしょうか?

No title

真実を伝えなければならないマスコミまでが
利益に目が眩み嘘をついているこの国で、私達は子供を育てねばならないのですね。
悲しいですね。

自由報道協会には期待したいですけど。
明日の記者会見は視聴率トップのニュース番組で特番しなければならないくらいの
レベルなんですよね。
「特ダネ」に連絡してみます。


2011年度世界の報道自由度調査結果
(ギャラップ社)

1位 オランダ
2位 デンマーク
3位 オーストラリア
4位 スウェーデン
5位 フィンランド
6位 ドイツ
7位 イギリス
8位 アイスランド
9位 ニュージーランド
10位 カナダ

63位 ルーマニア
64位 日本
65位 ニカラグア
66位 ギリシャ

No title

第二回精神薬の薬害を考えるシンポジウムですが、満員となってし​まいました。申し訳ありませんが、内容に興味ある方はパッチTV​というネット動画配信によって、同日生で視聴できる予定ですので​、そちらをご覧いただければ幸いです。申し訳ございませんが、ご了承のほどお願いいたします。

度々申し訳ございません

真の[報道魂]を見せて頂きたいと、『精神薬の薬害を考える会、自由報道協会での記者会見』の報道を促すメールを各局に送りましたが、いよいよ明日ですね! ゴングが鳴ります。

No title

一応アドレス載せておきます。
ニコニコ動画です。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv88134616?ref=tim&zroute=index

No title

皆様、お疲れ様でした。
皆、いい顔してました。まさに英雄の顔。

それにしても凄い記者会見でしたね
最終的には17,902人が視聴・・・凄い!
コメントも殆どが当会見に肯定的なものでした。

ドンドン拡散され、精神医療が変革を迫られることは間違いないでしょう。
この勇気と明晰さと行動力とに乾杯!

No title

現代の八つ墓村、精神医療にメスが入ってよかったアルね。
途中から見れなくなっちゃったけどね。

これでマスゴミもきちんと放送しなければ、報道としての存在価値が一切無くなることを知らねばいけませんね! 放送しない出来ないのなら彼らもまた『同じ穴のムジナ』であり閉局すべきです。 その旨を以て、今も各局(特に番組指定で)にメールしました。 皆さんも是非どうぞ!

No title

記者会見よかったです。会見の冒頭にCCHRのHPにある動画を流すなどすれば、もっと伝わったのではないかと思います。
精神薬害のことをあまり知らない人へは難しい資料を示すより、動画などで感情に訴えかけるほうが効果があると思いました。
話はそれますが、今日、NHKのガッテンで「ノンレム睡眠行動障害」という新たな?病気の話がありました。
症状?は寝てる間に寝言をいう、動くなど、病気としてとらえて治療する内容でないことは明白です。
治療には、日本睡眠学会の人が出てきて、「抗てんかん薬」「抗パーキンソン薬」を使うとのことでした。
本当分かりませんが8~9割はこれで治るということですが、これらの薬が持つ筋弛緩作用を考えれば短期的には効果があっても、長期的には、種々の恐ろしい副作用、きつい離脱症状が出るでしょう。
こういったデメリットは紹介せず、睡眠の専門家、精神科、心療内科(この病気は精神科、心療内科の専門領域なのか疑問ですが?)へご相談ください、とNHKお得意の宣伝パターンがなされていました。この番組を見て、精神科にかかる人は少なからずいると思います。
NHKが一番ひどいですが、マスコミにおいて、精神薬の被害を広げる広報活動は最近目を見張るものがありますね。なんとかなりませんか。

何度もお邪魔して申し訳ございません。 NHKを他の民放局と同じに考えてはいけませんよ、完全に恥も外聞も全くない【大本営広報局】ですから。 よって、NHKだけには放送を促すメールはしていません。 以前こちらのブログでNHKのアルファベットの本当の読みを「N,ナントカ・H,ハグラカシ・K,ケムニマク」と言いましたが、今では「N,ナカミガ・H,ホントニ・K,クサッテル」に変わりました。 失礼

No title

CCHRの映像は、あまりに作り込まれすぎて、オカルト臭が強すぎて、一般の人がみると、正直、胡散臭く見えてしまいます。
内容は、おそらくは、ある程度、根拠のあるものなのかもしれませんが、啓蒙しようとする気合が込められすぎてて、なにか気持ちが悪いのです。
真実が、嘘にみえてしまう。

もっと、淡々と事実だけを見せるような映像ができないか、日本支部の方にがんばってほしいです。

後、科学的な問題と、精神科マネーのような、経済的な問題は、実際には混ざり合ってるのだと、思いますが、一般の人には、それらを同列に扱うとどうも、不信感を抱くような気配があります。
医療とビジネスというのは、別の問題だと無意識にすりこまれているからかもしれませんが。
それと海外、アメリカの話であって、日本の問題ではないという意識もあると思います。
ファッション界の流行色がパリコレクションで決められているように、精神医療界の流行はDSM会議で決められているのでしょう。
病気の原因究明でなく、会議や思いつきで、分類の箱を増やしていくのが、いつの間にやら、精神科の科学的根拠になってしまう。

このあたりを、きちんとした方法で一般に伝えることができればいいのですが。

1番は、NHKスペシャルでシリーズ化してもらい、きちっとしたドキュメンタリーとしてもらうのがいいでしょうが、精神科方面、製薬会社方面、家族会方面から、反対意見も多いでしょうね。

No title

寝ている間に、隣に寝ている人に暴力をしてしまう症状ですね。
いわゆる夢遊病に近い現象なのでしょう。
本人は、悪夢で何かに襲われて抵抗したり、攻撃したりしているのが、実際の体も動いてしまう。

お薬以外の治療法はないのでしょうかね。

No title

皆さんにお願いなのですが、ニコニコの動画ってのは見れないのでしょうか?生じゃないとみれないようで添付する画像がなくて困っています。ニコニコのコメントもいろいろアホなことが書いてあったようですが、一度はそれを見ておきたいというのもあります。画像を持っている人はご提供いただければ幸いです。ニコニコの画像でなくてもいいという人はこちらをご覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/21734071/highlight/255664

No title

レム睡眠行動障害と、夢遊病は、ちょっと違うもののようですね。
夢遊病は、ノンレム睡眠時に多いらしいですね。

No title

度々すいません。
NHKガッテンの良いネタで、放送事例「不安病?のお話」
通常、すぐにおさまる不安は、お酒などで、無理に不安な気持ちを押さえ込んだり、見ないようにしたりすると、それを見に行こうと必死になった背内側前頭前野が弱まり、自分の心を客観的に見られなくなってしまい、不安の種についてどんどん考え込んだ結果、おのずから不安を巨大化させるそうです。
これって、ベンゾの離脱症状がおこる原因と離脱症状の一つである不安の増大を説明してるように感じました。(実際放送の中では全く触れていませんでしたが、お酒などの中に精神薬が含まれているのでしょう)
ただ、その回のガッテンの結論はよくて、解決策として、「座禅のすすめ」と「感情を受け流し、マイナス思考連鎖を断ち切るトレーニング」が紹介されていました。
薬以外の解決方法が立派にあるのだなあと実感しました。不安障害やベンゾの離脱症状緩和に使えるので紹介させていただきます。

ニコニコ動画

先生、本日はお疲れ様でした。
私のブログに貼ったニコニコ動画、録画を普通に見られるようですが、
これでいかがでしょうか。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv88134616

No title

ガッテンの睡眠障害の話、一部訂正します。
障害名「ノンレム睡眠行動障害」ではなくて、「レム睡眠行動障害」が正式名称でした。
東洋医様、ツイッターに掲載していただいたところ、すいませんでした。

No title

すみません!
訂正です。

ー本日の記者会見ー

来場者数:19463人
コメント数:8541

この中のせめて、10%の方々が行動+拡散していただけたら
確実に変わることができるでしょう。
みなさん、頑張りましょう!

No title

>こころのホタルさん
お世話になります。これだとプレミアム会員って人しか見れなくないですか?会員費はけちりたいもんで。でもニコ生のコメントは見てみたいんですよね‥‥

すばらしい内容でした。

お疲れ様でした。
すばらしい内容でした。心が盛り上がりまくりです!

自分トコのブログ記事、かいときました。

>NHKスペシャルでシリーズ化して
その方がそりゃ伝わると思うんですが、
制作費は、たぶん億単位でかかるんですよー。
いや、数十億かな..

顧客を秒察(一分以内の診察)して大量な薬物依存患者を抱えて大もうけする精神科クリニックは、単独で毎年数億儲けるので、どこかそういうクリニックがスポンサーになってくれるところが、あればいいんですけどね。

そういう精神科医がいたら、連絡ください。


あ、NHKだからスポンサーは受け付けないと思う人もいるかもしれませんが、大丈夫。ちゃんと製薬会社はNHKのスポンサーになれるんですよ。

NHKと製薬会社の関係 - 精神科医の犯罪を問う - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/52142595.html

>日本支部の方にがんばってほしいです。
ん?まずご自身が、がんばってから言ってもらいたいもので…

No title

精神医療は、詐欺って言いますが、どちらかというと八百長なんですよ。
プロレスと同じ。
しかも、力道山の頃のプロレスだよ。
周囲は本気のガチンコだと思ってる。やってる連中は、当然、打ち合わせ通りやってる。
盛り上がってる連中に、八百長だよ。って言っても、とうぜん聞く耳は持たない。
レスラーには、そんなこと聞いたらどやされる。企業秘密だから。

今回の記者会見も、見方を変えれば、外国人相撲取りが、八百長記者会見しているようにも見えた。

No title

内海先生、 お疲れ様でした。

中継は18000人以上の方々がご覧になったそうですが、
私はustreamで録画を見させていただきました。
こうして一般の人達にも知れわたっていくことでしょう。
国ややメディアの反応を早く知りたいところですが、
間違いなく根っこは太くなっているはずです。

15日のシンポジウムが楽しみにしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

525円、いかがでしょうか

プレミアム会員、どうやらそのようですねー。
私はこの放送のためにプレミアム会員になりました。(途中で、そうしないと見られなくなってしまいましたので・・・慌てました。)
なので、ぜひ先生もお試しくださいませ。
あのコメントは必見です。
(実は私も何回かコメしてます、ここだけの話ですが・・・)
すべてプリントアウトできたらいいのに、と思うくらいでした。



No title

>こころのホタルさん
私は関西人でそういうところはバカにけちなんですよね。録画が解放された後の楽しみにしておきます。
お返事はこちらに移しました。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR