最近の事

どうも最近流れが悪い。だからだろうかいろんな事を考えてしまう。もちろんいろんな事を日々考え以前からも考えているわけだが、人間はやはり流れが悪い時に考えてしまうものだということだろう。自分の考えをまとめるため、この先を考えるため、今回のテーマはこれにしてみる。自分の話なので興味ない人は飛ばしてもらえばと思う。

合同講演会「精神薬と歯科口腔外科への悪影響について~精神薬薬害の観点から」
日時2012年3月4日
12:00開演
12:00~12:10開演挨拶
12:10~12:40内海の講演「日本で起こっている精神薬の薬害について」
12:40~13:10小峰先生の講演「精神薬が与える歯科、口腔外科領域への悪影響」
一言でいえば内容に関しては、「このまま医師を続けるべきか」「このまま診療を続けるべきか」という点に集約されると思う。前書いた話とも通じる。このことは今ある精神医療問題を放棄するということではない。むしろその事に全力を注ぐためには、診療という行為は足かせになっているのではないか?という疑問から端を発しているのである。ここでも誤解のないよう書いておくが、決して今診療している患者さん達が嫌いなわけではない。

単純に言って診療しているということは、その分の時間がとられ自分がやりたい本筋の事に対して、時間がかけれないことを意味する。多分私が今一番やりたいことは娘と遊ぶことなのだが、それはただの呆け、遊びだけになってしまうのでそういうわけにはいかない。それ以外の問題として存在する精神医療の問題、医学全体の問題、医療被害裁判の問題、児童相談所の問題、福祉の問題、これに限らぬ世の中の理不尽な問題に対して、直接斬り込みたいのだが医師であるということはこれを邪魔しているということなのである。この意味において私は医師に適格であるとは到底いえないのであろう。ほんの少し前石川憲彦医師と語り合う機会があったが、彼は自分の抱えた精神系の患者とある意味運命を共にするといった考えをもっていた(彼の処方には賛成できないけど)。それは尊敬すべきことだと思うのだが、私はそういう考えを持つには至れない。自業自得・自主自尊が前面に出た人間だから、冷たいと思われるのも当然だし、医師は利用するだけの存在であり、対価として金をもらうだけの職業だと割り切っている。医師と患者は決して仲よくしてはいけないと思っているし、人は医師ではなく家族や友人や伴侶と仲良くすべきという考えだから。
逆に言えば医師でなくなれば、彼らとは仲良くできるのかもしれないと思う。その方が理に適っているし私も楽だ。どんなきれいごとを言おうが所詮医師と患者は主従関係のようなモノ、それを否定する人間は現実が見えてないだけ。このような意味においても医師という資格は邪魔であるという観念が芽生えてくる。医師でないなら運命は共にしなくても、普通の友達くらいにはなれるじゃん、って感じだろうか。まあ、もともと医師という職業は嫌いでしょうがなかったのでこう思うだけかもしれないが。

この考えは「診療は誰でもできるではないか」、ということも関わっている。確かに今薬害や禁断症状ばかり扱っている医師はほとんどいないが(浜六郎だけだが彼は診療をしていない)、正直な話教えればできる。教えなくても患者に教わればできる。もっといえば患者に教わらなくても東洋医学の基本的考えを身につければ、自然と吸収力が身につく。医学がどれだけもろいものかすぐわかってしまう。それなのに、こんなもろいものにつき従って仕事をして、生きていくことが本当に意義あるのか、生存的なのかを最近考えてしまうということである。

では何をすべきかという点ではっきりしないし、実際すぐ医師をやめるわけでもないということがあるから、こんな記事を書いている。すぐに政治家になれるわけでもなければ、もしチャンスがあっても今の私はあまりなりたいと思わない(もし声がかかれば違うかもしれないけど)。本当は私の友人のように仙人だかヒッピーだかわからん生活をして、その中で斬り込みたいことに完全従事したい気もするが、子供がいるとそうもいきにくい。じゃあどうするのか、結局今のままだらだら行くのか、何かを変えるのか、そこが決まらず悩ましい。前から私は日本にはいたくないとずっと思ってきたが、実際それも実現率は低い。かといってどうするかがやはり見えない。

貧乏になるのは私自身構わないのだが、家族がどうかはわからない。私も医師のはしくれなので、おそらく収入は読んでいる方の大半よりかなりいいはずである。しかし私は金銭執着がないらしく、そのお金の大半は自分がやってきた福祉につぎ込んできた。ずっと多赤字だがやっと形になりつつあるのでそちらはやめたくないし、この問題に取り組んでしまった以上福祉は切っても切れないものがある。多分今の私は過去の中で一番、金とかどーでもよく、納得度とか理不尽さへの闘争本能とか、それが満たされる喜びを求めているようだ。私という人間はこの年になっても0か100でしかいまだ考えられない人間である。だからその適正に合わせて考えねばならない。それでいうと、例えば地元の薬被害でない患者さん達を診ることは、今の私にとっては苦痛でしかない。何も知らないところから全部説明してまで助けようと思う気がしない。医師失格であろうと何であろうと、自分が他分野に関しても同じスタンスなので、ここは変わらないと思う。

自分の考えをまとめるために少し書いてみよう。今回の記事は特に思いつきで書いているからそこは御了承願いたい。NPOで斬り込みの内容に直接迫るのか、発信者(執筆とかネット配信とか講演という意味で)の方を中心にするのか、両方やるのか、診察は全くしないのか少しはするのか、福祉側にどんどんシフトするのか、まあ全く決まらない。海外の精神医療や福祉の状況も見てみたいが、現在の状況じゃあ全くおぼつかない。先立つモノとして金は必要だが、それを得ようとするとなにもできない。昔の活動家とかパトロンがいたからある意味うらやましいなと思ってしまう。もちろん彼らにも悩み深き所があると思うけど。元々運命論が大嫌いな人間だったけど、最近少しその事を考えてしまう。もし動物としてではなく人間として生まれてきたことに意味があるとするのなら、私は何を為すべきかというような宗教的、哲学的観念が頭を漂っている。それは診療を続ける事ではない、医師を続ける事ではないというのが頭を漂っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

内海先生はやっぱり優しい先生ですね
思ったとおりです
素直で一直線
実に誠実な先生です
人間的に素晴らしい

安岡さんの著書をお読み下さい
歴代首相の指南者です
禅と陽明学とか

人間としてどうあるべきかのヒントが書いてあります
意図的な弱肉強食理論は心に負担です
御自身に優しくなれなければ他人に優しく出来ませんよ
無理しない事です

座禅をお薦めします
般若信教の空が理解出来ればすごいです

政治家になるのも事業を始めるのも選択肢です
セカンド医になってメセナをするのもいいでしょう
免許さえあれば処方箋は交付できます

一度思いきって政治家になられては
ご家族の同意が得られればですが

無理なら戻ればいいのです
免許がある
一方通行ではありません
兼業してる方も居る

せっかく生きているのだから能力はフルに発揮して下さい
その方が人生面白い

事業なら発展途上国を絡めたビジネスをお薦めします
最終アフリカ

砂漠を森に変えられるといいですね

私はブータンでグラミン銀行をやりたいです
投資と金融には興味があります
カントリーファンド

国づくり
日本はレッド戦略です
ブータンはブルー戦略

為替で元手を大きく出来る
私は今、軍資金を作っています
FXレバMAXでUSD

信長の野望は秀吉を経て幕府になるのです

政商になるのもいい
福祉なら笹川良一もいいでしょう
社会の裏方
でも先生は優しいから素直な事業がいいと思います

医師も事業の一つ
分野は三つ持ってください

政治家も一時的なもの
同じことをやってると飽きます

繰り返しますが先生の強みは医師免許
何時でも需要はあります
今の患者さんのサポートをしながら東京で事業してみては
セカンドオフィスでもいいでしょう

政治家+医師+実業家=内海先生
欲張って夢見て下さい

男は夢を見るものです



酒と泪と男と女・・・私の好きな歌です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先生はサリヴァンを体現されているのでしょう
そして人間対人間の付き合いを希望されている
先生と呼ばれる事への抵抗でしょうか
シャイですね

僭越ながら典型的なアスペだと思いますよ
しかもちょっと屈折してる

私よりは知的レベルははるかに高い方ですが・・・

自分を赦す事だと思います
韓国ドラマの赦しをご覧になったでしょうか

いい加減が良い加減なのです
正義より要領という生き方もあるでしょう

真面目に勉強するより出来る子のノートをコピーして
低空飛行で卒業という選択肢もあります

蟻かキリギリスか

扶養家族と住宅ローンは男の十字架
恋愛は幻覚と妄想であり結婚は措置入院です

子供一人への投資金額は3000万
住宅に3000万
パラサイトシングルが年金貰って遊んでいるのとは違います
北尾吉孝が働く事は生甲斐であるといいます


湯治に行かれてはどうでしょうか
誰にでも夢と迷いはあるでしょう
男はそういう生き物ですから

基本的に先生は優しい方です
一種の偽悪ですね
自分を律する事に重点を置いて他罰的になり葛藤する

もっと自由に生きて下さい
奥様が許すなら遊び人になってみることです

結婚は女性の人生に責任を負う事
先生は一途な方とお見受けしますので一生懸命なのですね
そこにロマン・理念との間の葛藤が出てくる

考えない練習という書物があります
僧侶が書いたものです

御自身の悩みを吐露されるあたり、強さを感じます
男は黙ってサッポロビール

お好きなワインを飲んで人生を味わってみては
一人の時間を大事にされて下さい



人生はゲームですから

心の命ずるままに生きてみる愉快さもあります
どこで吹っ切れるかです
妥協も大事ですね
ナンバーワンよりオンリーワン

適度にボチボチやった方が最終得をします
マラソンを全力疾走する必要はないですよね



周回遅れで歩いてる人もいるのですから



野球はピッチャーだけではありません
外野スタンドもあればテレビもある
お茶の間観戦もあるのです


人生は如何に楽しむかです
そこに哲学があるのでしょうね

意地を張らない事かもしれませんよ
ガンジーは素晴らしかった

私は先生の診療を受けるたびに、嫌われているのかと思っていましたが、違うとのことで安心しました(笑)

よかったー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

さだまさしの歌の一節に
100じゃなければ0ですか・・というのがあります

病気の私が悩んだときよく聴いた歌です
防人の歌だったでしょうか

思春期発症の私も入院のお陰で強くなりました
両親に感謝

人間万事塞翁が馬なのですね




全ては経験
学校では学べませんね
精神病院は戸塚ヨットスクールです
学校は卒業すれば二度と行きませんよ。勉強嫌だから

No title

医者と言うのは一国一城の主
皇帝です

皇帝に異見を言うものは居ません
造反有理

そこに医師の自滅が待っている
人格が崩壊してしまうのです

石川ぶんのしん
彼は根っからの悪人だったのでしょうか
医師になって変わってしまったのでしょう・・そう思います

医療を志す者の資質としての高い倫理観
これに潰されてしまう医師もいるでしょう
ガバナンス・ハラスメント
勘違いする医師も多いでしょう
ドクター・ハラスメント


力を持てばみな変わるのです
医師は政治家です
言ってみれば独裁者なのです
そこから離脱できる医師は葛藤を持つ医師のみです

No title

アイディアですがw

先生の弟子を募集するのはどうでしょうか?
そしたら病院も維持できるし、活動もできるし。

大学で教わらないのだから育てるとという役目は大切だと思います。

弟子増えれば沢山助けられるし、そのうち多剤できる医者のが
人数減り、先生のやり方が主流になるかも♪

一人で抱え込みすぎかと

またも話が反れて申し訳有りませんが

このブログにコメントを寄せられる皆さん方は流石ですねぇ。 私の拙い長文が恥ずかしいです。 もし先生が『心のブレ』がない方だったら? たぶん何を言われても[今までの医師達] と同じようにしか受けなかったでしょう。 迷いに迷って…やっと辿り着いた先に、まだ半信半疑・苦悩した状態では先生の言葉をキツく感じてましたが、それも段々と自分たちと同様「一人の人間として迷いを持っている医師」と親近感・信頼感を持てるようになりました。 先生の患者さん方もきっとそう思われ感謝される筈です。 大いにブレられて良いのです。 それこそが『人の心』を持たれている…と言う証であり先生なんですから。 ただ見せ掛けの[医師の看板を背に付けた連中]と決定的に違うのは、そこなのですから。 またも詰まらない長文で失礼いたしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先生の思う正しい道を歩いてください。

自分自身も活き活き活躍、成功し、そして自分のためだけではなく、他の人がよりよい人生を送るために力を貸し、他の人が成功していく、そんな道を見つけて欲しいです。

大勢の人を助けるができると、喜ばしい人生になると思いますよ。
大衆には評価されてないとしても、日本の依存薬物蔓延を救うために重要な位置におられる事は、御自身が最もわかることでしょうし、自身がいたことで日本の未来が守られるという事を知っているという事は、なかなか価値ある事に思います。

外から見る視点ですが、診察する現役の医師が主張する意見は、一般の人がいう意見とは、格が違います。
評価する側の評価が違う。

それこそ、権威主義なのですが、世の中が権威主義で動いているので、その中で成果を出すには、権威主義すら利用すればよい事かと、私は考えます。

ま、自分も本業をこっちにできればいいんですが、プログラムも好きだし、生活のためにシステム開発で終電帰りとかもある生活。
なかなか、人生を生き抜くのは大変ですが、だからこそ人生かもしれません。

ご活躍を願ってます。

医師を続けるのは、苦痛かも知れませんが‥‥。。
まだまだ、極限にいる患者さんを救って頂きたいです。
私は、先生に洗脳を解いて頂きました。それだけで、うつ症状が半減したのです。方向転換できたのです。
漢方薬は二の次です。
切り替えが出来た。本当に嬉しかったです。心から感謝してます。
個人的な考えなので、ご気分を悪くされましたら、申し訳ございませんが削除してください

No title

>内海先生はやっぱり優しい先生ですね
>思ったとおりです
>素直で一直線
>実に誠実な先生です
>人間的に素晴らしい

「真の精神科医を見つけるのは、砂漠で
ダイヤモンド一粒を探すくらいむずかしい」

とはよくいったもので。
なんといってもたった一粒
(他の先生方は指咥えて見てるだけ?)
なので、一人30役くらい、こなしてる印象があります。
そりゃ、疲れますよ!
スポーツで鍛えた頑強な体力があるからこそ、
可能なのであり、普通の人では到底勤まりません。
月刊宝島2月号によればネット中を探しまくって
やっと探し当てた患者達が日本中から、日に、
2,30人は訪れるとか。
もう!体がいくつあっても足りないのとはまさにこのこと。
いつも心配はしてましたけど。
まずは体が基本。少し、休まれてもいいかも。
でも、ぜったい、止めないでください。
皆、先生のことが大好きなんですから。

No title

>黒澤さん
ご意見ありがとうございます。協力してくれる医師についてはいつも考えておりますが、いまだに全く存在せず、こんなろくでなしに弟子入りするものなどいるはずもありません。もともとあの中途半端で被害だらけの精神科セカンド活動のときでさえ、笠陽一郎に声をかけたのは私と三好輝(神田橋條司の弟子)のみでした。三好輝は発達障害提唱とオーリングで薬を選ぶというオカルトの権化、セカンド活動そのものも結局は抗うつ薬推進運動、この問題に精神科医が絡む限りろくな結果は出ません。そして自分と自分の領域をすべて否定できる精神科医など存在しません。唯一まともな浜六郎先生は内科医で、かつ診療をしていません。唯一精神薬問題を否定的に訴えているのがヤクザでバカの私のみ。この国は利権と自分のことしか考えない精神科医しかいないのです。

>12:24さん
残念ながら月に2~30人の薬害相談者です。

東洋医さん、海外に行ったら何がしたいです?
お金がありあまっていたら何を?

もう少しの辛抱だと

ナイナイの岡村が漢方による治療は有名な話です。入院もしてたみたいですが、どこの病院かわかりませんが吉本の上層部は精神薬の治療はさせなかったということは把握しているのだと思います。

でなければ吉本の売れての芸人を精神科に見せず、その漢方使いにみせるはずがありません。
たぶんその医師は先生のように表にでる勇気がまだないだけなのか?
わかりませんが、芸能界で口コミ有名なのかな?
僕もいろいろ調べてサザンの桑田が入った病院(違う病院)とかいろいろ聞いてますが、本当に治せる医師は裏情報になってます。

こないだの講演会終了後に
サプリメントのカウンセラー養成講座のセミナーで発表して欲しいと言われました。精神薬の危険性を受講者に説明したいからなのかな?
このようなセミナーに需要が生まれているということは徐々に精神薬の危険が認知されてきているのだと思います。

今、ようやく精神薬から日本は抜け出そうと「もがき始めた」のだと思います。
今後は、漢方や食事療法などがじわじわと広がると思います。
患者だっていつまでも馬鹿じゃないと思います。

あの人、治ったよってうわさはすぐに広まります。
今の苦労も数年後には先生は漢方での治療の第一人者 になる人だと思っています。

最終的にはご自身の判断ですが、個人的には頑張って頂きたいと思います。

弟子希望者が現れたら
先生の知識を一子相伝(ケンシロウみたいに)してください。

本当は私の友人のように仙人だかヒッピーだかわからん生活をして、その中で斬り込みたいことに完全従事したい

書いてあった。

それが子どもに不幸せなことと決まる?

子どものとき貧しかったからよかったこともあり。

No title

もちろんその生活が子供に不幸とは限りませんよ。ただ活動に一定のお金は必要。それを無視する人間が所詮何かをなしえることはない。自分が金を稼がなくてもパトロンはいるというもの。それを子供に強制すべきなのか、そこが迷いどころということ。

東洋医さん、日本の何が嫌いです?海外の何が好きです?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先生が正しいと思った道に進んでいただきたいと願います。

私などちっぽけな人間が壁にぶち当たりチンタラと
もがいているのとは訳が違うのは重々承知しておりますが ・・・・

どの道であり、先生なら必ず正しい現実となって、
大きな結果がついてくるはずです。
悩みどころだと存じますが、
自分を信じ、頑張ってください!

ご無礼お許しください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

facebook久しぶりに見ました
人の心を殺して麻痺させないと現実のぼくのような弱い人間は生きていけないんでが
でも精神的に若い内海さんには感心しましたよ
さすが肉体を鍛えぬいた人は違う
最近は障害者の世界でもヤクザな話が多い世間ですがね
しかし内海さん程度のヤクザはたいしたことないよ
仕方ないから皆生きてるだけだしね
内海さんには若き董卓を期待してます
なにもかも破壊しましょう!

敵を称える社会に変えていかないとつまらない。

精神薬は利己の薬だと思う。敵を称える社会で造られた薬がはびこる社会は医者もつまらないと思う。一人がどんなに思っても社会全体が出る杭を打つ世の中では誰もつまらないと思います。思春期に飲まされた薬で様々な病気を引き起こしてゆく。その間には沢山の病院にかかると思う。稲村の火もラフカディオ ハーンが海外に紹介した話だそうです。こんな世の中では誰もつまらない。何でもないことで一生棒に振った者はやり切れない。

誰もが面白くない世の中

海外に行ったスポーツ選手のいきいきした顔。ライジングサンとかトルネードとか称える所もある。悪口を言っても帰る前に放射能に晒される危険を冒す人もいる。それが後悔なく出来る世の中に変えないと誰も面白くない。悪口言い合う世の中では誰も嫌になる。

是非自分の望む道を踏み出して欲しいですね。
病気は自分で治す物と私もやっと考えられる様になったのであまり何も思いません。
診察時に紹介して貰った発達障害者の対人交流施設、これはもう今は自分で良いと思ってますので通所続けるつもりです。

何んだかなぁ…?

>camen_la_iiderさんへ「人の心を殺して麻痺させないと生きていけない」…徴兵制があり、自らの意思とは関わりなく戦場に駆り出され「生き残る為に手にかけるしか選択肢がない」…或いは、「何らの理由もなく身に降りかかる危険へ防衛の為に手にかけてしまった」であれば…まだ分かりますが、現状は違うのでは無いでしょうか? 自ら回避できる余地がある筈ですし、私には「自らも同意し加担している犯罪」と感じますが、私の受け止め方が間違っているのでしょうか?              >19:27/19:37さんへ  「悪口の称える…つまらない世の中」…これに関しても、同様の観念を持ちますが…これもまた私の受け止め方が間違っているのでしょうか? 「お前たちは我らの為に黙って【命】を差し出せばいいんだよ!」と言われているように感じます。 私のハンドルネーム『rat's』も、そんな観念・実体験の意味合いから付けたのですが、亡くなった方々/苦しんでおられる方々は、「黙って【命】を差し出す」ことも出来ない世の中の『はぐれ者々/被害妄想・思い込みの者々』なのでしょうか。ご真意と違いましたら申し訳ございません。失礼いたしました。

No title

最近行き始めた作業所でもヘビー級な体験をした人、もしくはしている人が多いので、そんな考えにもなるんですよ
いちいち怒ったり泣いたりできませんからね
偽善者になるくらいの選択肢しかないよ本当

なるほど!

確かに、今さら驚くまでもなく…もう何でもアリですからね。 お気を悪くさせてしまったでしょうか? 申し訳ございませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>03:12さん
3/4の講演はパンフレットなど大層なものはありません。
見たい場合はyou tubeやUstreamなどで配信されていますので、そちらをご覧ください。

三好輝をぶっ殺したい

コメント欄の

>三好輝は発達障害提唱とオーリングで薬を選ぶというオカルトの権化、

納得です。
患者の話を一切聞かず、訴えも無責任に無視・聞き流しで
精神療法にもなっていない。俺は殺意殺意殺意だらけだよ!

今は寿町診療所で「反応性愛着障害」とかぬかしているよ!
あれだけ発達障害発達障害言っていて、9月下旬から突然変えたよ!
オーリングで薬を選んでいる。そのとおりだよ。イカレタ基地外だよ。
オーリングは最初のころだけで、それ以降はずーっと患者に向かって手のひら当ててそれで薬を選んでいて
「つよいな」「よわいな」「あ!あうな・・・。」「あわないな」とかブツブツいいながら
薬を処方し続けているキチガイ!!

三好輝の事を書いているページ・サイトがまったく見当たらない。
おかしいですよね

No title

自分でかかっといて人のせいにするクレクレぶりのほうが、よっぽど迷惑でどうしようもないわ。これだから薬中とかジャンキーとか相手したくないんだよね。

http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-442.html
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-417.html
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-226.html
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR