第二回精神薬の薬害を考えるシンポジウム

第二回精神薬の薬害を考えるシンポジウム

<日時> 2012年4月15日(日)
<会場> 東京大学 一条ホール
<会費> 無料 
<定員> 300名
<内容について>
開場12:00~
開演12:30~

第Ⅰ部
①主催者挨拶12:30~12:40
②テーマ1
中川聡氏講演「隠蔽された甚大な被害」-その実態を暴く-12:40~13:00
精神医学における隠された不審死(中毒死)の実態、自殺の分析、被害による社会的損失についての講演
③テーマ1についての議論13:00~13:30

休憩13:30~13:40

第Ⅱ部
①テーマ2
浜六郎氏講演「単剤療法の是非」-薬害の観点から-13:40~14:00
抗うつ薬、主にSSRI(パキシルとルボックス)とベンゾジアゼピンを中心として、単剤による被害、依存性、危険性の講演。裁判事例などを中心に。
②テーマ2についての議論14:00~14:30
③テーマ3
米田倫康氏講演「人権団体からみる精神医療の被害について~海外の事例を中心に」
14:30~14:50
他国の現状とその惨状、子供の早期介入に関する結果、労働メンタルヘルスの問題、海外における精神薬訴訟の問題などを講演。

休憩14:50~15:05

第Ⅲ部
①被害者による体験談報告15:05~15:25
②来賓者挨拶15:25~15:45
③パネリストの感想15:45~15:55
④第二回シンポジウムの総括と宣言15:55~16:00

予約方法(2月7日より受付開始)
①②ともに以下の必要事項を記入の上ご予約ください。
(a)お名前  (b)ふりがな (c)人数 (d) お電話番号 (e)本シンポジウムの情報入手先

①Eメールによる予約
以下のメールアドレスにシンポジウムへの参加希望を記載の上お送りください。
sosokikaku@gmail.com
必ずメールの返信内容を印刷したものをご持参し、当日受付してください。

②往復ハガキを利用した予約法
以下の住所にシンポジウムへの参加希望を記載の上お送りください。
〒300-1234 茨城県牛久市中央5-20-3 張替ビル2階
(株)創想 シンポジウム準備委員会宛
必ず返信されたはがきをご持参し、当日受付ください。

お電話での予約は受け付けておりませんので、予めご了承ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めて書き込みます。
話を聞くだけでなく討論も有るんですね。ブログを読むに自分は全くの不勉強者ですが参加しても良いですか。

はじめまして。

最近、先生の存在を知りました。
彼女がうつ病の薬物治療を受けていますが、良くならないばかりか、ますます酷くなっています。
減薬もうまくいかず、イライラが爆発して発狂に近い感じで暴れてしまいます。
現在、彼女の家族と相談しながら頑張っていますが、絶望に近い状態です。
先生のクリニックに初診の問い合わせをしたところ、当分は無理と言われました。
それで彼女が自暴自棄になってしまい、また暴れました…。
藁にもすがる思いです。
どうか診察していただきたいのです。
いつ診察していただけるのかを教えてもらえたら幸いです。
失礼がありましたらすみません。

No title

先生のクリニックの付近でこのような精神薬についての会はを開く予定はありますか?

No title

『被害者による体験談報告』とありますが、今回はメンバーがメンバーですのでかなりインパクトのある方々なのでしょうね。懇親会はないのでしょうか?せっかくなので交流の場があればいいと思いました。

りーちゃんさんのような切実な方もいらっしゃいます。断薬や減薬の本(成功者のエピソードをのせる)が書店にならべば気づいたり、救われる被害者も多いのではないでしょうか。

No title

>苔玉さん
予約の方法に準じていただければ、どのような方でも参加は可能です。

>りーちゃん
うちにクリニックはそこまで混んでいるわけではないので、曜日を選びさえしなければ、一週間以内には必ず予約がとれるはずですが?水曜日にりーちゃんの名前もつけて、もう一度予約の電話をしてください。

>09:28さん
クリニックの近くではありませんが、台東区民会館において70~80人程度の講演会も予定しています。そちらの会は会場との討論時間を一時間取っているので、質問も可能だし、終わった後に会話するのもしやすいはずです。そちらに予約していただければと思います。このブログにも詳しく載っています。

>通りすがりさん
懇親会については私も検討したのですが、何人来るかわからないので、やめた経緯があります。本はこのブログや反精神医学的な考えと、まともな精神科選びを兼ねたものが、シンポジウムまでに発刊予定です。減薬法より精神科のウソに関して、全て斬り込んでいます。他人を洗脳から解くときも利用しやすいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

先日の件ですが、無事に予約できました。
本当にホッとしました。
これを機会に彼女が減薬や断薬に前向きになってもらえたらなと思います。
今の彼女の状態は、うつ病とはかけ離れてると思っています。
診察の時はよろしくお願いいたします。

通りすがりさん、ありがとうございます。

精神科で診療をいかに透明化するか

No title

初めまして。
こころのホタルの心の日記を書かれているホタルさんのブログ
でこちらのページを知りまして、上記のシンポジウムのページを
リンクさせて頂きました。
事後報告になってすみません。
ありがとうございました。

No title

たびたびすみません・・。
記事をまだ一部ですが、読ませていただきました。
具体的にはいつになるかわからないのですが、
他の記事もブログで紹介させて頂きたいのですが
いいでしょうか。
(主に精神科の薬の副作用関連の記事)
リンク先にも追加させてください。
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR