医者嫌い 医学嫌い

ある活動家とのやり取りで気づいたこと。

続きを読む

スポンサーサイト

キチガイ医がクローズアップ現代を見たら

良好な反応が得られているらしいNHK。あせって吠えているバカな児童精神科医。それはそれで笑える話だが、やっと本日録画を見れたので報告。やっぱりキチガイ医の反応は思いっきりの失笑だった。しかし前回の報道特集とは違う意味での失笑が多かった。おそらくほとんどすべての人が、ここに書いても何が失笑なのかつかみきれないだろう。もはや書くのもメンドクセーというレベルだが、一応書いとかなきゃいけないのかな・・・

続きを読む

それぞれの違い

先日長い名前のサバイバーの方(以下親で自殺は?さんとさせていただく)から質問があった。質問は荒らしから本気までよくされるわけだが、今回の質問内容はいつも聞かれるものなので、もう一度答えておこうと思う。ここではアリスパパ、CCHR(市民人権擁護の会)に始まり、リンクしているかこさんのブログから他のブログに至るまで、関係性がわからない人が結構いると思うので。

基本的に皆さんにおさえておいていただきたいことは、アリスパパたちの精神医療被害連絡会、CCHRとは精神医療の改善や撲滅という点で部分的に共闘しているが、それぞれ全く同じ意見でもなんでもないということである。ほとんどの人はみなグループのようなもので、同じ思想のもとに動いているのではないかと考えているようだ。しかしそれは大きな誤解であるといってよい。第一みんな同じである必要性は全くない。そして私自身精神医学への最も過激な反対派ではあるが、それはイコール代替療法(栄養学とか東洋医学とか心理学とか)を推奨しているわけではない。「反精神医学=そういうものを勧める人たち」と思っている人も多いようだが、ここは勘違いしてはならない。精神に関して医学や物質が介入することに対して反対しているのである。精神の本質的問題は思想や哲学的問題であり、人間関係の問題でありコミュニティの問題であるというのは、私の中でゆるぎない。


アリスパパたちは被害者家族や当事者集団であり、精神医療の改善は望んでいても撲滅までは望んでいないと思う。また裁判を主体に行動している人たちなので、あまりに精神医学や薬理学から脱線できないという理由もある。さらにいうと方法論も基本的に真反対である。アリスパパはIT社長を実際やっていた人間で、金の汚濁もいろいろと知っている人だし、企業や官僚や業界を動かすのにポリシーをもっている。本人もブログに書いているがそれは正面突破、正攻法、一歩一歩などという言葉で表現できるのではないだろうか。それは本来褒められるべきことだと思うのだが、私はそういう考えをもち合わせていないのだと思う。

CCHRは人道主義者の団体であり、かつ完全なる精神医学否定を掲げた人々である。この完全なる精神医学否定という点は私と共通する。しかし手法としては一歩一歩という発想も強いので、アリスパパと通じるところもあるかと思う。完全なる精神医学否定というとヤバそうに聞こえるが、精神のつらさや問題を否定してるわけではなく、そこに医学を介入させること、薬や電気治療や診断名を介入させることが問題だと述べている。この意見は科学的にも歴史的に海外の論調からしても至極まっとうであり、むしろ日本人が無知なだけにすぎない。ただそれが宗教と強く結び付くような色彩を感じさせてしまったり、栄養療法や高額治療を前面に押し出す色彩を感じさせてしまうと、批判の対象になると思う。だから私も栄養療法は一定の価値しかないとして彼らとスタンスが違う面もあり、彼ら自身も高額栄養療法を本来前面に押し出したいというより、栄養療法であれば十分下支えになるという意見が多い。

それに比し、以前活動していた精神科セカンドオピニオン活動の笠医師やかこさんの系列は、「良き精神医学」というものをいまだ追っているとは思う。少し前に笠医師と電話で話す機会があったが、彼は「CCHRの思想は9割賛成、1割反対である」ということ、そして「自分は薬に逃げすぎた」ということ、「患者や家族を援助しすぎた、自浄能力を失わせた」ということ、そして「医師(この会話では内海と笠について)しか分からない批判の受け方があり、また精神医学がダメでも誰かが助けないといけないという考えもある」と述べていた(聞ける人は本人に聞いて)。私が彼を批判している重要な部分は病名やレッテルをつけてきたということ、今までの薬のことは正直に問題だったと認めることであり、彼のポリシーそのものには共鳴できる部分もあるのである。世の中には人道主義では通らないダークな部分がたくさんあること、キーサンと呼ばれるキチガイ達の訴えの正しさと手法のイキぶりなどは共鳴できるのである。それに比し家族会やそこから派生した会(くじら会とか早期介入を考える会)というのは、非常に中途半端な存在であった。ほとんどは親の集団であり飲ませてきた人間たちの集団なので、そこを見つめようとする風潮はほぼ皆無に近かったし、今でも似たようなものである。親で自殺は?さんのいうことが本当かどうかわからないが、親を批判するような内容を送ったとなると、この系列の人たちは極端な拒絶反応を示す傾向がある。これは以前このブログの中身でもコメント欄を中心にケンカがあったように思う。

私はこれらを統一したいなんて思ってないしそんな力もない。事実と歴史と科学を知り、それでも精神医療に浸る人間はアホだとしか思っていないが、そういう人は慰めあうような場所へ行けばいいだけのことである。それが解決につながるとは私には思えないが、わざわざ強制しようとも思わない。だから私はキーサンイズムについては同意するが、精神医学については徹底的に反対する。そこは他のどの人々にもない特徴であろうと思う。こんな狂った世の中だったらキチガイが一番まともではないか?と思っているのである。だから味方もいらないし、うまく距離をもちながら共闘できれば十分である(笠医師たちとは今や一切共闘などしていない)。

これはある程度事情を知っている人間しか分からないが、私が今、考えの近い人はサイクバスターさんと小西勝之さん(この人もキーサンイズムが強い)だと思う。彼らを二で割ったような精神状態と行動論理が、今の私の基本である。私は誰かさんたちのように、押し売りして誰かを助けたいとか助けましょうなんて言う気はさらさらないのである。意見は言ったり書いたりするし、必要な医学知識を載せることはあるだろうが、所詮生命は自分で守り自分ですすめていくしかないと思っている。そんな人間に俗界のルールや法律なんて二の次三の次のシロモノである。以前、「精神科医なんてやくざと同じ、そしてそれを利用するキーサンも似たようなもの」ってコメントをいちキーサンからもらった気がするけど、そこまで考えて、そこまで国や周囲への復讐心を猛らせてシステムを利用するなら、もう私は止めはしない。レッテルをはられ白い目で見られるかもしれないが、彼らはそれを許容できるのだから。

私が精神医学に反対するのは、もはや精神医学が極悪だからということだけではなくなってきていると思う。フェイスブックやツイッターでやっている医学批判、児童問題、食品や農薬問題もそうだが、世の中の構成やシステムすべてに対して、破壊したいという衝動があるのかもしれない。精神医学の闇を調べ、医学や薬学の闇を調べれば調べるほど、まるでユダヤ陰謀とか300人委員会と同じような世界へ足を踏み入れていくのである。それはこんな一市民が調べてもあながち嘘な話ではないし、かといって本や動画で出回ってしまうレベルなので、それさえも洗脳であるかのように思える。要するに何が言いたいかというと、そんなことが日々まかり通っている裏だらけの世界において、正攻法なんてシロモノが通用すると私は思っていないということである。だから私は本気の人しか薬は抜かない。本気で今を変えようとする人間にしか協力しない。本気で世界の成り立ちや裏側を一緒に調べていこうと努力する人以外に協力しようとも思わない。キチガイとして一人騒いで終わるか、みんなが総出でキチガイになて世の中が一気に変わることを望んでいるのだろう。

笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち2

ついに笠陽一郎や地上の旅人といった詐欺師軍団が錯乱した?いわゆる茶板を封印するという前言撤回、ウソの塗り固めにでたのである。もともと茶板にしろ青板にしろ、無料で相談できる代わりに公開して、人のために為すということが基本だったはずであり、私もだからこそ茶板が終わった後も、中身を一切変更したりすることはなかった(それにしても青板や茶板の内容は恥ずかしい)。これはつまり隠蔽工作に他ならず利用者に対する裏切りでもあり、己たちの罪を隠し通そうという意図が垣間見える。もはや私にとってあの詐欺活動自体はどうでもいい存在だが、事ここに至って、「私もこれまで知っていたが出さなかった事実たち」を公にしないわけにはいかなくなってしまった。生命危機に関わる躁転や自殺念慮は、笠陽一郎自身が作った重い副作用であったことを、患者のために明確にしなければ許されないからである。これは私とて被害を出しているはずであるから。

続きを読む

笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち

精神医療本体への批判はいつもフェイスブックを通して行っているが、いつも本体ばかりではつまらない。今日は関わっていた彼らを批判することで、良識派とかいう詐欺師を批判するとしよう。これを書く動機はちょっと前に、発達障害は存在しないのかという質問を受けたことに起因する。書き方がなんとなく・・と思いある掲示板を見てみるとどういうことか発見、その答え方から彼らの詐欺さ加減がよく見えてくるので書いた次第である。

続きを読む

プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR