量子力学の不確定性について

オタク話として。


量子医学というカテゴリーを扱っていると、どうしても量子力学について学ぶ必要があります。しかし物理学者でない人が学んだところで、高々知れていますし医療にとっては物理学が重要なのではありません。そのことがわからず盲目的に量子医学を否定する人もいるでしょう。書き方がまずくて人々に誤解を与える人もいるかもしれません。この前もそんなキャラと飲んでしまったことがありました♪。

量子医学なんてインチキじゃないかという彼は、量子医学や古典医学をやったことがありません。しかし彼は量子力学や数学は大好きな人でした。よく聞いてみると彼が量子医学が嫌いなのは、量子医学を提唱する人間が嫌いなのが一番の理由で、考えようと努力していることは認められるのです♪。また、この世界において不思議なことが起こったり、医療的な結果が起こることも否定しているわけではありません。

その割にどうして否定するのか、それは量子医学は量子力学とは違うものではないか、という考えがあるからです。実はこの考え方は間違いではなく、半分間違い、半分正しいと表現するほうがベターなのでしょう。量子力学を学べばわかりますが、量子力学はまだ仮説的なところも多く、そもそも量子という概念そのものが仮説的な概念です。これをそのまま医学に適応というのは、無理があるのも事実なのです。

ではなぜ波動医学や量子医学という呼ばれ方をするか。それは量子力学における仮説および、そこから導かれる社会における普遍的な法則を、臨床や実学に適応してみるとまさに当たるということが観察できるからです。ただ、それは量子力学の法則ではないかもしれません。たとえばメタトロンはエントロピー測定器ですが、それは量子力学そのままとは言い切れないのです。

スカイ10という機械もありますが、これは体各所における電位差測定によって、検査値を類推する検査器です。このスカイ10も量子医学的機械と扱われることもありますが、これは量子力学とはかなり外れているともいえます。キネシオロジーは量子力学的ですが、強力な心理療法として働いている場合もあり、それだと量子力学の複雑な数式を利用しているわけでもありません。

ホメオパシーはプラセボ外でも作用することが研究でも分かっていますが、プラセボでも作用する時はあるでしょうし、物質がないのに効くというのを説明する時、量子力学的な概念が分かりやすいからやっているだけです。つまり量子力学ではなくさらに別の理論が作用しているかもしれません。量子医学を扱う時はこのような基本の理解が必要ですが、量子医学だ波動医学なんて名乗っているほど考えていないのは確かなのです。

究極的には量子力学だって量子医学だって方便でもいいのです。病気がよくなる人が増えれば目的は達成されるのですから。問題の本質は人の体はまだまだ分からないことが多いこと、量子医学的なアプローチでよくなっている人がたくさんいること、古典医学とは過去の人々の知識の集約でもあること、そして実学として結果が出るかどうかです。そこを押さえないと今後の代替療法は、西洋医学と同じ穴に落ちていくことが必定だと思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

量子力学宇宙ビッグバン起源理論は真っ赤な嘘

アインシュタイン力学は量子力学派に葬られた感がありますが、量子力学の存在確率論を否定したアインシュタインは重力波の存在を予言し、先頃アインシュタイン力学を全否定した量子力学派の観測機器によって重力波の存在が確認されたのは、量子力学の根源仮説である確率存在説が誤謬で有る事を自ら証明するという皮肉な結果になったことであり、観測という限定的能力に真実を求めた量子力学の自家撞着は、哀れというも愚かなりのひとことですね。

No title

波は粒子であり粒子は波である、か。
ハッキリ言ってなんのこっちゃ?
後ろの正面だあれ?って事なのか?
体験の集積は偏見を生む、か。
『真実など存在しない、あるのは解釈だけだ。』
てことはアレか?
1つの事象を70億の人間が観測したら、70億通りの解釈が存在すると?

原理原則の話…
いいや、所詮はデク人形の語るゲンリゲンソクなんてあてにならんと思ってるが、
それでも無理やりゲンリゲンソクってやつに意味を見いだすとしたなら、
『等価交換』だけかな。

神は微笑み、悪魔をも唸らせる!
『等価交換』だけは唯一、信用するに値するかな。

ビョーキが治るのも。
願いが叶うのも。
人間はどこまでいけるのか???
根元的な問いに、解を望むなら。

欲しいなら、差し出せ。

ただそれだけwww。

等価に見合った 想念体のようなものって捉え方でいいですか?
プロフィール

キチガイ医

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR