ワンピース

アニメと漫画だとまた感じるものが違うなあ。

少し時間があるので子どもと一緒にワンピースを見ている。ワンピースのシリーズはいろいろあって長いので、見たことのない人にはわからないだろうが、白ひげのシリーズは面白い。白ひげとはふるい海賊王のライバルで、生きる伝説といわれる最強の海賊の一人である。その白ひげが息子のように大事にしている部下を助けるストーリーで、白ひげは討ち死にしてしまう。

白ひげは一般人にも非常に人気がある海賊だ。その理由はただ強く破壊的というだけでなく、人情や任侠的であるからだ。彼の海賊団におけるルールはただ一つ、仲間殺しの禁止であり、彼の部下や手先は同時に息子でもある。息子である部下たちは絶対的な忠誠があると同時に、親父である白ひげはあらゆる部下たちを、命を懸けて守ろうとする存在でもある。

たかが漫画、されど漫画、これをみてうらやましいと思う人が何人いるのだろう。自分にそういう人がいるだろうか自問自答せざるを得ない。それ以前に自分がそれほどの行動をとれるかどうかを、自問自答せざるを得ない。なぜこのマンガはここまで現代の日本人を惹きつけるのか。そこには普通を押し付ける価値観は存在せず、人の目を気にすることもなく信念を通すシーンばかりだ。

そこには昔っぽい仲間への感性、自由や冒険を身近に感じることができるストーリー、日本人っぽい義理人情を重んじる部分、金銭以外に重きをおく価値観、自由でどんな異端児でも差別しない主人公たちの思想、信念の強さとサバイバル精神、そういうものへの共感があるのではないか。ということはこのマンガを支持する多くの日本人は、本当は普通を望んでなどいないのではないか?

チョッパーというトナカイが主人公の仲間にいるが、彼は生まれてからずっと差別され仲間もいなかった。体も変だしトナカイとして普通ではないからだ。しかし主人公たちはそんなこと気にもせず彼を仲間として迎え入れる。もう押し付けられる「普通」と信念なき国と金銭だけの価値観に、日本人は飽き飽きしているのではないか?と思う。その「生き方」がうらやましいのではないか?

だからこそこの漫画は世界一売れ続けるのではないか、私はそう思っている。頭が悪くても自分たちが小さい勢力でも、それは彼ら主人公たちにとって何の関係もない。自分が納得できない真の課題に対しては世界を敵に回しても闘う。そしてワンピースというマンガには在りし日の日本風コミュニティが描かれている。それが人々の郷愁を誘うのであろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ソフトヤンキー?

ワンピースは過剰な友達ごっこの漫画ですよ
それだけ現代の人間関係が希薄で受けたんでしょう

子どもたちがこういうので学べたらいいですね

詐欺師は、こういうマンガ読んだのでしょうか。詐欺罪で逮捕歴のある人が、出所後する動物愛(護)寄(付)金詐欺、駅前で(移植)手術などのための寄付を訴えることを、やるそうです。先生からしてみたら、逮捕されるような人は、本当の詐欺師と言えないと思われますが。「保護施設にも、こんなにかわいいコたちが、います。」「このコたちは、殺処分寸前でした。」と、言って行政が行わなければいけない違法を、行政側を脅して、譲(渡)会という、搾取会に連れて行きます。警察が保健所常駐すれば、来れないです。話の内容が、医師の方々とは、程遠く、農薬散布者と同レベルだから、すぐバレたり、捕まったり、体を悪くしたりするんですよね。昔、息子に、発売されるたびに買いに行かされました。

ワンピース

水を差すようで悪いですが、盗人や嘘つきを無警戒に仲間に引き入れるのは治安的にどうなのでしょうか?
たかが漫画なのに現実的に考え過ぎ?田舎者の発想と言われればそれまでですが。
プロフィール

Author:キチガイ医
平成25年4月よりTokyo DDCとNPO法人薬害研究センターを設立、平成28年1月からはうつ民のセレクトショップや無料メルマガもやってます(詳しくはリンクをご覧ください)。薬の減薬や断薬、支援施設運営や、執筆や啓蒙活動を通して、自分の素人的意見を発信していければと思います。当ブログはリンクフリーですが、リンクするときは一声おかけください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR